雨の日にバイクに乗るという事は修行をするという事なんじゃないのか

いよいよ来週に迫った夏ツー。
今日オイル交換してきました。って今日? そう今日。
台風が今夜にも直撃かっていうこのタイミングで、雨の中、合羽着ていつものバイク用品店まで行ってきましたよ。
合羽とレイングローブ、ブーツカバー。万全の態勢で向かいます。
バイクをガレージから出したとき、少し雨脚が弱くなってきました。
オイル交換の作業予約時間は11:30。まだ11時前で少し早い気がしたけれど、このタイミングで行くべしと慌てて出発。
慌てて出発したからかサイドスタンド出しっぱなしでした。
小雨とはいえ道路は完全なウエット。慎重な操作を心掛けます。
大胆かつ繊細とはこの事だと言わんばかりに国道を駆け抜けます、そんな僕の華麗なライディングに魅せられたのか、周りの車はボクに近づいてきません。っていうかヤバい奴に近づくなっって感じですか。
いつものバイク用品店に到着した途端、急に雨脚が強くなりました。
ふふふ持ってるっていうのはコウいう事だと、どういう事かはよく解らないけどズブ濡れのまま店内に入ります。
高速道路のSA・PAやコンビニなんかだと、ずぶ濡れのライダーが入った途端、周りの人々からアパルトヘイト的な視線を浴びせられるのですが、さすがにライダーズスポットと店名に謳っているいるだけの事は有ります。
店員からもお客さんからも暖かい歓迎を受けました。。。ように感じました。(´-ω-`)ス ピー
降水確率100%のこんな時に、バイクで来ているのはボク一人でしたよ。

オイル交換の受付を済ませ地下の休憩所でいつものように缶コーヒー飲みながら雑誌読んでいると、館内放送で呼び出されました。
おや、30分も経っていないのに作業終了?、否そうじゃないな、こんな天気の悪い日にもバイクに乗る様な真のライダーには、是非ともウチがスポンサーになって最新のバイクを進呈しますので、今後はこの最新の超高級スーパーバイクで彼方此方にツーリングに行っていただき、真のライダーの走りを全国の人々に見せつけてください。なんていう申し出だったらどうしよう。
「いえいえ私の相棒は99年式のGSFです。そんな最新式超高級スーパーバイクなんてとてもとても。」
「おお、その謙虚な態度こそ真のライダーである証、ささ遠慮なさらず。ウチのレーシングスーツも進呈しますので、是非ともサーキットに復活していただきとうございます。」
「ボクはもうサーキットを走ることはありません。それならもっと若くて未来のあるライダーにチャンスをあげてください。」
「勇者様、その広い心、人としての器、あなたのような人こそこの超スーパー高級ウルトラバイクに乗るにふさわしいお人だ。」
「ああ、どうか顔をお上げ下さい。ボクはそんな人間じゃない。今日はオイル交換をお願いしに来ただけです。もう作業は終わりましたか。」
「エキパイとオイルラインが邪魔でオイルフィルターが取り出せません。以前ウチでオイルエレメントを交換された事はありますか?」
!、もう何回も交換しとるわボケッ!、サイレンサーのボルト外してマフラー全体を少し下にズラしたら取れますよって最初に説明したやろがアホンダラッ!!
冷たい雨は人の心を狭めます。

小一時間程して作業終了。その時は雨が強く降っていたのだけど、いざ帰ろうとヘルメット被った途端、急に雨が小降りになりました。
やはり真のライダーという妄想、、、いや仮説は本当なのではないかと思います。
ヘルメットを被ったままお店の方を見てみましたが、店員が最新式のバイクとレザースーツを持ってくる気配は有りませんでした。
諦めて小雨のうちに帰ろうと思います。(´・ω・`)ショボーン

台風が近づいてるって事で、暴風雨のなか命がけでオイル交換に向かう羽目になると覚悟を決めていたのですが、結局は大した雨にも風にも遭わず、難なく帰宅できました。
これも普段からの清い行いと徳を積んできているお蔭だと思います。ほら、そんな僕を祝福するかの様にバイクをガレージに入れたら陽が差してきたではないですか。
なにーぃ、一時間ずらしたら濡れなかったんじゃないのか?

羯帝羯帝波羅羯帝 波羅僧羯帝 菩提僧莎訶

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク