木曽路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曽川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。

雨で散々だった今年の夏ツー。
走ってる時間のほぼ9割を合羽着てたかな。
一時は滝業の如き雨の中を走って、まるで修行のような旅。
何か悟って帰って来たかというと、まぁそんな事は無かったのだけど。
だからという訳ではないけど、ボクの夏は終わってないという認識なんで、来月辺りに夏ツーを再度実行すべく、リベンジ大作戦が発動中です。イザ!行かん!

その夏ツー直前に湧き起った仕事が思うように進まず、ズーッとズーッと、夏ツーで雨の中を走ってる時もボクの頭の中から離れない状態で。。。
更にはその前から始まった家庭内の問題も、ボクの心に重く圧し掛かったままで。。。
まぁ家の問題はひと段落したわけだけど。

そんな感じで臨んだ折角の楽しい飲み会も心の底から大爆笑、という訳にも行かず。
なんていうんだろう、気持ちに余裕が無くなるというか、我慢が出来なくなるというか。
先日、友人達と飲んでた時、いつもの様に議論になったのだけど、なんかワケわからなくなって店を飛び出しちゃった。
もう自分自身でも訳わかんない感じ。これってヤバい?
そんななか、元会社の後輩で今は飲み仲間の一人が東京に転勤だという事になった。
コリャ今月の全週末は壮行会&送別会だってんで、頑張って勝手に幹事を買って出た。
彼の為に動いてるようだけど、実は自分を奮い立たせる為でもある。ゴメンな。

此の3連休のうち、一日でもいいからバイクに乗ろうって思ってた。
でも身体が動かない。
気持ちの中には「乗ろう」っていう部分が確かにあるんだけど、どうしても身体が動かないんだ。
多分バイクをガレージから出してしまえば、後はもう勝手に体が動くんだろうけど。
なかなか其処まで行くことが出来ない状態。
ズーッとズーッと、ホントにズーッとモヤモヤしたままなんだ。
家にいるときは仕事の事は考えない様にってしてるんだけど、なかなかそうは行かないよね。
本当にシンドイ。

昨日のmotoGPのレース、バレンティーノ・ロッシが1年ぶりに勝った。
今回はガチの勝負に競り勝った本物の勝利。
見ごたえある面白いレースだった。
少し勇気を貰った。
これに乗じてボクも気持ちの良い勝利を収めたいところだけど、現実は中々厳しいか。

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク