「I read the news today, oh boy About a lucky man who made the grade And though the news was rather sad Well I just had to laugh I saw the photograph」A Day In The Life「The Beatles」

虐待を受けて死亡した5歳の女の子の事件。
なんでこんな事件が起こるのか。
この女の子の事を思うと、切なくて胸が締め付けられるような気持ちになる。


「あおり運転」が、取締りと罰則の強化でまた最近TVなんかで取り上げられてる。
こういう、迷惑な行為はドンドン取締りを強化して、ドンドン検挙してもらいたい。
ただ、ひとつ疑問がある。
高速道路で、左車線のクルマを追い越すわけでもなく、ダラダラと追い越し車線を走っているクルマに追いついてしまった場合は如何すればイイ?
車間距離開けて、そのクルマが左車線に移るまで待てって事なのか?
追い越し車線をダラダラ走るヤツが後ろを確認することは稀(だと思う。)なので、多分、車線変更することは無い。
なら左から追い越す?
でもそれは違反。
煽られるってクルマって、そういうケースが多いのではないか?
追い越し車線走ってて、後ろから速いのが来たらスグに左車線に移れば、追い抜く側も抜かれる側も嫌な気持ちにならないと思う。

警察も、あおり運転取締り強化の前に、キープレフトの遵守を徹底すべき。
その上で、あおり運転の取締り。

左側車線で車間距離をビッタリ付けてくる奴は、速攻検挙でおk。

あおり運転にあたる行為について書かれたwikiの項目→https://ja.wikipedia.org/wiki/あおり運転#あおり運転にあたる行為

言ってみればハラスメント的な行為って事。受け止め方で程度が変わると思われ。
自意識過剰なヤツほど被害者意識が高まる。

結局、キープレフトを守って、後ろもよく見て走りましょうって事だ。
自分の周りの状況を確認しておくのは、クルマを運転してる時だけじゃナイんじゃないかな。

蛇足で付け加えるけど、現代の実態に合ってない制限速度の設定も見直すべき。
日本に高速道路が出来た50年前の状態そのままの道路法規のままじゃ、実態と法規の乖離が甚だしい。
100km/h以上で流れてる道路を、流れに乗れずに走るクルマが居たら危ない。
警察はそういう車に注意を促し、必要であれば先導してやるくらいの事をすべきだと思う。
憲法9条と同じで、実態に合わない決まり事は、ドンドン改修すべき。


土曜日の午前。
通勤で毎日使う路線にクルマが突っ込んで来て、午後まで運転見合わせ。
どうやら、線路に隣接する病院の駐車場から、操作を誤ったクルマが駐車場のフェンス突き破って線路にダイブ。
http://www.sankei.com/west/news/180609/wst1806090038-n1.html

加齢による操作ミスなのかな。
高齢者は免許を返上しろとは言わないけど、運転の適応状態を細目にチェックした方がイイんじゃないか。
今は70歳以上の人が、免許更新の時に受ける事になってるのかな。いや、知らんけど。
半年に1回、少なくとも1年に1回は、ペーパーテストと実車試験を受けるべき。
その費用は、、、偉い先生方に考えていただくとして、それくらいでないと、高齢者による事故はコレからもっと増えていくんじゃないか。
でも、操作ミスは高齢者だけじゃないけどな。

オートマ免許のせいって事はない?

https://youtu.be/usNsCeOV4GM




スポンサーサイト

「少し体の調子が悪いと、ヴィタミンB欠乏のせいにしたが、誰が云い出したのかそのことを『B足らん』と名付けていた。」谷崎潤一郎「細雪」

5月からの新しい現場、通勤のリズムも大体掴めてきた。
なんで地下鉄はあんなに定期代が高いのか。
出勤日数の少ない月は、切符買った方が安いじゃないか。

で、この新しい現場、事務所内でもスマホの使用が可能なので、お昼休みは専ら読書で時間を潰す。
kindle端末ユーザーで、『Kindle Unlimited』という読み放題サービスに登録しているので、「RIDERS CLUB」も「BikeJIN/培倶人」も読み放題。
しかしタブレットの画面で読む「RIDERS CLUB」はイマイチ、スマホだと尚更。やはり雑誌は紙の本がイイの鴨。
雑誌だけじゃなく、いろんな本が無料で読めるんで、最近はコノ無料のモノを選んで読んでいたのだけど、以前から紙の本で読んでいたヤツの続巻を見つけたのだけど、残念ながら有料だった。
kindle端末の画面をにらみながら、散々悩んだ挙句に清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入。

↓これの第19巻と第20巻
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%86%E8%AA%AC%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2

幕末の辺りの話。
丁度、大河ドラマで描かれてる部分と同じ頃のことが書いてあって、ドラマと併せて読むと非常に面白い。
特に第20巻はそのまんま。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06ZY6CSBZ

読んだことのない人には、大河ドラマと併せて、此のシリーズの第18~21巻をお勧め。
でも、歴史って何かの原因があって事実があるという事の繰り返しなので、出来れば第1巻から読むのがイイと思うので是非。



以前から読もうと思っていた小説。
谷崎潤一郎の「細雪」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E9%9B%AA

ドロドロした重い内容のデカダンス的な話かと思ったら、全くそんなことは無かった。
船場の豪商の“いとはん”たちの話。
関西が舞台なだけあって、会話の殆どは関西弁っていうか船場言葉。
姉妹と姪っ子の掛け合いは、昔見た松竹の新喜劇のような感じ。
結構長い話だけど、面白くて一気に読んでしまった。非常に勿体ない。

面白かったから、谷崎の他のも読んでみたくなって、「谷崎潤一郎作品集・25作品⇒1冊」ってのを買ってみた。
→ https://www.amazon.co.jp/%E3%80%8E%E8%B0%B7%E5%B4%8E%E6%BD%A4%E4%B8%80%E9%83%8E%E4%BD%9C%E5%93%81%E9%9B%86%E3%83%BB25%E4%BD%9C%E5%93%81%E2%87%921%E5%86%8A%E3%80%8F%E3%80%90%E3%81%95%E3%81%97%E7%B5%B5113%E6%9E%9A%E3%81%A4%E3%81%8D%E3%80%91-%E8%B0%B7%E5%B4%8E-%E6%BD%A4%E4%B8%80%E9%83%8E-ebook/dp/B01EG8CUL8/ref=sr_1_12?s=digital-text&ie=UTF8&qid=1527411442&sr=1-12&keywords=%E8%B0%B7%E5%B4%8E+%E6%BD%A4%E4%B8%80%E9%83%8E
25作品を1冊?1ファイル?に纏めたもので、¥99-だ。
たぶんコレは、青空文庫に出ている無料の作品を1つに纏めたものだろう。→https://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1383.html
1作品ずつダウンロードするより手っ取り早いんで、迷わずお買い上げ。
沢山詰まってるから、暫くモッてくれるだろう。


最近TVでCM打ってる、エアファイターコレクションってやつ。
創刊号はF-4EJ改ファントムⅡで¥799-
おお、コレは!と、早速本屋へ見に行く。
こればっかりはkndle版ってワケにはいかない罠
が、本屋で実際見てみたら、何ともチャッチい仕上がり。
¥799¥だし、こんなもんだろうな。
第2号以降は¥2,190- ひぇ~高い。
このクオリティに¥2,190-はチョット。。。
と本屋でマジマジと、この模型が入ったパッケージを穴の開くほど眺めた後、結局買わずに帰る日曜日の昼下がり。



「Like a rolling stone Like a rolling stone Ah like a rolling stone」The Beatles 「Dig it」

春休みも残り少なくなった4月26日。
平日しかバイクで走れない道を走っておこう。って事で再び嵐山まで赴く計画。
オイルの交換時期なので、帰りにいつものバイク用品店に寄って、オイルも交換しようと企む。

例の如くダラダラと出発の準備。お昼過ぎに家を出る。
最寄りのICから高速に乗って京都市内を目指す。
が、火災の為、京都市内に入ったところが通行止めという表示。
ナントびっくり平城京、、、は奈良か。
ナクヨやまちん平安京、、、
久御山JCTで京滋バイパスに入って京都縦貫道の大野原ICから嵐山へ向かうルートに変更。
京滋バイパスに入った時に京都市内の方向を伺ったら、モクモクと黒い煙が上がってるのが見えた。

高速降りて国道9号線を東へ。
千代原口を左折して物集女(もずめ)街道を北へ進み、松尾大社駅の交差点を右折。
松尾橋を渡ったら左折して、桂川沿いの道を走る。
渋滞を予想してたけど、GW前だからか其れほどでもなかった。
渡月橋方面に向かって渋滞しているバスの列を尻目に、清滝道三条の交差点を右折して暫く進むと、風情のある道に変わる。
何軒かイイ雰囲気の店が在るのだけど、なかなかひとりで入る勇気が出ない。

嵐山高雄パークウェイを清滝口から突撃。
今回は寄り道しないで、頂上のパーキングエリアまで一目散。
そこには2台のバイクとおぢさんふたり。
自販機でお茶を買って、ふたりの座るベンチの端に座って一休み。
てっきり仲間同士なのかと思っていたけど、どうやら違う様子。
そのうち、ひとりが走り始める。YAMAHAの新しめのバイク。XSRってヤツかな。
ウイリーしながらダッシュして行った。へぇ~、カッコイイな。

もうひとりの人と少しお喋り。
バリバリにカスタムした渋いKAWASAKIのZ1。
かなり弄ってますねと話しかけると、「古いバイクだからこれ位弄って、やっとマトモに走れるんですよ。」だって。なるほど。
クルマもそうだけど、最新のバイクの方が、絶対速いし乗り易い。
ボクのバイクも型式で言えば20年前のモデルで、いろいろカスタムしてパフォーマンスを上げてはいるけど、
同じクラスなら新しいモデルの方が、ストック状態でもダントツに速くて乗り易い筈。

そのバリバリのkawasakiが反対方向に走り出す。
パークウェイ全区間を走るのかな。
ココを走っていて、プロになった人は沢山居る。
その中のひとりで、元GPライダーの福田照男という人が雑誌か何かのコラムで、嵐山高雄パークウェイは全区間走るべきだって書いてた。
長いコースを走って、様々なシチュエーションでの練習が効果的だとかナンとか。

ってことでボクも走り出す。
全区間走るのもイイけど、今日はいつもの区間を行ったり来たり。
カメラをセッティングしてスタート。

https://youtu.be/R-pDIMfz_zY


なんど走っても楽しい。楽しすぎる。
このコースは奇跡のコースといってもイイくらい。

走り終えたら、YAMAHAのひとがベンチで休憩してた。
この人とも少しお喋り。
ウィーリーかっこイイですね。って言ったら、車体が軽いから勝手に浮いてしまうんだって。
おぉ、流石最新のバイク。
バイクは平日しかダメだからから、走ってる人少ないですね。って訊いたら、火曜日とか水曜日とかは走ってる人多いですよって、前回来たときに聞いた話と同じような答え。

15:00頃、山を降りて京都市内へ。
多分もう通行止めは解除だろうと、阪神高速京都線の入口に向かう。
案の定、通行止めは解除されてた。
伏見辺りの対向車線に、真っ黒に燃え尽きたトラック発見。コレが燃えてたのか。

高速飛ばして、いつものバイク用品店に飛び込みオイル交換の依頼。
すると、マフラー換えてるから音量測定させてくれとの事。
車検通ってるし合法だからと、どうぞどうぞと余裕を見せる。
すると「残念ながら、規定値越えてるから作業できません。」ときた。
え、コレで車検通ってる。規定値は99㏈以下じゃないのか?と食い下がると、ウチは94㏈を規定値とすると、先日決まったそうな。
94㏈って、ノーマルでもそれ以上あるんじゃないのか?
因みにボクのクルマはノーマルで96㏈。
グダグダ言っても仕方ないんで、潔く引き下がる。
う~ん、オイル交換は時間作って自分で遣ろう。
しかしタイヤ交換はどうしよう、ホイール外して持って行くか。
否、バイクを最新のモノに買い換えれば万事解決?


「ホンダだけがターボ禁止なのか?違うのか、馬鹿な奴等だ。ホンダだけに規制をするのなら賢いが、すべて同じ条件でならホンダが一番速く、一番いいエンジンを作るのにな。で、なんだ話ってのは?」本田 宗一郎

例の如く、今年もこの時期恒例の乗鞍ドライブ。
今回はおっさん4人を満載して向かう事になった。

往路の道中では、何処かの博物館的な施設に寄るのも恒例。
当初は岐阜の各務ヶ原にある「岐阜かがみがはら航空宇宙博物館」に行こう!って言ってたけど、
トヨタ博物館」が入館料が半額という情報を発見して、コッチにしよう!と相成りまして。
グルグルマップで名古屋の長久手経由でのルートを検索。チョット急ぎ足の旅になる鴨。

例年の通り、朝6時に梅田に集合。
4人全員揃ったところで出発、名神高速の草津PAを目指す。
クルマの量は多いけれど、順調に走って1時間。草津PAに到着。
いつもならコンビニ前のテラス席でブリーフィングを兼ねた朝ご飯のもぐもぐタイムなのだけれど、そのコンビニが4月末まで改装工事で、テラス席が使えない。
仕方ないのでフードコートで朝食。
https://tabelog.com/shiga/A2501/A250101/25003510/dtlmenu/photo/

いつもならば小一時間ダラダラと喋りながら過ごすのだけど、混み始めたし少々急ぐ旅でもあるので30分程で出発。
新名神~東名阪~名古屋高速と乗り継いで、長久手のトヨタ博物館に0915到着。
しかし名古屋高速、料金所大杉。
短い区間で細かく料金の徴収。地元の奴らが勝手に料金所建てて、独自に通行料取ってるんじゃないかと思うのだが。

トヨタ博物館の駐車場は前向きに停めろという指示。
さすがは世界のトヨタ。何事にも前向きだ。

トヨタ博物館_駐車場

博物館は9:30開館ということで、博物館の周りをウロウロ。

トヨタ博物館_全景

開館前なのに結構な人数の人が並んでいた。社員旅行?
9:30になると同時に館内に突入。入館料は噂通りの半額セール。流石TOYOTA。太っ腹!

館内には古いクルマから新しいモノまで、トヨタ車に限らず展示されていた。

トヨタ博物館_ブガッティ タイプ35B

う~ん、イマイチ興味が湧かない。

ヨタ博物館_メルセデスベンツ 300SLクーペ

コレもイマイチ。(※個人的感想です)
300SLRだと大興奮モノなのだけど。

3階に上がる。

トヨタ博物館_フジ キャビン5A型_1

おぉ、コレは面白い。漫画みたいなデザイン。
ミスター・ビーンが見たら虐めてしまいそうな形。

横から見たらこんな感じ

トヨタ博物館_フジ キャビン5A型_2

このフロアーは変り種のクルマが多い。

トヨタ博物館_メッサーシュミット KR200

トヨタ博物館_BMW イセッタ

それから、ルパンⅢ世のチンク

トヨタ博物館_フィアット 500

トヨタといえばコレ

トヨタ博物館_トヨタ 2000GT_前

トヨタ博物館_トヨタ 2000GT_後

特にこのテール部分は素晴らしいと思うのであります。

トヨタ博物館_トヨタ セリカTA22

おお、これだ。幼い頃、大きくなったらこれに乗るんだ!って思ってたクルマだ。
このクルマへの思い入れのせいか、若い頃乗ったクルマははノッチバッククーペが多かった。

そして究極はコレ。

トヨタ博物館_アルファロメオ GT1300junior

いわゆる段付きってヤツ。
ク~ッ、渋い、渋過ぎる。
将来、大金持ちになったら所有したいクルマ候補の一台。
バンパー取っ払って、車高下げて、、、と妄想が止まらない。
イメージはこんな感じ↓
https://youtu.be/mD0ZJp8fxuQ

いすゞの117クーペ。“いすず”じゃなくて“いすゞ”
コレも少年の心に深く刻まれた、憧れのクルマのひとつ。

トヨタ博物館_いすゞ 117クーペ

ジウジアーロのデザインが素晴らしい。この車体は手作りだった頃のもの。
PA90って書いてあるから1.6Lのエンジンが乗ってるモデル。


ひょっこりとこんなクルマも置いてある。

トヨタ博物館_フェラーリ 512BB

スーパーカーブームの一翼を担ったクルマだ。

そんなクルマと同じ列にこういうのも

トヨタ博物館_マツダ ファミリア323

コレは流行った。
当時の若者はみんなコレ、、、ってワケじゃ無いけど、それくらいよく見かけた。
冗談じゃなく、今のプリウスと同じくらい街中を走ってた。
最近は若者がクルマ欲しがらないんだね。寂しいことだ。

実車じゃないけど、こんなのも(笑)

トヨタ博物館_覆面レーサー 流星号

お気づきかとは思うが、この覆面レーサーの流星号の上に飾られているのはZATの特殊車両(笑)
ZATとは、ウルトラマンたろ、違う、タロウと共に地球の平和を守る特殊部隊である(笑笑)

博物館の新館に移動

トヨタ博物館_新館

60年代のクルマを展示した企画展が開催中だった。
しかしそこには、1970年式のZ432
まぁ、ボクとしてはドウでもイイのだけど。

ココのメインは、2000GTの記録トライアル車両

トヨタ博物館_2000GTトライアル

う~ん、ヤッパリ2000GTはオリジナルがイイと思う。

コレはトヨタ7
ボディサイドにはヤマハとダイハツのマーク

トヨタ博物館_トヨタ7

トヨタ7なのにゼッケンは8
7なのか8なのか、トヨタなのかヤマハなのか、はたまたダイハツなのか。
こういうところがトヨタらしい( ´,_ゝ`)プッ


イイ時間なのでココで昼飯。
カレーが名物らしいのだけど、ハンバーグ系にお得感を見出す。
昼飯食べたら、乗鞍に向けて出発。
東名~中央道と、快調に飛ばして駒ヶ岳SA。
ちょっと快調過ぎたようで、少し時間を潰す(笑)

30分のコーヒーブレイクの後、乗鞍に向けて再出発。
伊那ICで高速降りて権兵衛トンネル~国道19号、藪原から乗鞍入り。
乗鞍高原のスーパーマーケットで、東京からの仲間が合流。
予定より早く、例年通りの16:00無事宿に到着。

宿に着いたら速攻で風呂。
風呂上りは、宿のラウンジのテレビ前に陣取って缶ビール。
そして、持ち込んだDVDを観ながら、宴の0次会。
夕食の後も、テレビ前のスペースで2次会開催。
日が変わった頃、自らリタイヤを宣言して部屋に戻る。
一日目終了。


翌朝、8時過ぎに目が醒める。今日もめっちゃイイ天気。
朝食の後もテレビ前でダラダラ。
他のお客さん達の出発を窓から見送る。
10時過ぎてからのっそりと帰り支度。
今日は何処に行こうかと思案していると、宿の女将さんより「一ノ瀬園地の水芭蕉を観に行ってはドウか。」とのご提案。
吉、じゃあ其れで。って事で、一ノ瀬園地に向かう。
軽い気持ちで歩き出したが、普段歩き慣れない都会っ子でモヤシっ子のボク等には結構厳しかった。(;´д`)トホホ…
この時期にしては日差しもキツい。

一ノ瀬園地 水芭蕉

7㌔、約1時間半程のハイキングは、結構、、、否、かなり足腰にきたけど楽しかった。
何処かで飲み物でもと思い、近くの「湯けむり館」に飛び込み、自動販売機へ突撃。
が、その自動販売機が故障しているらしく、飲み物が冷えていないらしい。暖かい飲み物はOKだそう。
こんな汗だくの状態、暖かい飲み物は身体が受け付ける筈もなく、スゴスゴと撤退。0rz
作戦変更で昼食会場を目指す。

以前、宿のオーナーご夫妻に連れて行ってもらった蕎麦屋さん
また是非ココでと勇んで向かったものの、店の入り口には「本日休業」の札。Σ(゚д゚lll)ガーン
乗鞍岳の頂上から叩き落されたような気持で、乗鞍高原のメインストリートを彷徨う。
ってところに視界に飛び込んできた蕎麦屋の看板。
駐車スペースに空きを見つけてすかさず飛び込む。→http://www001.upp.so-net.ne.jp/gasshou/index.html
看板商品は“とうじそば”。
ここはひとつボケて“とうじそば”を注文したいところではあるが、歩き回って汗だくのヘトヘトな状態では、とてもそんな余裕もなく。
無難に“天ざる”を注文。他の皆も冷たい系の蕎麦をオーダー。
蕎麦を待ってる間に念願の冷たい水。
ポットをお替りするほどの飲みっぷり。飲まずには居られん罠。

出てきた“天ざる”、天ぷらがスゲー美味い。そして量も多い。
ここら辺りはこれ位の量が標準なのかな。

蕎麦を平らげたら、いつものスーパーに立ち寄って、土産物を物色。
皆それぞれ、土産を買って愈々帰路に。
前川渡で東京の友人と別れて、高山方面に向かう。
安房トンネル抜けた後、前に立ちふさがるポルシェ・ボクスター。
結構飛ばすじゃないか。と、その後ろに着いていく。
下り坂でもガンガン飛ばすボクスター、なかなかヤルじゃん。ってところで急にウインカー出して土産物屋に入っていった。
軽くクラクション鳴らしてご挨拶。オープンだから聞こえたかな。
前がクリアになった途端、バスが出現。おっとっと、ボクスターの人、このバスが居るって知ってた?
高山市街に入る交差点まで、バスの後ろでノロノロ運転。いつの間にか土産物屋にピットインした筈のボクスターが後ろに居た。

高山市街をバイパスするルートでせせらぎ街道に抜ける。
さあ「せせらぎサーキット」で一気に郡上八幡、、、とはいかずノンビリ走るクルマに詰まりながら詰まらなく走る。
もうすぐ道の駅ってところで、クルマの走行距離が12345㌔を示す。
コレは写真に収めねばとスマホを構えるが、走りながらの撮影は危険極まりない。
なので路肩に停めて記念写真。

走行距離12345㌔

道の駅「パスカル清見」でハリウッドタイム。
ココに寄ったら買う事にしているサラダドレッシング
今回は新商品って書いてあったモノをチョイス。値段は少し高めだった。
この後の運転に備え、モンスターエナジーでドーピング。
郡上八幡手前のカフェに立ち寄る。。。が営業は16:00で終了でした。

東海北陸道の郡上八幡ICより高速道路。
追い越し車線をノロノロ走るクルマを蹴散らしながら快調に飛ばす。
煽り運転に関する事件・事故の報道等が頻繁にニュースで流れているせいだろうか、後ろから迫ってくるクルマが来たら走行車線に移る人が増えたような気がする。
しかし、走行車線が空いているにも関わらず平然と追い越し車線を走り続けるヤツも、相変わらずって感じ。特亜人? 日本は左側通行ですよ。

順調に走って草津PAまで帰ってきた。
大阪までは、もうひと踏ん張り。
名神高速吹田IC~中央環状~新御堂と走り抜けて大阪市内。
ガソリン満タンにしてからファミレスで晩飯&旅費精算。

今回皆で割る旅費は、高速料金とガソリン代併せてひとり5500円。おぉ、意外と安いぞ。
21時半過ぎ、出発地点の梅田で解散。
今回も皆のお蔭で楽しい旅になりました。
次回は夏ツーで乗鞍再訪。その際はまた宜しくお願いします。

P.S.
翌日、目が醒めたら足腰立たなかった。
あのたった7㌔のハイキングのせいか。兎に角、足の付け根の筋肉痛が酷い。
バイクに乗り続けるためにも、やはり筋トレは必要だと痛感。





「嵐山 葉桜はあれど 若楓」正岡子規

折角の平日休みなので、バイクが土日走れないところに行って野郎!って意気込んでいたところに、会社から電話。
明日からチョット手伝ってもらえないかという依頼。
突然終わる春休み。
泣きながら充電中のカメラをコンセントから抜く。
「仕事が在るという事は幸せなことだ。」と気持ちを切り替えて、仕事用の鞄の荷造りをしていると、再び会社から連絡。
現場の受け入れ態勢が整わないので、さっきの話は無かった事にしてくれだと。
なぁ~にぃ~、バカにしやがって。と、口元に笑みを浮かべながら、車載用カメラの充電を再開する。

当日の朝、早めに目が醒める。
シャワーを浴びて、朝飯食ったら何だか眠くなってきた。
ソファーに座ってテレビを見ながら居眠り、、、って寝てる場合か。
タイヤの空気圧をチェックして、チェーンに油注して出発。何だかんだで結局11:00だった。

1時間足らずで嵐山高雄パークウェイに到着。
料金所は無人で、機械にお金お入れたらゲートが開くタイプになっていた。
バイクは830円。
お金を入れてもゲートは開かない。
でも信号機?は青に変わって通行可に変わってた。
ゲートの端が開いているので、バイクはそこを通れという事か。
ゲートの端は元々開いているので、これならお金入れなくても通れると思うのだけど。

パークウェイを少し進むと、保津峡の展望台。
天気がイイので写真でも撮ろうと立ち寄る。

保津峡201804_1

ヘリコプターが飛んでいる。
保津峡の撮影? TV中継?

保津峡201804_2

取り敢えずパークウェイの終点まで走ってみる。
クルマも殆どいなくて走り易い。

終点にあるパーキングエリアでUターンして、頂上?の展望台まで戻る。
常連っぽいシルバーのkawasakiが一台、快音響かせて走ってた。
カメラをセッティングして、ボクも走ってみる。
様子見ながら取り敢えず2往復。

https://youtu.be/QCp9K1jN5wI


頂上の展望台で、Kawasakiの若者と少しお喋り。
月1回くらいのペースで来てるんだって言ってた。
平日でも走ってる人は結構いるそうで、特に水曜日は本気組みたいな人が来ているらしい。
ボクのバイクを見て「あれってSUZUKIですか?」とGSFを初めて見たような口ぶり。
あぁもう旧車の扱いなんだと、改めて実感。

彼のKawasaki、6Rかな? レーシーにカスタマイズ。
タイヤの溶け具合が、峠レベルとは思えないくらい端っこまでドロドロだった。
ピレリの一番柔らかい奴だそうで、ココを走る人は大抵コレなんだって。へぇ~。

ではまた、って事で、再び走り出す。
段々リズムが掴めてきた。
このコーナーはコウだったと記憶も甦る。
楽しい! 楽しすぎる!
ペースもドンドン上がってきた。
タイヤの端の使ってなかった部分も更新しながら、昔、毎週のように通ったこの道をガンガン攻める。

2スト250ccで走ってた頃はもっと攻めて走れたなと、バイクの違いと年齢を感じつつも、この道は最高と改めて再考。
そういやkawasakiの彼も、ここは関西で一番面白いんじゃないかと思うって言ってた。

近い内にまた来ようと、緩く誓って帰路に就く。
しかし今日は暑い。京都の市街は灼熱地獄。
汗だくで帰還。
走行距離は122㌔。え、たったそれだけ?
なのにコノ疲れ様。
久しぶりに峠攻めたせいなのか、この暑さのせいなのか。
でも楽しかったから問題なし。
また次回。





「Every Sunday Monday Tuesday Wednesday Thursday Friday Saturday 目覚めるといつもSunshine Day」横山剣/菅原愛子「37℃」

現在は社内プータローで、次の現場でのお仕事は5月からの予定。という事で今月いっぱいのモラトリアムを持て余し気味の今日この頃。
天気も良いので、平日ツーリングと洒落込む。(=゚ω゚)ノぃょぅ

久しぶりに鈴鹿スカイラインを走りに行こう。昼ご飯は、鈴鹿スカイラインを三重県側に降りたところにある道の駅で食べよう。
その後は国道421に抜けて滋賀に戻って、近江八幡からさざなみ街道経由でいつもの道を栗東IC~草津PA。
とザックリとルートを組み立て、道の駅の情報を確認。
するとなんと、道の駅の食堂は土日のみの営業。
その付近で検索しても、おひとり様でフラっと入るのはチョット気が引ける店ばかり。
最悪はコンビニでイイかと諦める。

ダラダラと準備してお昼過ぎに家を出る。
平日の高速道路はトラックが多い。
トラックは多いが順調に流れる高速道路を快調に飛ばすと、違和感いっぱいの黒いセダン。
車種は不明。横に並んで車内を伺うと、ポロシャツ着たメガネのおぢざんがひとり。
な~んだと一気にパスして走行車線に戻る。
するとその車が、追い越し車線に出てきて急加速。
すかさずそのクルマの後ろに付いていく。
加速し続ける黒いセダン。スポーツ用品メーカーのPUMAのマークのような動物を象ったプレートが、トランクリッドに光ってた。
アクセルベタ踏みなのかな、マフラーから灰色の煙。オイルの焼けた匂いもする。あまり無理しない方がイイんじゃないの?と思ったら、ぬゆわってところで走行車線に戻って減速していった。お疲れさん。

新名神の甲賀土山ICで降りて青戸ダムを通り過ぎ鈴鹿スカイラインに突入。
野洲川ダムの畔の駐車スペースでカメラのセッティング。
録画ボタンを押してゆるりと出発。
結構というか、かなり寒い。
桜も未だ残ってる。
鈴鹿スカイラインの滋賀県側は、峠の中腹辺りまでは路面状態が悪く走り難い。
でも、平日なので遅い車に引っ掛からずに峠のトンネルまで走れたのは良かった。

20180416鈴鹿スカイライン

峠のトンネル超えたら三重県。
三重県側は、路面状態は良いけれど、カーブに減速滞の舗装がされていてガタガタと走り難い。
とそこに高齢者マークの付いた車が出現。
「あぁ、残念」と思いながらその車に追いつくと、左ウインカー出して道を譲ってくれた。
ちゃんと周りを見ながら運転してる高齢者で良かった。

ズンズン下っていくと片側交互通行の信号。
そのには4、5台の車が並んでた。
その後ろに着けてダラダラ下る。
降り切った所にあるコンビニに飛び込んで録画停止。
山を降りてもまだ寒い。頭も痛い。
コンビニのトイレでハリウッドタイム。
ハリウッドの後はホットコーヒーで暖を取る。
身体が温もったら頭痛が少しマシになった。

この先の道の駅の食堂は営業してないので、更にその先の道の駅に向かう。
国道306~421と進んで、道の駅「奥永源寺渓流の里」
ココの名物「ダムカレー」でモグモグタイム。
前回はカレーのトッピングが鹿肉のメンチカツだったが、今回は岩魚のフライだった。
店のオバちゃんにダムカレーを注文したら、チョット時間が掛かってもイイかと返ってきた。
大丈夫ですと答えて、スマホで時間潰し。
5分程して出来ましたと告げられ、窓口まで受け取りに行くと
「お待たせしてゴメンね、炊き立てのご飯で食べてもらいたかったから。」とのこと。
心遣いに礼を言って、テーブルに移動。
もう食べる事は無いだろうと宣言したダムカレーを再び食う事になるとは。
がしかし、岩魚のフライが殊の外美味くてビックリ。
3枚に下した身の部分はもちろん、まん中の骨の部分が香ばしくて旨い。
まぁ、カレーのルーは以前と変わらず、、、否、伝統を守っているという事で、、、

休日は沢山のバイクが集うコノ道の駅だけど、平日だからほんの数台。
平日でも数台が来るという事のほうが驚き鴨。
その数台のバイクのライダーと挨拶交わして、道の駅を出発。
国道421を直進して近江八幡からさざなみ街道。すれ違うライダーが意外と多い。

琵琶湖方面のツーリングでは毎回走る道を順調に進んで、栗東ICから名神高速に突入。
草津PAでロンドンタイムの小休止。

第二京阪道で後ろにビッタリと着けてくるクーペタイプのBMW。煽られてる?
ミラー越しにドライバーを見たら、車間が開いた。
と思ったら隣の車線に移って、前の車との車間を詰めてきた。
3車線の道だけど、全車線クルマが詰まってる状態なのにドウしたいのか?
こういうクルマが自分の周りに居るのは気持ちが悪いので、バイクの機動力を使って詰まってるクルマの列をドンドン追い越して前に出る。
おかしな動きをするクルマからは離れるのが一番。
ズンズン追い越す時も、追い越すクルマはチャンと確認しないと免許に傷が付く恐があるので要注意。
ウチから最寄りのインターで、高速降りて燃料補給。
13㍑強入った。走行距離は267㌔ 燃費は約20㌔/㍑か、なかなかイイぞ。
18:00無事帰宅。疲労感が半端ない。頭も痛いし関節も怠い。
熱測ったら37℃、、、ヤバい、はよ寝よ。

次は、、、そうだな、バイクは平日しか走れないところに行ってみよう。

今回撮った動画をようつべにうpした。

https://youtu.be/5A6GcvtoQXc


うpした後でも、ようつべの動画編集機能でイロイロ加工できるようなんで、軽快な音楽のBGMでも載せてみようとするのだけど、なかなか上手くいかない。
う~ン、どうしたものか。


久しぶりに野球を観に行く話。いや違った、野球場に飲みに行く話。


今回より文字を少し大きくします。

久しぶりの野球観戦。
いや試合は殆ど見ないから、野球場で飲み会。
ユッタリ飲める事では定評のある京セラドーム。通称「居酒屋ドーム」(やまちんCopyright)(´▽`)

平日が休日の友人と待ち合わせて、イチロクマルマル、京セラドームに突撃開始。
こんな時間なのに、チケット売り場には結構な行列。
結構な行列だからなのか、チケット販売開始が10分早められた。
内野自由席のチケットを確保したボク等は、腹ごしらえ、、、否、ウォーミングアップの為にドーム内のレストラン街へ足を踏み入れる。
アサヒビールのレストランの窓際のカウンター席で、生ビールとおつまみを数品。
席からは練習中の選手がよく見える、、、ってココで観戦すれば、チケット要らないんじゃないのか?
スタンドだと、飲み物は売りに来てくれるけど料理は買いに行かなければならないワケで、非常に面倒臭い。
しかしココは席から注文が可能。ビールも若干安いくらいだ。う~ㇺ。
まぁでも、折角球場に来たのだから、スタンドの臨場感とかを楽しむのが正解だろう。いやボク等は試合そっちのけで飲んで喋ってるのだけど。

試合が始まると同時にスタンドの席に移り、売り子のおねーちゃんを呼び止めて早速ビールを注文。
か~っ、1杯750円だってさ。2杯目以降はチューハイにしよう。

案の定、野球の展開は全く見ずに場違いな話(日本の政治と世界情勢、、、っていうか、くだらない質疑で政治を混乱させる野党の悪口と特亜の国への批判)に明け暮れる。
全く何しに球場に来ているのか。

居酒屋ドーム201804_1
京セラドームの天井ってCGみたい。いやCGじゃないのか?

チューハイの売り子のおねーちゃんを呼び止めて、チューハイを所望。15分後にまた来てくれと予約しておく。
因みにチューハイは500円。

試合も8回になると、売り子が居なくなってしまった。
酒の飲めない居酒屋なんて居ても仕方がない。←だから居酒屋じゃないって。
試合が延長戦に入った時点で、居酒屋ドームを後にする。
結局2人で、ビール2杯、チューハイ10杯でした。

居酒屋ドーム201804_2

酒を飲んだ後は炭水化物の摂取が基本。
JRの駅に向かう途中のラーメン屋でラーメンと餃子で欲求を満たし、電車に乗って帰路に就く。

久しぶりの居酒屋ドームは、楽しい飲み会となりました。
野球の試合は、、、全く覚えていません。
また次回!



「おお、神よ、私は、働きたくない。」宮田 珠己「働かない人」

春休み満喫中なのであるが、どうやらもう暫く満喫できそうだ(´・ω・`)

先週の水曜日は、親を乗せて大阪平野を縦横無尽。
生駒と天王寺、あと五月山に散らばる一族のお墓を巡って回る。
親を乗せてるから、アクセルは思い切って踏めない。
家に帰ったら、異常なくらいの疲労感。
翌日、バイクでソロツーリングを企てるも、昨日の疲れが残っているようでなかなか起き上がれない。
首筋から左肩に掛けて痛みが広がる。寝違えた?
更に、右目がヒリヒリ。堪らずコンタクトを外す。
メガネを掛けた状態でヘルメットを被るのが嫌いなボクは、あっさりバイクを諦めて、クルマでソロドライブに変更。
お昼過ぎにノソノソと出発。

クルマなので有料道路の通行料が割高。
ってことでいつもの山坂道はパスして、鯖街道を突き進む。
朽木からマキノ町のメタセコイヤ並木を抜けて奥琵琶湖パークウェイを攻めて野郎っていう魂胆。
先ずは草津PAのコンビニでコーヒーを所望致し候と、勝手知ったる草津PAに突撃すると、なんとコンビニが改装中。
コーヒーはレストハウス内の特設コーナーで売られていて一安心。
しかも半額の¥100。しかし容量は半分。嬉しいのか悲しいのか。

栗東ICで高速降りて、さざなみ街道を北上。琵琶湖大橋を渡って直進。鯖街道に突入。
この時点で既に15:00前。昼飯抜きで出て来たので腹ペコ。
昼食ポイントをマキノ町の道の駅に設定して、鯖街道を直走る。
朽木付近は未だ桜が残ってた。

まだ葉のない状態のメタセコイヤ並木。
平日だからなのか、葉が無いからなのか、人も車も殆ど居ない。
なので、特に撮りたかったわけでもないのに、クルマを停めて写真を数枚。

メタセコイヤ201804

16:00、やっとの事で昼ご飯。
名物(にボクが勝手にしている)かつカレーうどん900円也を空きっ腹に搔きこむ。
スマホに表示された付近の情報に、海津大崎の桜と出ていた。
そうか桜といえば海津大崎だったと、かつカレーうどんの残り汁を啜りながら、海津大崎への突撃作戦をひとり脳内で計画。

大渋滞で難儀する鴨って思ったけど、渋滞しながらもスムーズに流れる海津大崎の桜のトンネル。おぉ素晴らしい。
クルマを停める事が出来そうな場所を伺いつつズンズン進む。

海津大崎2018

海津大崎を抜けて奥琵琶湖パークウェイに突入。
此処も桜が綺麗な道。
湖岸に沿った道の所々に満開の桜が点在。
何処かで停めて写真でもと思いながら走る。
しかし「ココだっ!」っていうポイントが無いまま進んでいくと、前方に峠区間の上り坂が見えてきた。
前方の緑色の山肌を斜めに走る、鮮やかな桜色のライン。
パークウェイの峠区間の道沿いに咲いている桜が、頂上まで満開だ。
桜のトンネルの中の峠道を、気持ちよく飛ばす。く~っ、チョー気持ちイイ。
海津大崎から続く「桜の回廊」ってところか。
また来年、今度はバイクで来よう。

道幅の広い所でクルマを停めて記念撮影。
桜の花の香、、、は無く、タイヤの焼けた匂いが鼻に付く。

奥琵琶湖パークウェイ201804

既に17:00過ぎてるんで、休憩なしで峠を下る。
順調に進んで塩津の交差点を右折。国道8号の二つ目のトンネル抜けたら再び右折してさざなみ街道。
彦根の名物の渋滞、通称「彦渋」(とボクが勝手に言っている)に少々ウンザリしながらクリアして、薄暗くなった道を突き進む。
暗くなった道をバイクで走るのは何となくシンドイのだけど、クルマならドウってことない。

19:00名神高速の草津PAに到着。
下りのPAのコンビニも改装中だった。ハリウッドタイムのみでソソクサと出発。

家の近所のコンビニで晩ご飯買って、20時過ぎに無事帰還。
急遽クルマで行ったツーリングだったけど、満開の桜を満喫できて結果オーライ。

さあ、次はバイクで行こう。春休みはまだまだ続くのだから。(=゚ω゚)ノぃょぅ



「April 4月になると誰も旅立ちたくなるのさ、何か求めて。」April「稲垣 潤一」

新年度に入った。
今まで行ってた現場は、以前から宣言してたとおり3月末で終了させてもらった。ヤレヤレ。
次の現場が決まるまではチョットお休み。ナイスな春休みってところ。
最短でも4月の第一週目は休める。イャッホ~ゥイ。
さぁ、天気も良さそうだし、何処に行こうか。

kindle本で漫画を買ってみた。
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%A6GP-1-%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%BF%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%B3KC-%E8%97%A4%E5%B3%B6-%E5%BA%B7%E4%BB%8B/dp/406388208X

バイクレースの漫画。
大きな波もなく、先の読める展開。
熱帯雨林のカスタマーレビューでは散々な評価が多いな。
でもボクはそれなりに面白かった。
面白かったから最新刊の第3巻まで買って一気読み。


プロ野球の開幕3連戦。
タイガース、良かったのは初戦のみ。
続く第2戦、3戦は虚人、違う、拒塵、、、狂人、、、あれれ、うまく変換できないな。
兎に角、負け越し発進。大丈夫なのか?


近所の桜の咲き具合をチェックして回る。
公園の桜は丁度見頃。
先週6分咲きだった、国道沿いの桜は散り始め。
序でにいつものバイク用品店の先の山坂道を車で走ってみる。
nismoドライビングアカデミー以来、初めての峠道。
ヤッパリというか成程というか、以前に比べてスムーズに走れた気がする。

その本年度のnismoドライビングアカデミー、鈴鹿での開催はステージ1+2が7月20日(金)、ステージ3が7月21日(土)
金曜日は厳しいな。土曜日のステージ3はサーキット走行のみのカリキュラム。
それならコッチ→http://www.procrews.co.jp/workstuning/ の方が安いし、お祭りのノリで楽しそうなのだが。チョット遠いか。
う~ん悩む。って、行く気なのか。


毎年GWの前週は、高齢、、、否、恒例の乗鞍ドライブ。
今年も勿論行く予定。
その乗鞍ドライブでのメインイベントとして、途中何処かの博物館的な所に寄っていくのが毎回高齢、、否、好例。
今年は各務ヶ原の航空宇宙博物館に行こう!なんて言ってたのだが、長久手のトヨタ博物館に行ってみたいと激しく思うようになった。
いゃまぁ何処でもイイんだけど。


稲垣潤一のApril、、、、が使われてたCM↓
https://youtu.be/VYm8PZ7ajmc


懐かしゐって思った人は結構な年齢。

稲垣のフルコーラスはコチラ↓
https://youtu.be/2l_tPE53A2M


うん、イイ曲だ。

「窓辺にもたれ、夢のひとつひとつを消してゆくのはつらいけど、若すぎて何だか解らなかったことがリアルに感じてしまうこの頃さ。」SOMEDAY「佐野 元春」

昨日、とてもイイ天気だったので、今年の初ツーに出かけた。
いつもの山坂道までひとっ走り。
高速道路をいつもの様にバキューンって走っていると、怪しいクラウン・アスリートを発見。
横に並んだ時、車内を見てみたら制服着た人が二人。おっとっと。
約1時間でいつもの山坂道に到着。
桜のシーズンが未だ先って事もあってか、走ってるクルマも疎ら。
なのでシーズン初の山道には打って付け。ってことで楽しく走れた。
調子に乗り過ぎないうちに退散。また近い内に来よう。

山を降りてこの先の方向で少し逡巡。
が、時計見てココらで帰ることにする。
琵琶湖大橋で対岸に渡ってさざなみ街道。
栗東インターのループ、今回はふたつともクリアで走れた。ラッキー!
草津PAのコンビニ前のテラス席に、ひとりで座ってサンドイッチのモグモグタイム。
陽の当たる席でポカポカして気持ちイイ。
駐車スペースの端の、侵入防止の可倒式ポールを立てたゼブラゾーン。
そこに態々突っ込んで駐車している、車高を上げたクロカン四駆。
普通に停める所いっぱい空いてるのに、ワザとそこに停めたのは、ただ目立ちたいだけなのか。
SA・PAで意味のない空ぶかしするバイクの奴と同じような人種。
サンドイッチ食い終わったら写真撮って野郎って思ってたのだけど、食ってる隙にチャラチャラした感じの若者がその車に乗り込んで、可倒式ポールをバキバキ言わせながら立ち去って行った。
立ち去った後には空のコーヒーカップが転がっていた。クソ野郎だな。

いつもの様に追い越し車線の方が混んでる高速道路をカッ飛んで、16:00帰宅。
たった4時間、約170㌔しか走って無いのにヘトヘトだ。
走るよりバイクの出し入れでかなりの体力を使う。
何かトレーニングをしないとホントにヤバいぞ。
いや、バイクを出し入れしてくれる人を雇うべきか。って何様だ(`゚д゚)≡⊃)`A゚)グハッ



 | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク