要するに山に上がろうとしたらバッテリーと息は上がったのに、腕が上がらなくて序に運気もうだつも上がらないってオチですね。

家の裏山、裏山っていっても丘程度の山で、山の反対側は新興住宅地になってて、家のある方の斜面?は昔からの家がポツポツと建ってる感じの所です。
その昔からの家がある急坂を登って行くと寂れた神社があるんです。
その神社を超えて更に進むと、舗装が切れて林道になってるのを思い出しました。
今の家に越してきた時に一度だけ行った事があるんですが、もしかしたらKLXで行けば楽しいんじゃないかなと思い立ち、土曜日のお昼に早速行ってみる事にしました。
KLXは2ヶ月ほど前に動かしたきりで、そろそろ動かしておきたいと云うのもあったし。

カバー外してタイヤの空気圧チェックしたら、案の定空気がだいぶ抜けてました。
前後のタイヤの空気圧を指定値に合わせてイザ出発とセルを回そうとすると、、、
回りません。バッテリー上がってました。
家の前が坂道になってるんで、この坂を使ってエンジン押し掛けを試みたのですが掛かりません。
諦めて、車のバッテリーからジャンプスタートさせようと思い、今度は下りてきた坂道をKLX押して登り始めました。
なんかこんな事ばかりしてる気がします。→ココ。

ほんの50メートル程なんですけど、KLXを押して登るのはかなりキツイです。
ゼイゼイとバッテリー同様、息も上がってしまいます。
更にキツイのは、今ボクは肩というか上腕部が痛くて上にあがらないのです。
バッテリーと息は上がるのですが、腕は上がらないのです。
あ、運気もなかなか上がりません。序に業績も“うだつ”も上がりません。

ハンドルを持って坂を押す体勢が、腕が丁度痛くなるポイントギリギリで押すような感じになって、グッと押すとビクンと上腕部に痛みが走ります。
それに耐えながら苦しい姿勢で坂道を押してゆきます。
家の前まで戻った時は息も絶え絶えで、もうバイク乗る気力も萎えてしまいました。
フラフラの状態でバイクにカバーを掛けます。
そしてフラフラと家の中に入って、そのままソファーに倒れこみました。

上がるものと上がらないものの比率は良くわからないのですが、下がってないだけ良しとしようってワケの解らない言い訳を今回の落とし所としておきます。っていう下げですか。
スポンサーサイト

世界一じゃないとダメなんですか?

先日、寝室のテレビを買ったんです。19インチの液晶テレビ
小さいかなって思ったけど、寝ながら観るには充分ですね。
この夏から数えて4台目のTV購入です。
で、前々から思ってたんですが、このテレビというか家電のリモコンに使われてる乾電池。
頻繁に取り替えるもんではないですけど、流通してる殆どの電池が使い捨てなんですね。→ココ
コレッって何とか成らないもんですかね。

んで昨日の夕方、ボーっとTVみてたら、ある報道番組でエネルギー・ハーベスティングっていう技術の特集をやってました。
道路の振動とか照明の壁側に当たってる使わない光、それから人の体温からエネルギーを取り出す技術の事だそうです。

そんなに大きなエネルギーは取り出せないんだけど、例えばセンサーとか電波発信程度の電気は充分作れるらしく、既に実用されてる例もあるとか。
何より素晴らしいのは、それらが電気の供給を受けず自ら発電して、その電気を使ってセンシングした情報を送信するという事。完全に自立したシステムとして動くという事ですね。
高速道路を車が走る事で発生する振動をエネルギーに変換してセンシングした道路状況や通行量をセンターに送信する。腕時計の裏蓋で人の熱を感知して発電、時計の動力源は勿論、GPS発信機としても機能する。タイヤの中にセンサーと発電機、発信機を内臓して路面状況をセンシング、その情報を車に送信する機能→コレ
どれもが自身でエネルギーを発生して機能するため、半永久的に使えるんですね。
コレは凄い技術です。聞いた所、こういうエネルギー・ハーベスティングの技術は日本が世界一なんだそうです。
ただ惜しいのは、日本人の殆どの人が環境についての事に対して無知である事、意識が向いていないという事です。
ハイブリットカーに乗ることが環境問題に貢献していると勘違いしている日本人多すぎです。→参考

それと、エネルギーを電波に乗せて送るという技術の事もその番組で紹介してました。
コレが実用化されれば、僕が前から話してた宇宙の発電所で発電した電気を電波で地球に送るという事が出来るんです。コレも素晴らしい。→コレね

気になるのは、発信された情報を傍受して悪用したりとか、盗聴器なんかに使われるとか、セキュリティ面でチョッと不安があるかもって事なんだけれど、本格的な実用化が待ち遠しい技術です。

あ、そうそう家電のリモコンの話。
この、エネルギー・ハーベスティングとかエネルギーを電波で受けるという技術を使えば、乾電池なんてものを使わなくても良くなるから、少なくとも乾電池という産業廃棄物は減らせる事ができるよね。

今宵の斬鉄剣は一味違うか

キリソ映画になるんだって。
http://www.youtube.com/watch?v=OJu82RBp1C8
今までのこういったタイプの漫画を映画にして面白かったモノが無いんだけど(僕にはね)
コレはドウなんだろうね。

キリソには色んなシリーズがあるんだけど、コレは一番最初のエピソードだったかな。
カタナに乗る主人公がポルシェを追いかける話。
バイク乗りは速そうな車見つけると追いかける習性があるけど(無いよ!)
コレはポルシェに勝負を挑む話だね。
ボクの印象で言えば、ストリートを走るポルシェの高年式のヤツは、あんまり飛ばさないんだけどチョッと古いヤツ、例えば空冷のポルシェなんかは結構飛ばすね。
ポルシェに限らず、所謂スーパーカーの新し目のヤツは追いかけるとスグ道を譲ってくれる親切な人が多いような感じです。
まぁ、桁の違う値段の安いバイクと勝負するには役不足って言う事ですか( ´,_ゝ`)プッ
あくまでも印象なんで絶対ではないですけど。
あと中途半端に速い国産の改造車はタチの悪いヤツ多いです。
んで、この話に出てくるポルシェドライバーはバイク嫌いのようで、軽蔑すらしてるような人なんです。
世の中には、バイク嫌いとは言わないけど、偏見持ってる人って多いのかな?
実際バイクは身体むき出しなんで、夏なんかは汗ダクになるし排気ガス浴びるし結構汚いよね。
特に雨が降ったりなんかした時には、高速道路のサービスエリアなどでアパルトヘイト的な視線を感じる時があります。
ただ単にボクの被害妄想かも知れませんが。

おっと、話をキリソに戻すと、今回のこの映画は結構期待してたりするんですが、態々映画館に観にいく程でも無いような、かといってDVD買うのもドウなんだって感じなんです。

雨にも負けず風邪にも負けず?

11月4日に休暇を取れば4連休になるから、ココで思い切って乗鞍へ行っちゃおうかななんて企んでみました。
しかしナンですね、平日を絡めると中々皆さん予定がたたないのか今回はパスっていう方ばかりで、結局2名で決行となりました。
天気予報では、今週は11月とは思えない暖かさですっていう事だったんで、革ジャンのインナーは要らないだろうと外して行ったんでが、物凄く寒かったです。高速道路では凍えながらの走行で鼻水を垂らしながら走りました。
寒いし鼻水垂れる身体はダルいし、明らかに風邪をひいてしまった様子。
乗鞍の山の中に入る頃はヤバイかもしれんと思うくらいシンドくなったんですが、前を走るポルシェが山道を飛ばし始めたら条件反射的に追いかける体制になって、ガンガン走ってると身体の調子も良くなりました。←正真正銘のバカ?
昼ごはん食べた時に呑んだ風邪薬が効き始めただけかもしれませんが。

その昼ごはんを食べたところが→ココ
ツーリングマップルのコメントで安くてボリューム満点と紹介されててネットで検索してみたら、この鉄板焼き豆腐定食ってのが凄く旨そうで、こりゃ行っとくべきだという事で態々高山経由のルートを立てました。
行ってみると順番待ちの人が何組か居られたのですが、15分ほどで席に着くことが出来ました。割と回転の速い店なのですね。
豆腐だけでなくホルモンとか焼肉も旨そうなんで、その3品とKIRINのFREEを注文しました。

国八食堂
結構なボリュームに見えたんですが、なんかぺロッと行けちゃいました。
数々の戦場を駆け抜けてきた僕等にはナンてこと無い量です。←やっぱり正真正銘のバカ?

ココ→http://tyamablog.blog103.fc2.com/blog-entry-5.html
とかココ→http://tyamablog.blog103.fc2.com/blog-entry-111.html

宿に着いたらナンかまた鼻水出てきた。
アドレナリンで鼻水止まってただけなのか。

この日の客は僕等だけ。
凄くいい天気で、久しぶりに満点の星空を観る事ができました。

翌日も快晴。
今回の目的でもある投汁そばを食べに奈川方面へ。
何処に行けば良いか迷っていたのですが、宿のママ曰く「投汁そばならココ」っていうお勧めの店へ行く事にします。
宿のオーナーが案内がてら一緒に行く事になりました。
図らずもこの宿の企画の一つである「オーナーと走ろう」が緊急開催って感じですね。
3台で奈川の仙洛という店に向かいます。
20分ほど走って店の前に到着、しかし店の扉には「本日休業」の札が。
昨日まで「奈川の新そばまつり」というのをやっていたそうで、今日は臨時休業なのかな?ちょっと残念です。
でもまあ、こういう「行ってみたら休みだった」ってのは馴れてるんで、乗鞍の宿からも近い事もあるから、また来ればいいやって感じです。
次のお店に向かいます。
投汁そばが食べられる店は中々少ないんだそうです。
野麦峠へ向かう道の途中にある店で、この道は何度も走った事があるのですが、山の中を走る1車線のワイルドな道です。
峠の頂上には映画「あゝ野麦峠」の像があります。
乗鞍周辺の道は冬になると主要道路は冬期通行止めになる道が多く、このワイルドな道も冬には通行止めになります。そしてこの道沿いにあるこの店も冬は店を閉めてしまいます。
今年の営業は11月13日までという案内が店の入り口に貼ってありました。
宿のオーナーを含めた3人で、3人前の投汁そばとざるそばを注文。
運ばれてきた蕎麦をみて結構多い感じがしたんだけど、コレもペロッと行っちゃいました。

投汁そば

そば食べた後、宿のオーナーとは奈川ダムの国道に出たところでお別れです。昨日と今日とても寒いので松本に下りてユニクロに行って着る物と風邪薬を買いに行きます。
しかし松本に下りて国道19号に出たとたん大渋滞。太陽も照り付けてとても暑いです。
ユニクロについた頃、うっすら汗もかいて、もう着る物買わなくてイイかもって思うほどでした。
でもまあ此処まできたことだし、明日の事もあるんで薄手のフリースを1枚買いました。
このあとマツモトキヨシで風邪薬買って、裏道を走って乗鞍に向かいます。
ヤッパリ乗鞍まで上がると寒くなります。
この夜はソロのライダーが2名、来て居られました。
1人は山口から、もう1人は埼玉からだそうです。両名ともこの宿は初めてとの事。

翌日、午後から雨が降るとの予報。
この3日間はとてもよい天気で雨降るなんていう予報ではなかった筈なのに。
昨日買ったフリースが大活躍しそうで嬉しいです(´;ω;`)
13時に永平寺で待ち合わせをしてるんで、いつに無くテキパキと出発の準備。
宿のママも驚いて居られました。

乗鞍を出て安房トンネル通って高山ICから白鳥へ。
九頭竜過ぎた辺りから雨がポツポツ落ちてきて、勝山市に入った辺りで本降り。
今回使うことは無いと思っていた合羽を着る羽目に。
集合場所の永平寺町の蕎麦屋に入って名物?のおろし蕎麦を食べます。
ココの蕎麦も中々のモンです。
永平寺にもお参りしようかっていう話もありましたが、雨なんで今回はパスして帰ることにします。

雨の中の高速道路走って18:30頃、今回も無事帰宅。
3日間の行程でしたが、夫々の日に美味しいもの食べる事が出来て結果的に良いツーリングになったと思います。


 

 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク