IHIは旭化成じゃなくて石川島播磨重工

TVのCMで耳に馴染みのある曲が流れてた。
TVの音に合わせて口ずさむ事が出来るくらいよく知ってる曲のはずなんだけど、誰の歌だったか中々思い出せなかった。

http://youtu.be/pa3A-nSg-T0



コレだ。
http://youtu.be/ddnn3nX_mwc


フレディが日本語で歌ってるヤツだ。
書いたのはブライアン(だったと思う)

久しぶりに聴いたけど、結構いいね。

QUEENの5枚目のアルバムの最後に入ってる曲です
華麗なるレース華麗なるレース
(2001/11/21)
クイーン

商品詳細を見る


コレも良い感じ。
http://youtu.be/0wihvdDU7pE


ロックアルバムにしては全体的にSWEETな感じ、でもこんな曲が先頭に入ってます
http://youtu.be/LvB2MnIIdMw


ブギーなんだけどQUEENが遣ればこうなるんだっていう感じですか。


QUEENのPVで好きなのはコレ
http://youtu.be/aHPZkAM4dSM


観るたびに笑みがこぼれてしまいます。
そして何故か最後は涙が溢れそうに。。。

それにしても皆特徴を良く掴んで真似てますね。


ぶっ飛んでるならコレ
http://youtu.be/eM8Ss28zjcE


間奏のバレエ?の所、シュールすぎて意味不明。
女装のロジャーが可愛い杉



もう10月も終り。
今月もアッと言う間に終わっちゃったような感じ
スポンサーサイト

Lazing on a sunday afternoon


http://youtu.be/kkxWyt7K4hw



KLXのフロントブレーキ、かなりエア噛んでるみたいでグニャグニャです。
エア抜きしようにもブレーキマスターとキャリパーが離れてて微妙に手が届かない感じ。
良い機会なんで1人でもエア抜きが出来る工具というか装置買いにいつもの用品店に行ってみたものの其処には売ってなかった。
こういうヤツね↓
(STRAIGHT/ストレート) バキュームテスター&ブレーキブリーディングキット 15-136(STRAIGHT/ストレート) バキュームテスター&ブレーキブリーディングキット 15-136
()
(STRAIGHT) ストレート

商品詳細を見る

結局ネットで買う事に。届いたら早速使ってみようっと。



定期点検に出した車を引き取りに。
エンジンからのオイル漏れが有りますと指摘された。
オイルシールの交換すると4~5マソくらい掛るんだって。
イツまで乗るか解らない車にそんな高額掛けられないんで、オイル漏れ防止剤(3K円)入れてもらって誤魔化す事に。
いよいよ乗換えを真剣に考える時期かも。
丁度モデルチェンジした車の試乗車が有ったんで乗ってみた。前のモデルに比べて豪華になった内装や、しっとりしたハンドリングは良かったけど、ダメだ全然楽しくなかった。パワー無さ杉。
いや、パワー以前にエンジンのレスポンス悪杉。
エンジンが右足に直ぐ反応してくれない。こういう味付けなのか?



motoGP。
HONDAのペドロサが序盤に転倒リタイヤした事で、YAMAHAのロレンソが2度目のチャンピオン確定。
競った上でチャンピオン決めて欲しかった。
来年はロッシがYAMAHAに帰ってくる。是非ともチャンピオン争いに絡んで欲しいものです。

と今週は、特にコレといったイベントも無くノンビリとした週末でした。とさ。

コッソリツーリングその2

土曜日、久しぶりに比叡山へ行ってきました。
道が混む前に行こうと、朝8:30頃出発。
第二京阪と阪神高速京都線を使ってみました。
京都の高速なのに阪神高速ってのはナンか違和感あります。
終点の山科まで乗って、其処から京都の外環にでて京都東から無料の湖西道路
比叡山ドライブウェイの入り口まで約40分で到着。随分近くなったものです。

入り口


近すぎて身体が充分ほぐれないままドライブウェーを走り始めた状態だからなのかな、最初はうまく乗れない感じでギクシャクしてました。コーナーで何度も膨らんでしまったし。((;゚Д゚)ガクガクブルブル

調子がイマイチの状態でパーキングエリアに到着。
今日のような状態で他のバイクと走るのは厳しいなとおもっていたんだけど、誰も居なかった。

ポツーン

朝早いからなのかなって思っては見たけど、もう9時過ぎてるし。
ココの時間帯はユックリ目なのかなって思ってるところにこんな看板発見

ローリング禁止


以前はこんなの無かったように思うんだけど。
こういう看板をドーンと置かれてるのを見てしまうと何故かビビッてしまって、パークウェイ内で清掃作業や木の管理をしている職員の人達がボクを監視しているように思えてきます。
「ただいまGSF2往復目に入りました!」なんていう報告を滋賀県警にしてるんじゃないかなんて。

殆ど独り占めのドライブウェイを何度か往復します。
ビビッてアクセル閉じ気味で走ると不安定な車体も、開け気味で走るとピタッと安定します。
調子も出てきて気持よく走れるようになって来たところで帰ることにしました。
誰も走ってないような道で、このまま調子にのってガンガン走って若しもの事があった場合、確実に発見されるのが遅れると思われるんで、程々にしておきます。ここは冷静な大人の判断って処ですか。

出口


紅葉の頃にまた来ようと思います。
↓ようつべで見つけた車載映像。紅葉が綺麗です。春になれば桜も見事ですよ。


あまりに早く帰ったんで、午後は車を定期点検に出した序でに飲みに行く事に。
程々にしておくつもりが調子に乗ってガンガン行っちゃって、最終電車ギリギリまで飲んでました。
結局日曜日はダルくて寝てばっかり。
全く大人の行動が出来てないというか。。。
ベストシーズンの快晴の休日を1日棒に振りましたとさ(´・ω・`)ショボーン

おまけ

久しぶりのUSJで散々散財

久しぶりにUSJに行ってきました。
先月、友人数名と飲んでたとき、USJに行った事がないってのが1人居て、それは一度行っておくべきだってンで、ボクの年間パスの期限が間近なのもあり今回の運びと相成りました。
折角なんで他に行く人いないかメールで募ったのですが、結局おっさん4人で行く事に。
チョッと寂しいというか切ないというか。。。
でもまあ、誰と行っても楽しいところなんで、それなりにテンションも上がって楽しんで来ました。
朝一番で入場して、横入りチケットと組み合わせアトラクションをほぼ全部制覇。今回初めての友人も楽しんでくれた様で良かったです。
おっさん4人で行った為か食事の際にはアルコールが必須なわけですが(゚Д゚)ハァ?、食事処の混雑振りが半端ないんで飲み物のお替りが非常に困難な状態で難儀しました。飲食物の価格のインフレ気味な値段もあって血中アルコール濃度が上がりません。

今回気になったUSJの難点を何点か。
パークに不似合いなジェットコースター。
搭乗の際、ポケットの中の物は全てロッカーに入れろって事なんですが、入り口でのポケットチェックで執拗に注意されて、ポケットにモノが入っているのが発覚すると目くじら立ててロッカーに追い返されるのだけど、アレは遣り過ぎではないかと思った次第です。最終的には乗る前にカゴに入れる事も可能なのに、あんなにしつこく云われると折角の楽しい雰囲気が台無しだと思うのです。客のテンション下げるような運営はマイナスなんじゃないかな。もう少し遣り方を考えて貰いたいです。注意するスタッフも辛いだろうし。
それと先に書いた食事の際の飲み物について、非常に混雑してる事が多いんで飲み物のお替りが困難な状況になりがちです。飲み物専用の購入口を設けてもらいたいところですね。
まぁコレは全てのレストランで遣っちゃうと泥酔する人が発生する可能性ありますが。
それから、パーク内の掃除や通行規制の柵を準備するスタッフ。坦々と作業をするのではなく、動きに何か一工夫をするなど観られている事を意識して仕事をしてもらいたいです。
例えばパレードの為の通行規制の柵を運んでるアルバイトらしき二人組みがレストランの前を横切ったのですが、柵の前と後を持って歩いているだけじゃ普通の街の風景と変わり有りません。USJという非日常の世界を楽しみに来ている客としては、そういう作業にも小芝居があってもいいんじゃないかと思いますし、そういう工夫が話題になって評価が上がるってモンです。こういう部分も東京にある鼠ランドを参考にしてみて欲しいと思います。

夕方、目ぼしいアトラクションは全部制覇したんで18時前にパークを退場する事に。
西九条駅の下にある焼肉屋で思う存分アルコール注入、さらに隣の野田駅近くのラーメン屋で炭水化物補充。
ご機嫌さんで帰宅しました。
非常に楽しい一日でしたが、結構散財した一日でもありました。

ツーリングの楽しみ方は人それぞれだけど、熱出してまでするもんじゃないんじゃナイ?

昨日のツーリングから帰った後、結構疲れたようでフラフラでした。結局その晩は熱出してしまいましたし。いい歳して何やってんだって感じ。

ツーリングに出る度、毎回では無いケド本日のベストコーナリングっていうのがそのツーリングの思い出として頭に残るんです。
偶々通った峠道でバッチリ決まったコーナーとか、高速道路のICなんかの合流部分でグルッと回り込む所なんかで思い通りの走りが出来たとか。
特に高速道路のICなんかは、大きく回りこんでるし曲率も一定(正確には一定ではない?クロソイド曲線?)だから、コーナリング中にいろいろ試す事ができて凄く楽しいですね。
その高速道路のICなんかで、ボクはライディングポジションをいろいろ換えてみてバイクの動きの変化を楽しんだりします。
シートの前の方に座ったり、後の方にズラしたり。上体を起してみたり伏せ気味にしてみたり。
腰のオフセットをいつもより大きくしたりとか、イン側のステップ踏んでみたり全く荷重を抜いてみたり。
力を入れたり抜いたりするたびにオートバイの挙動が変わって凄く面白いです。
勿論余裕のあるときだけですよ。朝一でまだ体が硬くてイマイチ乗れてないときはそんな場合じゃないですから。

バイク雑誌なんかでよく言われる外足荷重。
云いたい事は解らないではないのですが、外足荷重という言い方は適切ではないんじゃないかと思ってます。
ギュゥって外側のステップを踏みつけるイメージをしてしまいます(ボクだけ?)
ボクのイメージでは外足ホールドというのが感覚に近いんじゃないかと思うのですが。
コーナーへのアプローチでオートバイをリーンさせる方法はそのシチュエイションでいろいろだと思います。
イン側のステップを踏みつけるとか身体をイン側に寄せるとかハンドルを逆に切るとか。
ブレーキをリリースして倒しこむっていう慣性の法則を利用する方法もありますね。
オートバイは真っ直ぐ進む特性をもっているんで、そのバランスを崩すのがコーナリングのアプローチだから、速度やコーナーの曲率、さらにはオートバイの重量、特性など様々な要素で変わってくるんで、一概にコレってのは無いんだろうとは思います。
でもオートバイが傾いてコーナーリングを始めてからの操作は、程度の違いは有っても基本的には変わらないのではないかと思います。オンロードとオフロードでもフォームの違いこそあるのだけれど、外足ホールドで力を入れるポイントは同じなんじゃないかな。
要するに外足の母指球辺りでステップ踏んで踵をヒールプレートなりフレームなりに押し当てて足首を固定。
さらに外側の膝から内腿をタンクに押し当る。固定した足首と内膝~腿の三点で身体とオートバイをホールドしながら内膝~腿でオートバイをイン側に押さえ込む。それ以外は一切余計な力をオートバイに入力しないのが基本だと思うのです。あ、この余計な力ってのがキモなんですけどね。
あと、前乗り?後乗り? ボクにはよく解らないですが、先ずハンドルに余計な力が掛からないライディングポジションが基本で、コーナリング中にその状況に応じて荷重を前後に移す事の出来るフォームを作るのが第一だと思います。
オートバイが傾いてキャンバスラストに因るヨーが発生、って言うかオートバイがグイッと曲がり始めたらもう安心です。ココまでは大体フロントタイヤの仕事。
ボクはココまでが凄く苦手で不安な部分です。
コノ辺のヒントを某雑誌主催の走行会イベントの後の宴会の時に、その雑誌を主宰している元GPライダーで日本のオートーバイ界の大御所?に訊いてみた事があるんだけれど、「そういう難しい事は酔ってないときに訊いてくれ」って体よくはぐらかされました。
先に書いたように、コノ部分はコレっていう明確な答えは無いんでしょうね。
オートバイが曲がり始めたらアクセル充てながらトラクション掛けてグーッと曲げて行きます。ココがボクの大好きな部分。
少々滑ろうがお構いなしに開けて行けたときは最高に気持イイです。
調子に乗るとハイサイド食らいますけど。

その次に視線。
水平に保つのがベストなんですが、リーンウィズだとなかなか難しい場合が多いです。
頭をオートバイの中心に置いたまま腰をイン側にずらした姿勢、所謂ハングオンの姿勢であれば首を進行方向に向けると自然に視線は水平になります。コレはスキーでの大回りの姿勢と同じである事を随分前に発見してたという事は秘密にしてました(笑)。
スキーは随分長い間してないんだけど、カービングスキー履いて大回りのターンをしたときに掛かるGがオートバイのコーナリングの感覚に似てるなって思ったのがキッカケ。その時の身体の使い方がハングオンの体勢と同じ感じだなって思いました。

とまあ、こんな感じでツーリングを楽しんでいるわけですが、ツーリングに行く度に熱出してる場合じゃないんで、今後は程々にしておこうと思います。

最初ダルくても動き出したら楽しくなるモンです

今日は1人でコソッとツーリングに行ってきました。
本当は土曜に行こうって思ってたんだけど、朝目が覚めても身体が動かなかった。
結局昼頃になって動けるようになったけど、バイクはシンドイって感じだったんで、夜飲みに行く事にしちゃいました(*´・Д・)エェェ~?
で結局、翌日曜日は酒が残ってて動けなくて。。。

ベストシーズンの三連休、バイクに乗らないなんてって布団の中で悶々としてたんだけど、思い切って昼頃動き出しました。
琵琶湖をグルッと一周してきたんです。
年賀状に使う写真を撮ろうって思ってたんだけど、全然ダメだった。
1人だとズーッと走ってばかり。
道間違えてUターンの場所探してる時に停まった所で一応撮っては見たけど碌な写真撮れなかった。
結局休憩したのは、最初の草津PAと奥琵琶湖パークウェイの展望駐車場だけ。
そりゃ疲れるワケだ。

そうそう、奥琵琶湖パークウェイが一方通行になってた。
行ったり来たりして遊べない。
道も工事だらけで残念な感じ。
けど一方通行ってのはイイかも。
対向車が来ないって事だからね。
実質2車線の一方通行だから広々してる。
でも黄色いセンターラインだからはみ出し禁止なのか。
DR-Zの兄ちゃんと軽く遊んで、それなりに楽しかったです。

琵琶湖ソロツー


帰りに草津PAで給油しようと思ったら凄い数の車とバイク。
コリャダメだって給油しないで還りました。
もう直ぐ家って所でガス欠。
リザーブに切り替えて近所のGSで給油。
本日の走行距離、約300㌔
殆ど走りっぱなしでかなり疲れたけど、行って良かったと思いました。

日本の未来は尼崎の兄ちゃん1人に掛かってるのか

今年は地上波で放送してないF1。
今日は鈴鹿で日本GPが開催されたんだけど、その鈴鹿のレースでさえ地上波での放送はない。
F1の人気が落ちて視聴率取れないから、マニアしか見ない番組はBSかケーブルで放送って事か。
一時期は日本中で盛り上がったF1だけど、やはりそれはただ単にブームだったワケで、単にブームで終わらせたら人気が根付くワケないって事ですね。
今の日本では車そのものが売れてないようだし、そもそも若い人たちが車に興味ないという状況。
そんな中でモータースポーツという文化が根付くのは無理な話です。

昨日のニュースで、家電のショウが開催されていてそのショウに自動車メーカーの出展が目立ったとういのを見たんです。要するに今は自動車が家電というジャンルに含まれているとうい事ですね。
スマホと車をリンクして、スマホで車を操作する事も可能だそうです。
ますますスポーツというジャンル、もっと言えば運転するという楽しみからドンドン離れていってるような感じです。
そんな中、今日の鈴鹿のレースで日本人の小林可夢偉が素晴しいが走りで3位表彰台に上がり、結構な盛り上がりようでした。
それこそ、なんで地上波で放送しなかったのかと思うようなレースでした。
こういうレースを沢山の人が観る地上波で放送して、子供達に車に対する興味を持たせるのが今後日本で車が売れるベースを作るという事なんではないでしょうか。
そういう努力を自動車メーカーはやって行くべきです。
人気があるからレースをするという魂胆では車は売れません。

それはそうと、久しぶりにF1を観たのですが、鈴鹿でのF1を観る度にその余りの速さに目がクラクラしてしまいます。2輪のレースなんかだと、自分の感覚とそんなに違わないんで(あ、全然比較にならないようなタイムでしか走れないですが)特に違和感無く観れるのですが、4輪のレース、特にフォーミュラカーのコーナリングスピードには感覚が付いていきません。
空力で地面に押し付けて走るフォーミュラカーは、スピード落とすとグリップがなくなるんで、コーナーのアプローチでは程々の減速で突っ込んで行きますが、それが2輪の感覚だと信じれない訳で。
そういう意味では、市販車とフォーミュラカーの共通点は4輪である事とハンドルが付いてるという事くらいしかないのですが、やはりフォーミュラカーは車の頂点である事に変わりは無いと思います。
どんどん進化していくF1ですが、ハンドルで操作するという事だけは今後も変わらずにいて欲しいと心から思いました。

 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク