山路を登りながら、かう考へた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。



なんだろうな、この何日間か物凄く怠いんだ。
特に仕事の帰りの電車降りて、ホームから改札に向かう階段登るのが辛い。
そこから家までの坂道はもっと辛い。
鞄持ってられなくて肩から提げないとならないくらい。

今週の週末は、先週の山坂道ツーリングでイロイロ試した事をもう一度練習しに行こうと思ってた。
でも既に週の半ばあたりから身体が怠くて週末は走りに行けそうにないななんて感じてたんだけど、案の定無理だった。
まぁこんな時もあるよね。
今週は何処にも行かずノンビリすることにしよう。

先週試したことってのは、コーナーのアプローチでブレーキで頑張りすぎないようにするって事。
ボクの場合、癖なのかドウなのかブレーキをギリギリまで我慢してからガツンと掛けてしまう傾向があって、其のまま大丈夫っていう速度まで落としてから曲がり始める。
なのでそのブレーキを早めにかけ始めるんだけどガツンではなくて、ゆっくりスッって感じで掛ける。でそのままコーナーリングのアプローチに入って、ブレーキは少し緩めただけで引きずったまま倒し込む。
ブレーキを完全に放したらアクセルを少しずつ開けながらトラクション旋回。ってのを比叡山と奥琵琶湖の山坂道でずっと意識しながら走ってた。
全部のコーナーで巧く出来たわけじゃないし、どちらかといえばイマイチな方が多かった気がするけど、巧く行った時の感覚とかイメージを忘れないうちにまた走りたかったんだ。
奥琵琶湖の終わりくらいの時、Fブレーキが割と強く残った状態で倒し込んだらフロントがズリズリッって滑ってヤバい感じになってリズムが崩れたまま山坂道が終わっちゃったって事も有るから尚更って感じ。
また来週、否、来週はコレ→http://www.belgianbeerweekend.jp/ja/osaka/BBW-osaka-2014/だから無理か。再来週までに体調整えてまた走りに行こう。其れまでは頭の中でイメージトレーニングだ!!! ってローリング族の小僧か!

スポンサーサイト

ライブ中止傷心ツーリングは行き当たりバッタリのツーリングでハプニングいっぱい?


本来なら長居スタジアムでライブの予定だったけど、ライブそのものが中止になっちゃったんで、行き場の無くなったエネルギーを解放するため、いつもの山坂道へ走りに行く事にした。
もちろんボク一人でなく、一緒にライブに行くはずだった友人と二人。
比叡山を誰かと一緒に走るのは久しぶりなんで、結構楽しみ。
10時に第二京阪の京田辺PAで待ち合わせ。
自販機とトイレだけのPAなのに結構な賑わい。なんでだ?

約1時間でいつもの山坂道に到着。
ツナギ着たSS乗りのグループや二人乗りのBMWが居た。
他にも行ったり来たりローリングしているのも居たりした。
ツナギ着たSS3人衆、(今日の言葉①、SSとは→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84
何となく素人臭い。バイクの取り扱いにギコチ無さが見て取れる。
ココってローリング禁止っていう看板が立てられるんだけど、ツナギ着てやる気満々の伊出達で来ても料金所で咎められることは無いのかな?
あとバイク二人乗りもおkだったの? 

今日はツーリングなので行ったり来たりしないで其のまま通り抜けるつもりだったけど、比叡山を走る路線バスに前を塞がれてしまったんで、途中のパーキングエリアに一旦入って一度上まで戻って仕切り直すためにUターン。
上のパーキングまで急いで戻ったら、そこで再びUターンしてまた下り始めます。ってそれをローリングって云うんじゃないのか!!
否、今日のはあくまでも仕切り直し。その仕切り直しの往復は前を塞ぐ車が居なかったから気持ち良く走れた(´・∀・`)ヘー

ズンズン下っていくと先程上のパーキングエリアで見かけたSS3人衆の一人に追いついた。
流して走ってるのか? 違うな、この目一杯感は初心者だなと様子を見ながら暫く後ろに付けていたら先に行けという合図を出してきた。
う~っ、そういうのはもっと早く出してほしいな。折角の山坂道を暫く無駄に走った感じ。
そのSS3人衆の一人を追い越して少し走ると、対向車線の右端に居るR1の後ろ姿が見えた。(今日の言葉②、R1とは→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%8F%E3%83%BBYZF-R1
??ナゼ対向車線の路肩に反対向いて停まってる??って思った時、そのR1が右端からUターンの行動に出てきた。
右端から向きを変えたR1を見て件のSS3人衆の一人というのが確認できたと同時に、そいつはボクの走る左車線に出てきた。
え、スパッとUターン出来ないの?!ヤバいぶつかる!とフルブレーキするボク。Σ (゚Д゚;)
その時やっと降りてくるボクに気付いたそいつはボクの走る左車線の真ん中でストップ。Σ( ̄□ ̄|||)
交差する寸前、間一髪ギリギリでかわす事が出来ました。
まったくこんな所でUターン、しかも右車線からって何を考えてるんだ! このド素人が!(#゚Д゚) ゴルァ!!
ローリングする時はパーキングスペースに入ってUターンするか、もしくは左端に停まって安全を確認したうえで右にUターンだろ!
このSS3人衆はスーパースポーツ3人衆でなく初心者3人衆としておこう。

比叡山を降りて雄琴から湖西道路へ。
すれ違うバイクの数がやけに多い。そのすれ違うバイクの殆どが挨拶を返してくれる。
おぉ、いい傾向だ。良い気候でバイクに乗る楽しさ、バイクで走る楽しさが滲み出ているぞみんな! 安全に走れよ。右側からUターンなんかするんじゃないぞ!
しかし何故こんなにみんな浮かれてるんだ?ってときに附と思い出した!
今日は琵琶湖バレイでイベントが有ったハズ。→コレだhttp://www.2rinkan-festival.com/ なので急遽そのイベント会場へ行ってみる事にする。
かなり久しぶりな琵琶湖バレイ。駐車スペースはバイクがイッパイ。シュガーパイも失敗もイッパイ。あ否、コレは関係ない。
でもバイクの数に比べて、このイベントの規模ってドウなんだ? 来る時間が遅かった?
ウェアやパーツのメーカーが格安の値段で出品してるのか。欲しいものが有るならラッキーなイベントなんだろう思うけど。
B級グルメ的な店も何店か在ったみたいだけど、何となく食べる気にならなかった。人大杉。
そそくさと退散してマキノ町のメタセコイヤ並木経由で道の駅へ。
其処でカツカレーうどんの少し遅めの昼ご飯。前回の失敗を踏まえ今回はライスも注文。炭水化物vs炭水化物withトンカツ。MAXボリュームで期待大。
今日は暑くなるだろうなとメッシュのジャケットを着てきたのだけど、このジャケット先日買って今回初めて着てみた。割とタイト目な作りで、風でバタつかないのはイイとしてお腹の部分もタイト目だから、ご飯食べてお腹が膨らむと少し苦しく感じるかも。
食べ盛りのボク(←もうイイだろ!)には、ご飯が思う存分食べられないのが残念。(←腹八分目にしとけって事だよ)
食後のデザートにマロンアイスを食べた後、トイレで先に格納してた分を排出し差引ZEROの状態に戻してから出発。
奥琵琶湖パークウェイまでの道を頑張って走ったお蔭で、頂上展望台までの上り道はクリアの状態で走れた。
この部分は往復できるんで、行ったり来たりするのもイイ鴨。
しかし今回、18時までに草津PAに辿り着くという壮大な計画を打ち立てている為、行ったり来たりせず目標に向かって走り続けるボク等。をっ!、なんかカッコ良い。
もう一度書こう。行ったり来たりせず目標に向かって走り続けるボク等。('A`)マンドクセ

頂上の展望台で休憩せず其のまま走り抜ける。ココから木之本方面へは一方通行。
2車線分ある道に1車線分の幅の線が書いてあって、その走る部分が場所によって道の左に寄ったり右に寄ったり。
左カーブを道の右に寄って走るのはナンか怖いな。右カーブを右に寄って走るのはそうでも無いけど。

さざなみ街道を南下。赤信号の度に先頭に出て先を急ぐボク等。
途中何台かのバイクがボク等の後ろに付いてくる。ん、ボクの走りを盗みたいのかい?構わんよ付いてきたまえ。く~っ、早瀬左近みたいでカッコ良い!
もう一度書こう。ボクの走りを盗みたいのかい?構わんよ付いてきたまえ。(少し調べてみたけど、早瀬左近はこんな事言ってなかった、、、(´-ω-`)ス ピー)
頑張って走ったおかげで、目標通り18時前に草津PAに到着。
1人で走ったならコーヒー飲んで直ぐ出発なんだけど、今日は二人なんでダラダラとお喋り。気が付くと1時間半も経ってた。ワープ?

20時過ぎ帰宅、走行距離326キロ。多分翌朝は筋肉痛になりそうな予感。翌日に筋肉痛ってまだまだ若い証拠。っていうかこの程度で筋肉痛になるのは初老の。。。






ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! とキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! な今日この頃


まだ日があるから、何とかいけるんじゃないかと期待していたポールの大阪公演
日本ツアーそのものが中止になっちゃった。( TДT)
延期って云ってるニュースもあるし、再来日を調整するっていうニュースもある。
そうなってくれると嬉しいんだけど、前回みたいに平日だと厳しいな。
週末での公演を激しく希望。


先日発売になった、コレ→http://www.sapporobeer.jp/whitebelg/
ベルギーの白ビール風の味わいだそうで、興味津々さっそく飲んでみた。
キタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━━━!!!!
なるほど、大好きなヒューガルデン・ホワイトのような味だ。もう少し泡がクリーミーだと嬉しいんだけど。
でもスゲー美味い。調子こいて飲み過ぎてしまいそう。
これがトクホなら安心して飲めるのにな。。。ってなんか勘違いしてないか?

6月7日はココに行こう!→http://www.belgianbeerweekend.jp/ja/osaka/


仕事も適当にみんなが待ってる店までHurry up, Hurry up!


土曜日に久しぶりの公式飲み会。何の公式なのかは不明。
その前日、前夜祭はしないのかと今回の幹事にメール。
前夜祭おkとの連絡を貰うと同時に、明日朝の山坂道ツーリングは中止。って本当に行く気が有ったかは定かではない。Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!
軽く飲んで帰るつもりが23時に店を追い出されるまで飲んで帰宅。
翌朝普通に目が覚めたけど、前日の決断通り山坂道を走りに行く事は中止。┐(゚~゚)┌
夕方からの本戦に備えて2度寝。(´ι _`  ) あっそ

今回初参加のメンバーも居て、最初は硬い雰囲気だった宴も血中アルコール濃度の上昇と伴に賑やかで楽しい飲み会に成っていったのかな。
2軒目の店を探すのに一苦労。馴染の店に悉く断られ、結局また鉄鍋屋に流れ込んで鏡月アセロラのソーダ割りの2次会。
でも流石にこの店も飽きが来た感じ。久しぶりに美味いホルモンが食べたいっていう感情が湧き出てきたりして。
3軒目に入った店でワイン2杯飲んで解散。
気の置けない仲間達と飲む酒は、美味いというより楽しいって感じ。
近い内にまた遣りたいモノです。

http://youtu.be/Ikxg4cYM1nE


いよいよ来週に迫ったポールの大阪公演。
昨日からの東京公演がずーっと中止だって。ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン!!
http://outthere-japantour.com/
大丈夫なのか?
あまり無理してほしくないってのと、頑張ってライブ遣ってほしいってのが入り混じった複雑な気持ち。
奇跡のレジェンドといっても71歳っていう年齢であることは事実なわけで。
来週の朝天気でも山に走りに行きませんので、ポールが回復して無事ライブが開催されますように。。。ってどーゆう願掛けだ。

土曜日は休養に充てるのがナイスなミドルの過ごし方なのでは


時々発症する「山坂道をもっと走りたい病」が先週の6日に再発して、今週末は比叡山へこの病気の治療に行ってやろうなんて企てていたんだけど、8日の木曜日辺りから風邪の症状が出始めてヤバい鴨って感じでした。
土曜日の朝どうにも身体が怠くて、それでも山に行く積りだったから、少しでも楽に行ける方法は無いかと考え(そこまでして走りたいって思うのが「山坂道をもっと走りたい病」たる所以なのです)
比叡山に一番近い京都東ICまで高速を使えば、極力下道を使わず行けるけど、思ったより高速料金が高く付くんでどうしたもんかなどと思案してるうちにフラフラしてきたんで、少し寝ようって横になったらもう起きれなくて、結局走りには行きませんでしたっていう週末でした。
以前であれば、バイクで走れば少々の風邪なんて其れこそ風圧で吹き飛ばせたはずが、今では「山坂道もっと走りたい病」<「風邪」といった感じでバイクに乗る事さえ辛く感じる今日この頃。
寄る年波には勝てないという事なのでしょうか。年齢に応じた楽しみ方をしなさいって事です。

結局土曜日はホボ丸1日寝て過ごしたお蔭で、随分回復した感じ。
来週は夕方から飲み会の予定だから、朝のうちなら走りに行けるか。なんて今は言ってるけど、また起きれないんじゃないの?


調子が悪いといえば、腕時計の調子が悪い。ってのは以前書いた事だけど→ココ
先日本屋で立ち読みした雑誌の広告で見た腕時計がスゲー恰好良く見えて、F1チームとのコラボレーションモデルってお高いんでしょうなんて値段みたら200,000円かぁ、やっぱりなぁ、、、いや、20,000円だ!!って家に帰ってからネットで検索したらコレでした↓
http://casio.jp/wat/search/watch/detail/?m=EFR-534RB-1AJR&n=6050
カシオ エディフィス×レッドブル EDIFICE×RED BULL クロノグラフ EFR-534RB-1AJRカシオ エディフィス×レッドブル EDIFICE×RED BULL クロノグラフ EFR-534RB-1AJR
()
EDIFICE(エディフィス)

商品詳細を見る


CASIOかぁ、イマイチ好きなメーカーじゃないんだけどなぁ、、、と暫く考えることにしました。3日後にもう一度見てその時イイって思ったら買おうって一旦画面を閉じます。

そして数日後、附と思い出して再度この時計を観てみました。コロッと忘れるくらいだからドウでもイイの鴨ね。って再びネットで検索したこの時計をマジマジと観ます。
青いベゼルと左の青いボタンがスゲー恰好イイぞ。ん、どうやら限定らしいな。ナンの限定だ?数?期間?購入資格?まあイイ、クリックだ!
と「限定」という言葉に釣られて買ってしまった感が無いわけでは無いのだけど、届いた現物を観て買って良かったと思うので有ります。
いつ見ても遅れる事なく正確な時刻を示しているのは嬉しいものです←現代の時計としては当たり前じゃないのか。


またチュー国が騒ぎを起こしてるね。越南の船にブツケてきた。しかも越南の海で。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140509/chn14050921040014-n1.htm
そのチュー国の言い分がまたジャイアン。前時代的なチュー華思想も大概にしてほしい。
そんなやり方が今でも通用すると思わせないためにも、今こそ日本とアセアン諸国は団結し、米国と協力して西太平洋の秩序を示すべきであるとともに、ボクの来月のカードの支払にも救助を求める次第である。


怒涛の3日連続更新は新記録か?


先日の南港ライブの後の宴会の時、面白い構造のダムが滋賀の土山に在るってのを友達と話をしてて、是非行ってみたいんだなんていう話をしてたんで、昨日の夜ネットで検索してそのダムを見に行くツーリングの企画を友人何人かに投げました。
こんな感じのダム→https://www.google.co.jp/search?q=%E9%9D%92%E5%9C%9F%E3%83%80%E3%83%A0&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=yfBoU-79McX38QX7q4G4BA&ved=0CEAQsAQ&biw=1478&bih=716

賛同者の参加可能日を確認してルートやらなんやらの予定を立てるつもりです。
5月はもう何だかんだと予定があるんで、6月以降、梅雨入りの前に行けたらイイな、、、なんて考えてました。
で、明日は穴の開いたグローブを買い替えるためにいつものバイク用品店に行って、丁度良さそうなグローブを買ったらそのまま何処かに走りに行こうかなと思い、どこか近場で適当に山坂道の走れる所は無いかいなと考えつつも、なんか面倒臭いななんて思いも浮かんで来たり。

翌朝、いつもの通り5時30分頃目が覚めたけど、まだ休みだったと2度寝を決め込んだら寝過ごしてしまって時間は既に10時過ぎ。
しまった、バイク用品店に行ってグローブ買って走りに行くんだった、、、って何処に行くんだっけ??なんて寝ぼけながら携帯見たら着信のサイン。
え、もしかして出勤日だったっけ?とまだ寝ぼけ眼。
メールを開いてみたら昨日ツーリングの案内を投げた一人のまさるさんから。
「今、ダムに向かっているが、予定はどうなっているのか」という内容。
ええ?、今日行くつもりだったの??、兎に角急いで出るがその前にバイク用品店でグローブを吟味してからなのでかなり遅くなるから、ボクを待たずにドンドン進んで下さいっていう旨のメールを投げ、慌てて出発の準備。

先ずはいつものバイク用品店へ向かいます。グローブコーナーでイロイロと試着。
グローブの裾が長い奴、袖口までスッポリ被さる奴を探してるんだけど、なんかドレもコレもイマイチ。
レーシング系の奴は腕時計してたら痛いくらいハードで硬いし、ツーリング向けというかストリート向け?の物はナンか短いのしか無い。
ストリート向けの一番長いのが辛うじて袖口まで被る感じだったので、其れを購入。
袖口の部分はイマイチだけど、グローブ其の物のフィット感とか操作感はイイ感じ。いやバツグンと言ってイイ鴨。
何処のメーカーか解らず裾の長さだけで買ったけどコレはイイぞ。コレで諭吉1人は納得だ。今のボクに諭吉一人は結構なダメージだけど、取り敢えずココは未来のボクにお願いするとして、カードでお支払。

グローブを買ったら急いでダムに向かいます。高速使って新名神の甲賀土山ICまで大急ぎ。インター降りて少し走ったらダムに到着。

青土ダム

しかし其処にまさるさんの姿は有りませんでした。メールチェックをしてみると「土山の道の駅で待つ」とメッセージが入ってました。
再びバイクに跨り、大急ぎで道の駅へ。
何とか合流することが出来てやっと一息。
昼ご飯食べた後、もう一度ダムまで行って其処から鈴鹿峠を抜けて亀山から名阪国道に入って、大内よりR163を走り四條畷へ。其処から外環を南下していつものバイク用品店まで帰ってきました。
少し休憩して解散。18時30分頃に帰宅、走行距離246キロ。
ひょんな事から急遽ダムまで走ってきましたが、天気も良くって楽しく走る事が出来ました。欲を言えばもう少し山坂道を走りたかったってのは有ります。
まあ、山坂道は今週末にまた一人で行ってこようかなと。

家に帰ってから、今日買ったグローブを調べてみたら、ココのグローブでした。そりゃ確かにイイものだ。

連休のとある一日


高島屋で開催されてる「円谷英二 特撮の軌跡展」ってのに行ってきた。→コレ

結構賑わってた。いい歳したオジサン、オバサン、お兄さん、オネーサン、子供たち。
中でもイチバン燥いでいたのはオジサンの様に見えた。
メインの展示物がウルトラQ・ウルトラマン・セブンだから、それを観て育った世代が一番楽しいイベントなんだろうな。

入場料は当日800円(スマホでこのクーポン見せたら100円引き→https://www.takashimaya.co.jp/store/special/event/coupon_tsuburaya.html)は妥当な値段カモ。
5月12日までなので、興味があるならお早目に。って誰に言ってんの?

その後は南港で毎年恒例のライブ→http://www.atc-co.com/event/000779/
17時30分の開演まで少し時間が有ったんで、ATC内のファミレスで少し腹ごしらえ。っていうかプチ宴会。
ファミレスでビール2杯とチューハイ1杯。それと何種類かの御摘み。で一人1500円程。まあまあイイネ。

17時過ぎに会場に行ったらリハーサルしてた。
ステージ横の席に陣取ってコンビニで買ってきたチューハイ飲みながら観覧。

ATCライブ2014

しかし此の二人、もう還暦なんだって。こんな楽しい60歳なら、なってもイイな。

ライブの後は、高齢の、違う、恒例の飲み会。
態々梅田まで繰り出して、鉄鍋の店で飲み会再開。
20時過ぎに入ったら飲み放題は60分コースのみですって言われた。
祝日だから閉店時間が早いのか。
早々と料理のラストオーダー切られて多少の物足りなさを感じたボク等は、ラーメンで〆るべく堂島へ場所を移します。
ラーメン+ギョーザとビールで日本の未来を語り合います(笑)

23時過ぎの快速電車で帰宅。。。多分。
目が覚めたら家のソファーでした。
ボクのワープも増々グレードアップしてるみたいだ。


ワープを使えば信州なんて近い近い


記事の順番が前後するけど、4月19日~20日で毎年恒例の乗鞍ドライブに行ってきました。
この時期に乗鞍に何があるのか? いや特に何もありません。
ただ毎年この時期にボク等が定宿にしているペンションが、宿泊料の年間割引PASSを発行してくれるので、それに合わせて、否、それを口実に毎年何もないこの時期の乗鞍へ態々向かうわけです。

乗鞍へ向かうルートは幾つかあるのだけど、今回は北陸道からのアプローチを選択。途中金沢で美術館に寄ってみることにしました。
金沢に在る金沢21世紀美術館は、何やら現代美術を多く収蔵した美術館というのを前にTVで紹介されてるのを観て、ココは金沢に行く機会が有ったなら時間を割いてでも観たい場所の俺ミシュラン(ナンだソレ?)3つ星の場所として記憶の中に登録されていたのでありました。
屋外に設置されているオブジェは無料で観ることが出来ますが、今は展示物の入れ替えの最中のようで有料である美術館の中の展示物が半分ほどしか観れないようでした。其のせいか入場料が360円という事でしたので、その値段なら、、、否、芸術家の血が騒いだボクは惜しみなく360円を支払って中に入ったのでありました。┐(´ー`)┌

此の美術館の中庭には名物?であるプールが設置してあります。

金沢21世紀美術館プール 外側

おぉ!、服を着たままのご婦人がプールの中にっ!
ってお約束の驚きのポーズの後、地下に回ってみると

金沢21世紀美術館プール 下側

とまぁ。こんな感じです。

ココの展示物はモダンアートって言うのか、要するに現代の芸術家の人達の作品を展示していて、見た瞬間のインパクトはあるものの心に響くと云うモノでは無いので、何ていうのかな「気持ち」が揺さぶられるという事はボクには無かった。
現代アートって、理屈先行って感じで心が反応したっていう表現ではないのかな?
そういうのは、ボクはあまり好きでは無いようでした。(´・ω・`)
展示物の入れ替え中という事も有って、館内の半分くらいしか観ることが出来なかったので、また金沢に来ることが有れば再訪してみようかなって感じで、俺ミシュラン(だからソレはナンなんだ)の星はそのままにしておこうと思います。

予定通り(否、たいした予定はたててないって)丁度お昼時って事なので、金沢名物の「ハントンライス」を食べに行くことにします。
此の「ハントンライス」発祥の店の一つとされている「グリルオーツカ」が今回の目的の店。
金沢のメインストリート?から少し奥に入った路地に佇むこの店は、何だか寂れた洋食屋という感じでした。混んでるという情報だったのだけど店は空いてました。11時30分という時間だからでしょうか?
何かの名物発祥の店ならば都会なんかじゃ開店前から大行列なのは当たり前なんだけど、全くそんな風ではなく、すんなり席に案内されて、まだ空席もありました。
もしかして店を間違えたかも?なんて思いながらメニューを開いてみると、「ハントン風ライス」っていう表記でした。
半信半疑のまま注文した「ハントンライス」は一見すると普通のオムライスの上に小振りなエビフライと白身魚のフライを乗せてケチャップとマヨネーズ(タルタルソース?)だけの様に見えました。
否、タダのオムライスなワケが無いと一口食べてみると、バターの風味が効いた懐かしい味のオムライスです。なかなか美味いじゃないかと食べ進むうちに、全体的に濃い味のせいか段々飽きてきました。
結構なボリューム感の普通のオムライスの様に感じます。バターのせいか何となく胸焼けのような感じがするようなしないような。
結局はB級グルメというジャンルの料理なわけで、その土地と町の文化、その場所の空気も併せて味わうモノなのだと思います。
漬物とワイン、スーパーマーケットとB級グルメは現地で味わうべし!!と言うところでしょうか。
席を立った時、店の前は結構な行列ができていました。

まだまだ旅の途中であるボク等は、本日の最終目的地である乗鞍までまだかなりの距離があります。子供じゃあるまいしオムライスでああだこうだ言っている暇は無いのです。
急いで車に戻り旅を続けなけれなりません。
車を止めた駐車場に戻る途中に、「世界で2番目においしい焼きたてメロンパンアイスのお店」という、いかにも女子高生向けのB級スイートの店がありました。
硬派な旅を続けるボク等にも戦士の休息は必要です。
女子高生たちに交じってオッサン3人が「メロンパンアイス、3つ下さい」と周りの客より1オクターブ低い声で注文しました。1つ350円でした。イイ値段じゃないか、釣りはイランと350円×3の1050円を大阪のノリで渡して税別ですって言われたらどうしようなんてドキドキしながら渡すオッサン。←ドキドキを女子高生に悟られないよう必要以上にユックリ喋る自分が可笑しくて悲しくて可愛くて。
件のメロンパンアイス、焼きたてのメロンパンにアイスクリームを挟んだものですが、コレはコレでなかなか美味いモノでした。ただオッサンには甘すぎたというか胸焼けがしたというか歳を取りすぎたというか苦いお茶が欲しいというか。
絶対的な年齢の壁を体感したボク等は這う這うの体で車にたどり着き逃げるように金沢を後にしたのでした。

再び高速道路に乗って高山を目指します。車が巡航し始めて安定し始めたとき、何やら得体のしれないエネルギー、というかある種の力がボクに襲い掛かってきました。
まるで時空が捻じ曲がったように目の前の景色が歪みます。
ぐるぐると捻れながら渦を巻いているその中心に吸い込まれていきそうです。危ない!、車を止めてくれ!
抗い難い力に必死にもがくボク。ゴーッッという風切音と渦巻く景色、徐々に薄れていく意識、、、、
ハッと気付くと高山の手前、飛騨清美ICでした。
おお、ワープしたのか? 
あの耐え難い圧倒的な力は3次元時空の歪により発生したエネルギーなのか?
これを応用すればタイムトリップも夢ではないぞ。1.21ジゴワットの電力もフラックスキャパシターも使わず、わずか750円のハントンライスと350円のメロンパンアイスでワープが可能なのだ。
これをもう一度再現して論文に纏め上げたらネイチャーに投稿だ!!!

寝言は大概にしたいものです。

16時過ぎに乗鞍の宿に到着。
早速一つ風呂浴びてビールで宴の0次会。
東京から合流の友人も加わって、宿の自販機で買ったビール飲みながら持ち込んだDVDを宿のTVを占領して映画鑑賞&プチ宴会。
持ち込んだ御摘みでビールが進みます。とうとう宿の自販機のビール・チューハイが売り切れてしまいました。
他の客の迷惑も省みず、まるで我が家の様に振舞うボク等。
こういう行為は他人からすればホント嫌ですよね。
「こんな常連の居る宿には二度と来ない」なんて思うかも。
高度1000mの乗鞍の宿より、海より深く反省。

翌日、高遠の桜が満開らしいので行ってみようかと思案していたら、宿のママより凄い渋滞なのでどうかなっていう話を聞きました。
雨も降りそうだし、今回は高遠の桜は諦めることにして、それぞれ大阪と東京に向けて帰ることにしました。

東京から合流の友人


昼ご飯をどうしようって事になって、これまたアレコレ考えていたら「蕎麦を食いたい」という意見が車内の後席より飛び出しました。
「蕎麦なら福井まで行くか」と既にお昼前になっているにも係わらず、昼飯は「福井で蕎麦」という事になりました。ナビの到着予定時間は15時30分と表示されてます。
「むむ、コレは昼飯の前にプレ昼食が要るな。それに15時30分に店についても既に売り切れ状態かもしれん」と少し心配になり、ダメだった場合の策をひとり考え始めます。
雨のパラつく高速道路のSAでプレ昼食のパンや菓子と飲み物を買い、車で食べたら即出発。
頑張った甲斐があって14時30分頃、目的地である福井の蕎麦屋「げんぞう」に到着。
3人で十合の蕎麦をアッという間にペロリと平らげました。
店に在る蕎麦を全部食べ切れそうな勢いだったけど、この後に来るお客さんの為に蕎麦を残しておこうと今日はこの位で勘弁してやる事にしました。ウソです、決め手となったのは財布との相談の結果です(´・ω・`)ショボーン

無事昼ご飯を食べることが出来て、意気揚々と大阪に向け走り出します。
するとまたあの現象です。あの時空が捻じ曲がる感覚。ぐるぐると渦巻いてるような空間に吸い込まれていく感覚。そして遠のく意識。
気が付くと滋賀県でした。
蕎麦十合では福井から滋賀にワープ出来る事が判明しました。なるほど。。。
草津PAで休憩の後、更に走り始めましたがココでは体内に何も注入しなかった為、ワープは出来ませんでした。なるほど。。。
運転手の目が気になったという事もワープを阻む原因であったと思われます。なるほどなるほど。。。

旅費精算と晩ご飯の為にファミレスに立ち寄り、最後の給油でウロウロ走りまわった後、21時に梅田で解散。
今年も沢山笑って沢山食べて沢山飲んで、本当に楽しい旅になりました。
また来年。というか近いうちにまた。
ワープを使えば乗鞍なんてアッという間ですし。Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク