ブログで呟いてみる

ずっと前から思ってたんだけど、阪神の鳥谷とトラッキーってなんだか似てるよな。
鳥谷選手→https://www.google.co.jp/search?q=%E9%98%AA%E7%A5%9E%E3%80%80%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=Nm9-UZuiLMvPkAX9roCABQ&ved=0CEsQsAQ&biw=1498&bih=775

トラッキー→https://www.google.co.jp/search?q=%E9%98%AA%E7%A5%9E+%E9%B3%A5%E8%B0%B7&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=C29-UbnCJ8SWkwWiuYHwCA&sqi=2&ved=0CC8QsAQ&biw=1498&bih=775
?リンクの貼り付け間違った鴨

眉毛が似てるのか?

で最近思うようになったんだけど、鳥谷が俳優の大沢たかおに似てると思うようになってきた。
大沢たかお→https://www.google.co.jp/search?q=%E5%A4%A7%E6%B2%A2%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%8A&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=5m5-Uc25C87QkAWTmIHwDA&sqi=2&ved=0CD8QsAQ&biw=1498&bih=775

その大沢たかおがTVでベン・フォールズ・ファイブのPhilosophyって曲が好きって言ってた。
この曲ボクも大好きな曲なんです。
曲のさいごにガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルーのリフが飛び出します。
以前ここでも何度か記事に書いたことがあった気がするけど。
http://youtu.be/xJhx6bizOCA




スポンサーサイト

初めての暗峠は正真正銘の酷道で素晴らしい道でした( ̄ー ̄)ニヤリ

昨日、久しぶりにKLXを動かしておくかと、カバー捲ってキーを捻ってみたらバッテリー上がってた。
去年替えたこのバッテリー コレだ→ http://www.shoraipower.jp/product/index.html
ええ~っ!1年放置しても問題なく使えるんじゃないのか(#゚Д゚) ゴルァ!! →http://www.shoraipower.jp/product/index.html#03
メーターも表示しないから完全に死んじゃってるのか?
取り敢えず車からジャンプスタートしてみると、エンジンはアッサリ掛かった。
バッテリーの充電の為に少し乗ろうと思うのだけれど、またいつ止まるか解らないから近場で乗る事にして、いつものバイク用品店まで行ってみる。
ココならエンジン掛からなくなっても、バイク屋だから何とかなるだろうし。
エンジンの反応に気を付けながら走るけど、特に何の問題もなかった。
バイク用品店で暫く時間つぶした後、再びエンジン掛けてみるけど、これも問題なし。どうなってんだ? こんなモノなのかな。

それで今日、もう少し距離乗ってみることにしました。
あまり遠くなくて面白そうなところないかと考えてたら、腑と大阪と奈良を繋いでる国道308号線の暗峠に行ってみようと思いつきました。
以前から一度行ってみようと思ってたけど、なかなか機会がなかったんで、距離も丁度イイし行ってみよう!ってな感じで、行ってみることに。
ルートは→https://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&brcurrent=3,0x60012255f4834d3d:0x7dc6427bbbbd3da9,0&oe=UTF8&msa=0&msid=203300858279269541654.000498e930cec8f7f9d2a
先ずはgooglemapとストリートビューで何となく道の雰囲気を掴んでおきます。
ストリートビューで暗峠をたどってみたところ中々の酷道です。これはKLXに打って付けの道と言えるでしょう。
天気もイイしツーリングに行かなくてどうするみたいな日和です。
こうなると居ても立っても居られなくなって、ドタバタと準備してドタバタと出発です。

暫くは幹線道路を走ります。停まっていると日差しの強さを感じます。
膝のあたりが暑くて手をでさすってその手をポケットの辺りまで上げたとき、携帯を忘れたことに気が付きましたΣ( ̄□ ̄lll)!!
此れから山の中に入るのに、もしバイクが止まったら連絡する手段がないぞと思ったけど、もう随分走ってきたし、ストリートビューで確認したときは民家や峠の休憩所なんかが有ったんで何とかなるだろうと、そのまま暗峠に向かいます
という事で、今日のツーリングの写真はありません(´・ω・`)ショボーン

峠に向かうにつれ段々と道が細くなります。
近鉄電車の高架を潜ると本格的に上り始めます。と同時に道幅が極端に狭くなります。
対向車が来たらと思うとチョット嫌な気持ちになります。
ハイカーの人達が結構居られます。
バイクで昇ってるのが何となく後ろめたい感じです。
それにしてもすごい道です、本当にコレが国道なのかと思いたくなります。勾配もかなりのものでローギヤで急加速すると後ろに仰け反りそうです。
とまあ、こんな狭くて急な坂道をニヤニヤしながら走っているボクが居ます。

峠部分は石畳になっていて、本当にココは大阪なのかと思ってしまいます。雰囲気だけなら妻籠や馬篭とも遜色ない。。。ってのは言い過ぎだけど。
信貴生駒スカイラインを潜る所がまた急な下りで高架下のため暗くなっているんで、何だかUSJのジュラシックパークの最後の急流の所を思い出します。下ったところに水たまりが有ったら面白いのにと思ったけど、そんなのはありませんでした。
奈良側の道は所々整備されていてまだ割と走り易く、何となく寂しい気がしました(゜Д゜)ハァ?

下りきって国道168号線に出たら後は普通の道です。道路標示見ながら何事も起こらず帰宅。
走った距離は36キロ、もっと走った気がしたんだけどね。
凄く楽しい道だったから、今度また携帯を携帯して再訪しようと思います。
車載カメラも面白い鴨。

で、バッテリー。念のため充電器を用意しておこうと思います。専用のモノが要るんだって→http://www.shoraipower.jp/product/chargers.html



帰ってきてからようつべで見つけた動画。

暗峠 上り
http://youtu.be/zSbUjKB2Q-E



暗峠 下り
http://youtu.be/DHUj6ADUI6Y

人のふり見て我がフリオ・イグレシアス 壁に耳ありクロード・チアリ

毎年4月の20日頃に乗鞍に行きます。
乗鞍に在るボクらが定宿にしているペンションが、この週末に宿泊した人に宿泊費1,000円OFF年間パスを発行してくれるんで、その年間パスをGETするために、毎年この時期に乗鞍へ向かいます。
GW前という事で道路も観光地も混んでいません。その代り観光地などでのイベントも遣ってないです。
なので毎年、乗鞍に行って帰ってくるだけの旅行なわけです。
本来、ライダーであるボクらであるからバイクで行くのが普通なのですが、この時期の乗鞍は2輪で行くにはリスクを伴います。
天候が崩れると雪が降る可能性があります。
雪が降ったりなんかしたら、バイクではとても山を下りる事が出来ないと思われます。
仕事に穴をあけるわけに行かないボクらは、そういった事も考慮に入れて敢えて車で行く事にしました。
決してバイクで行くと身体に堪えるからではありません(;¬¬)( ̄ー ̄;)

そんな旅行の楽しみは自ずと食べる事になってしまいます。
なので何処で何を食べるかっていう事がこの旅の目的になっていると言っても過言ではありません。

いつものように草津PAのコンビニで朝食会議です。
此処で旅の行程をザックリと決めます。
今回は、往路の昼ご飯に高山にある国八食堂へ行くことにしました。
其れだけ決めたら後はダラダラとバカ話が続きます。
1時間以上の会議の結果、決まったのは昼ご飯の場所だけでした。

GW前という事でもあるのか、全く渋滞せず予定通り(嘘、時間の予定なんてしてません)高山に到着。
そして昼ご飯も並ばずに席に着くことが出来ました。
ボクらが席に着いた後、ゾロゾロとお客が増えてきました。
今回はとうふ定食×2、ホルモン定食×2、それと焼き肉を注文。
それを4人でシェアして食べます。
結構なボリュームなのですが、皆何となく物足りなそうです。
なので「よし!もう一軒行こう」ってことで、昼飯のハシゴです。
高山市内でラーメンを食べます。
やっぱり〆はラーメンでしょう。って飲んだ帰りじゃないって。
このラーメン屋も並ばずに席に着くことが出来ました。
そしてやはりボクらが席に着いた後、ゾロゾロとお客さんが増えて、ボクらが食べ終わって外に出たとき、沢山のお客さんが並んでいました。

高山は桜が満開です。

飛騨高山 桜1

飛騨高山 桜2

先週は地震で海津大崎の桜を見損ねたんで、ココで満開の桜が観れたのはチョット嬉しかったです。
春爛漫って感じで気持ちイイですね。
バイクで来ていたら、バイクと一緒に桜の写真も撮れたのになんて思ってみたり。

高山を出て、乗鞍へ向かいます。
安房トンネルにETCレーンが出来ていました。
今まではETCカードを抜いて料金所のオジサンに渡さないとETC割引が受けられなかったから、ETCの車載装置をシートの下に設置しているボクのバイクの場合、態々シートを外さないといけなかったし、ツーリングで此処を通る時はリヤシートに荷物を積んでいるんで、その荷物を降ろさないとシートが外せないし、そんな事してたらボクの後ろが大渋滞するだろうし、、、
そこまでして200円くらいの割引してもらうのも何だかな~って感じだったから、ココにETCレーンが出来たのは大変喜ばしい事ですね。

乗鞍に1件あるスーパーで夜のおつまみを仕入れて定刻通り(だから時間なんて決めてないって)宿に到着。
バイクで来たなら先ずは風呂なんだけど、今日は車なんで風呂より酒です。
早速、宿の自販機で買ったビールで乾杯。
1本のつもりが2本、2本で止めるつもりが3本、、、結局自販機のビールが無くなるまで飲んでしまいました。
晩ご飯でさらにビール、晩ご飯の後は宿にキープしてあった焼酎のボトルで更に飲みます。
気が付いたらベッドで寝てました。

翌朝、窓の外は白銀の世界。えっ雪!
そうです心配した通りの状況になっていました。
昨日、高山で春満開の気分だった筈なのに。。。

乗鞍雪景色

4月も下旬に成ろうというのに、やはり山の天気は侮れません。
バイクで来ていたら伝説になっていたかもしれませんね。

今日のお昼は高山の手前にある、とろろご飯の店で食べることにします。

ここはご飯のお替り自由なのが嬉しいです。
結局、御櫃のご飯を3回お替りしました。4人で御櫃4杯。一人御櫃1杯食べたことに成ります。
大阪に向けてワープする為の体作りには、やはりこの位食べないとやって行けないですね。

高山市街地をバイパスしてせせらぎ街道を走り郡上八幡へ。
この郡上八幡に入る手前辺りから愛知県の一宮までワープしました。
お蔭でスッキリです。

草津PAで休憩中、汚いハーレーの改造車に乗った連中がPAの駐車スペースに集まっていました。
その連中は特にバイク好きというようには見えません。バイクがファッションアイテムの一つという感じです。
そもそも服装がバイクに乗る格好ではないです。背負ったバッグのストラップがヒラヒラして後輪に巻き込みそうです。あ、ズボンのお尻のポケットから財布が覗いてます。そんな所に財布入れて落としても知らないよ。
ありゃ、PA内をノーヘルでバイクに乗ってます。しかも皆が皆爆音です。後ろから車が来ようが関係なしです。我が者顔でイイ気なもんです。
一般の人達のバイクに対する嫌悪感が益々大きくなるような行為です。
多分最近バイクに乗ったような感じの人達です。立ち振る舞いが素人丸出しです。
この人達の中で10年後、否、5年後、否否、2年後、何人がバイクに乗っているでしょうか。

今回の旅行は全く渋滞にも遭わず、トラブルもなく、沢山食べて沢山飲んで沢山笑った素晴らしい旅でしたが、最後に嫌なものを見てしまいました。
人のふり見て我がふり直せじゃないけれど、ああいった行為に至らないよう気を付けたいものです。
何処で見られてるかわからないしね。







ユラユラと揺れていた気持ちが固まったと思ったら。。。

金曜日、仕事を終えて帰るとき、ずっとバイクの事ばかり考えてました。
ツーリングに行って田舎道を走るイメージとか、コーナリングするイメージとか。
でも、日曜日に出勤の予定なんで土曜日に色々と用事をしなくちゃならないから、今週は乗れないかなとかも思ってみたり。
ツーリングに行きたい、否、今週はやめておこう。。。ってな感じで心が揺れておりました。
家に帰ってご飯食べながらテレビを見ていると、海津大崎の桜が満開で見ごろですっていうのをやってました。
おおっ!これは観ておかなければって事で、明日はツーリングに行くという方向に心は一気に傾きました。
多分物凄い混雑に成るだろうから、朝早起きして現地に7時ごろ着くようにすれば比較的ゆっくり観れるだろうなと考え、明日の5時過ぎの出発を計画して今夜は早く寝ることにします。
早く寝るといっても、翌日のツーリングの事を考えると中々寝付けません。
いつもの通りイロイロな心配事が頭に浮かんでしまいます。転けて道路にひっくり返ってるイメージまで出てきました。ナンだろうね。
予定通り4時頃目が覚めたのだけれど、何となく怠い感じで、やっぱり止めておこうかなとか、まだ気持ちがユラユラしています。
暫く布団の中で悶々としていたのですが、やっとのこと意を決して出発の準備をし始めます。
予定より少し遅れたけれど、イザ出発しようと革ジャンをハンガーから外そうとしたとき、グラグラと家が揺れました。
親父死んだ、違う、おや地震だ。。。(ノ`m´)ノ ~┻━┻ (/o\) お父さんやめてー
昨日から揺れていた気持ちがやっと固まったと思ったら、今度は地面が揺れています。
慌ててテレビを点けてみると、結構大きな地震だったようで各局が緊急速報に切り替えて放送しています。
こりゃ遊びに行ってる場合ではないと思えて、今回は諦める事にしました。
もしかしたら会社から呼び出しがあるかもしれないし。
海津大崎の桜のトンネルは来年までお預けです。残念だけれど仕方ないですね。

オデンの事を関西では関東煮っていうんだけど。

最近ずーっと版権の切れた古い小説を電子書籍で読んでいたのだけれど、少々食傷気味で飽きてきたところでした。
偶には新しめの本も読んでみたくて、コレ↓を読んでみました。

エデン (新潮文庫)エデン (新潮文庫)
(2012/12/24)
近藤 史恵

商品詳細を見る



何年か前に読んだコレ↓ の続きの話。

サクリファイス (新潮文庫)サクリファイス (新潮文庫)
(2010/01/28)
近藤 史恵

商品詳細を見る


続きの話といっても、特に読んでなくても大丈夫な感じ。

前作は日本国内の話で、まぁ普通って感じの評価(ボク的にね)だったけど、今回の話はツール・ド・フランスを舞台にした内容で結構面白く読めた。

この本の「エデン」っていうタイトル。なんでこんなタイトルなのか最後まで全然わからなかったけれど、物語の最後でやっと解りました。
どういう意味なのかは此処には書きませんが、コレ読んで、またボクの長い間の夢であるツール観戦に行きたいっていうのが益々膨らんできてしまいました。

久しぶりに読んだ現代の小説は、読みやすくてホッとするような感覚で、長い間海外旅行に出ていて、久しぶりに帰って来た日本で、久しぶりに食べた日本食っていう感じ。
ずっと読んでいた古い小説の舞台は古い時代の日本で、久しぶりに読んだ新しい小説の舞台はヨーロッパなのに、こういう感じはおかしい気がしますが、まあ兎に角そういう風な感じでしたっと。

 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク