ロボット?

最近のギターってこうなのか
http://guitar.digimart.net/2007/11/post_10.html


チューニングをギターが勝手に遣ってくれる。
今後は演奏もギターが勝手にしてくれるようになるかも。


レスポールタイプのチューニングは割と簡単なんだけど、
ストラトとかのフローティングタイプのブリッジは、なんか1回でピタッと合わせ難いよな。
ってのはボクだけか?


↑レスポールのチェリーサンバースト風のグラデーションに文字の色を変えてみたけどイマイチ
スポンサーサイト

おっさんライダー復活

井筒がkawasakiから復活するらしいな。
38歳? もういい歳なのにな。
たしかプロゴルファーになるとか言ってなかった?
プロになったのか


僕が最後に見に行った8耐で優勝したのが井筒だったな。2004年、セブンスターHONDA。
kawasakiからHONDAに移籍したのは残念だったけど、本人はmotoGPに乗りたかったんだっけ?


特に井筒のファンってワケじゃないけど、是非とも頑張ってもらいたい。

2009F1

F1、どうやら今年からスリックタイヤが復活するそうだ。
タイヤグリップは約20%UPらしい。
でも空力が減らされて相殺。
その空力だけど、今までボディにイロイロ付いてた触角みたいなのが無くなってスッキリした。
それから、ひとまわり大きくなったフロントウイングは1周につき2回までドライバーが角度を操作できる。
それに対してリヤウイングは小さくなって高い所に付いた。
全体的にはスッキリしたデザインの車が多くなってカッコ良くなったと思うんだけど、ニキ・ラウダは僕とは違う意見みたい。

あと今年の注目アイテムがKERSシステム。
ブレーキの時に発生するエネルギーを貯めておいて推進力に変換するエネルギー回生システムらしいんだけど、
これってプリウスの回生ブレーキと同じようなものか?
ドライバーは1周あたり7秒まで、この貯めた馬80頭程の追加パワーを使ってココ一番の追い越しに使うことができる。

HONDAのF1チームをバージングループが買い取るという噂が出てきたけどドウだろう。
琢磨もテストで一番いいタイム出しながらレギュラーシートは獲れなかった。

開幕戦は3月29日オーストラリアです。

ボッサ?

小泉ニロの新作
Bossa@NILO~Goodies~Bossa@NILO~Goodies~
(2009/01/21)
小泉ニロ

商品詳細を見る


ボサノバのスタンダードを集めた前回までのアルバムとはガラッと変わって、POPSをボサノバにアレンジしてる。
ボサノバアレンジというより、ボサノバ風のバックトラックでPOPSを歌ってる感じ。まぁドウでもいいけど。
1曲目と3曲目のカーペンターズの曲。オリジナルもイイけど、ニロのちょっとハイトーンな声で聴くとなんだか癒される気がします。
あと、ライブの時に言ってた村上春樹の小説「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)
(1988/10)
村上 春樹

商品詳細を見る

のネタ元?にもなったという12曲目。 以前、ノルウェーの森が映画になるとかの記事書いた後、あれから立て続けに村上春樹を読み直してて、夏の終わり頃に丁度この「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」を読んだ。前回読んだ時(20年ほど前か?)は内容の濃さに圧倒されっぱなしだったんだけど、今回は2回目だけに大筋は解ってるから、細かい描写がより読み込めて更に濃い内容になって尚更圧倒されてしまいました。
基本的に本を読むのは通勤電車の中でだけで、その時は必ずiPodで音楽聴きながら読むから、その頃繰り返し聞いてる曲なりアルバムなりがその本の内容と混ざり合ってしまって、後日その曲やアルバムを聞くたびに、その時読んでた本の世界が甦って来るわけです。
で、去年の夏の終わり頃に聞いてたのはCKBの
ZEROZERO
(2008/08/13)
クレイジーケンバンドFull Of Harmony × ISO from I.S.O.P.

商品詳細を見る
で、このアルバムのintroとOutroのメロディが「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」の世界観にピッタリハマッてしまって、今でもタマにこのアルバムを聴いたら、その頃気持がシンドかった事も手伝って、なんだか切なくなってきます。

因みに日本書紀を読んでた時によく聴いてたのが、
THE GREATEST HITSTHE GREATEST HITS
(2001/01/11)
LOVE PSYCHEDELICO

商品詳細を見る
今でも「Last Smile」を聴くと日本書紀に描かれた歴代天皇の諸行と斑鳩の里の風景が頭に浮かんできます。
LOVE PSYCHEDELICOと推古天皇は何の繋がりもないと思うんだけど、まぁそういう風に僕の中にINPUTされてるわけです。

かなり話が脱線したけど、小泉ニロのこのアルバムの12曲目の歌詞を読んだ時、まさにこの村上春樹の小説の世界そのもののような感じがして、思わず涙が出てきちゃいました。
この曲もこの小説も素晴らしいデス。セットでお薦め。

今回のこのアルバム、良いデキとは余り思えないンだけど僕の中ではそういった事もあってお気に入りとなってしまいました。

 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク