おもしろきこともなき世におもしろく すみなすものは心なりけり

リベンジツーの翌週、こっそり比叡山に行ってきました。
ジムカーナ的な走り(笑)じゃなくて、ワインディングを走りたかったんです。
前週のジムカーナ野麦峠大会(´・ω・`)の時、フロントブレーキを強く掛けたら何ていうのかなジャダー? タイヤが路面に押し付けられるのを感じると同時にダダダダダッて細かく跳ねるような現象が何度かあったんで、それを確認したかったというのも有りました。

比叡山に着いたら何人かのライダーが走ってました。やはりツナギ着て走ってます。
山を走る、というか攻めるならツナギ着た方がイイんだろうけど。
山道を何度か行ったり来たりして下山。帰りは琵琶湖大橋渡って、栗東ICから高速に乗ります。勿論栗東ICのループも楽しく走らせてもらいました(笑)
あれ?ジャダーの件はどうなった?

リヤブレーキにリターンスプリングを付けたくて、イロイロ考えてたらこういうの見つけました。

Gクラフト (Gcraft) リアマスターシリンダー用リターンスプリング ブラックGクラフト (Gcraft) リアマスターシリンダー用リターンスプリング ブラック
()
G クラフト

商品詳細を見る


ニッシン製のマスターに適合って書いてあったから丁度イイやって注文しました。
届いたのを早速取り付けようとしたら、微妙にサイズが合わなかった。(*`д´)キーッ
当初の予定通り、マフラーのスプリングを使う事にしよう。

AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) マフラースプリング STD(ラバー付) 自由長80mm 1ケ P-S1AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) マフラースプリング STD(ラバー付) 自由長80mm 1ケ P-S1
(2011/05/30)
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ)

商品詳細を見る


3ポジションのバックステップの空いてるネジ穴にボルト差し込んで、そのボルトとブレーキペダルのリンク部分とにマフラースプリング掛けたらイイ感じなんじゃないかと。
しかしマフラースプリングのフックの径が若干小さくて、ブレーキペダルのリンクに引っ掛からないぞ。
じゃあって事でペダルのリンク部分にWリング入れて、そこにマフラースプリング掛けたら、、、あかん今度はスプリングが長すぎる。Σ(゚Д゚)ガーン
で、今度は少し短めのマフラースプリングを買ってきて掛けたら、今度はバッチリ。 

AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) マフラースプリング ショート(ラバー付) 自由長60mm 1ケ P-S2AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ) マフラースプリング ショート(ラバー付) 自由長60mm 1ケ P-S2
(2011/05/30)
AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ)

商品詳細を見る

ペダルの戻り具合も市販車並みになりました。
ただスプリングが強すぎるのか、Wリングが少し開き気味。Wリングじゃなくて丸カンにしてみようか。
ボチボチ工夫していきます。

リターンスプリング

でこのペダルの感じを確かめたくて、今週もまた比叡山行ってきました。
ブレーキペダルの感じを確かめるだけなら態々比叡山まで行かなくてもイイんじゃないかと思うけど。
なんか3週続けてバイクに乗ってるな。ライダーらしくなってきたじゃないか。
こんなに毎週比叡山に通うなんて、まるで修行しに行ってるようなもの。この調子で1000日続けたら悟りも開くんじゃないかな。そうなったら「やまちん上人」と呼んでくれたまえ。

このプチ改良でペダルを踏んだ感触は凄く良くなったのだけど、踏み加減が解らない。10何年もリターンスプリング無い状態で乗ってたから無理もないか。でもこれは直ぐに慣れる事だと思う。
ところで肝心のブレーキジャダーはどうなったのか?
意識的にリヤブレーキを先に掛けてからフロントをギューッて掛けたらあまり出なくなった感じがしたけど、果たしてそれが正解かどうかは不明。
リターンスプリングの事もあってリヤブレーキ意識しすぎて強めに掛けすぎたりするものだから、フロントに荷重乗らない感じもしたりして。スピードも落ち過ぎて何だかイマイチ。やっぱりスプリング強すぎ鴨
行き当たりバッタリでテストしてもイマイチ傾向が掴めないね。予めテストパターンを想定して臨むってのはエンジニアの鉄則な筈。そこんとこ踏まえて来週また。ってもう止めとけよ。

スポンサーサイト

どっどど どどうど どどうど どどう 青いくるみも吹きとばせ すっぱいかりんも吹きとばせ どっどど どどうど どどうど どどう

雨で散々な目に遭った今年の夏ツー。
いっそ無かった事にしてやりたいくらい。
まぁでも、楽しい事も有ったし、ずぶ濡れのツーリングも今となってはいい思い出なわけで。

ただ思いっきり走れなかったのは如何しても悔いが残ってしまって、これを何とかしてやりたくて密かに企てた夏ツーリベンジ大作戦。
この10月の3連休に決行してきました。

前の週に台風接近で大荒れだった日本列島、今週は台風一過で秋晴れの爽やかなツーリングになると期待したのだけれど、まさかの台風19号発生。
しかもこの三連休に日本直撃!
嵐を呼ぶ男として名を轟かせたボクだけれど、正直これ程だとは思わなかった。
いっそ車で、、、なんて思いもよぎったけれど、高気圧がえらく頑張ってくれてるようで台風の進み具合が思ったより遅くて、こりゃ若しかしたら大丈夫なんじゃないかって思えてきた。
土曜日と日曜日は間違いなく晴だけど月曜日がヤバい?って感じ。でも最終日の月曜は早めに帰阪すれば問題なさそう。
ってワケで予定通りバイクで出陣することに決定。

迎えた土曜日、いつもの様に草津PAに6時集合って皆に伝えたのだけど、また遅刻。4時に目が覚めたけど中々動き出せなかった。
結局予定より45分遅れて出発。草津PAには6時15分着となりました。申し訳ない。
いつもの様に草津PAのコンビニ前のテラス席で朝飯食いながらの作戦会議。
今日の朝食はサンドイッチとモンスターエナジーで、まだ目が醒めきってない頭に喝を入れます。
夏のツーリングの時に行けなかった有峰林道とか、この三連休のタイミングで開催されている松本のそば祭りに行くのかと思いきや、今まさに起こっている御嶽山の噴煙を観ようって事になりました。
御嶽の噴煙を観るなら開田高原が蕎麦も食せてイイのではないかという事で、中央道の伊那ICから権兵衛トンネルでR19に出て開田高原。そこから野麦峠越えて乗鞍っていうルートに決定。
先ずは養老SAを目指して走り出します。気候もイイせいかバイクも多いです。って言うかハーレーに乗る人達が多いです。追い抜いても追い抜いてもダダダダッと煩い音を出すハーレーが現れます。
あの、夏の暑い日や大雨の日には全く見かけなかったと言ってイイような人たちが大発生しています。
後で調べたところによると、どうやら白樺湖でハーレー系のイベントが有った様子。なるほどね。
ああいった人達って基本はキャンプなんだろうか。ほとんどの人がテントやマットを積んでいたような印象。そういうのも楽しそうだけど。

伊那ICで高速降りて権兵衛トンネルを潜ってR19号にでて開田高原へ。
開田高原といえば蕎麦。丁度良さそうな蕎麦屋を探しながら走っていたら、入り易そうな店を発見。すかさずウインカー出して店の駐車場に入ります。
店の駐車場から逆光ですが御嶽山が見えました。噴煙も確認できます。

そば処まつば


何の下調べもなく飛び込んだ蕎麦屋でしたが、お昼時という事もあって少し待たされました。
ココです→http://tabelog.com/nagano/A2007/A200701/20007976/
少し悩んでざるそば2枚組を注文。出てきた蕎麦は喉越しのイイさっぱりとした蕎麦でした。
美味い蕎麦でしたが取り立てて特徴もない味で、2枚目の後半から飽きてきちゃいました。
次に来る機会が有るなら、う~んどうしよう、とろろそばにしようかな。

蕎麦屋をでて少し走ったところにある長坂峠の駐車スペースから真正面に御嶽山が望めます。
これも逆光で見えにくいですね。

御嶽山


開田高原側から御嶽山の写真撮るなら午前中の早いうちじゃないと、って感じですか。

御嶽の噴煙を堪能したら、もう後は乗鞍の宿に一刻も早く到着して風呂に入って、ビールでプハーッとするだけです。
兎に角乗鞍に一目散。野麦峠へのタイトな道をジムカーナの様に右左と切り返しながら駆け上ります。
ダイナミックな中高速コーナーを腰を落として回るのも楽しいけど、こういう忙しなく切り返すタイトな道をリーンアウトで攻めるのも実は大好きなワケで。
気が付けば無我夢中でトイレに行きたかった事も忘れて攻め込んでしまいました。
でもまぁ途中からはトイレに行きたい一心で走っていたのですが。
峠の駐車エリアでトイレ休憩の一服。
お、手塗り2号氏オランジーナを自販機で購入、これをこぼさないように峠を下るつもりか?  って飲み干してんじゃん。
ココまで来たら乗鞍はもう目と鼻の先。峠を下っていつもの道を走っていつものスーパーで夜の御摘み仕入れていつもの宿にチェックイン。
速攻で風呂に入ってビールでまったり。このひとときが溜まらない幸せ。他のお客さんとの他愛無い語り合いも結構楽しいものなのです。
こういう風に初めて会った人とも自然に話が出来るというのもこの宿のイイところなのだと思います。
あれ?何だか足腰が怠いぞ。ジムカーナ野麦峠大会のせいか? 立ち上がる時に「よっこらしょ」とか「あ痛たた」なんて思わず声が出るのは如何なものか。
晩ご飯の後、宿にキープしていたボトル(宿にキープって)を飲みなが夜更かし。寛ぎスペースの電気を消して回るのもボクらの仕事(笑)


2日目、今日は白骨温泉に浸かったら14時からTVでmotoGP観戦。
朝飯食べたらノンビリ準備して白骨温泉へ。
連休だからなのか、白骨温泉の露天風呂は芋の子を洗うような状態。
今回はグループでの入浴が多かったのかな、ガヤガヤと煩い感じがドウにも耳障り。
あと、お湯の温度がぬる過ぎ。夏はイイけど、この時期は寒いよ。9月のプール授業って感じ。一度浸かってしまうと出れなくなります。
また来年の夏に期待、、、否、来たい。
1時間半程浸かって退散。乗鞍の三本滝まで写真撮りに行こうって事になりました。
乗鞍エコーラインを駆け上り三本滝のレストハウスでコーヒーブレイク。
スキーシーズンはスキーヤーで賑わうレストハウスを(スキーの)オフシーズンに訪れるっていうのも何ていうか旅の趣というか、いとをかし、、、みたいな。
って感じでダラダラしてたらもう13時40分、早くしないとmotoGPが始まってしまう。大急ぎで宿へ。
宿に戻ると、赤ちゃん連れの家族と外人さんのグループ。
をお、保育園と乗鞍留学?なんておもったら宿泊でなくカフェのお客さんでした。
宿のTVでmotoGP観戦と持ち込んだDVD鑑賞。満室でお客さんが多かったら観れないななんて思ってたけど、台風のせいでキャンセルがあったのかな、宿泊客はボク等ともう一人だけでした。
って事で遠慮なくDVD鑑賞。
手塗り2号持参の「永遠の0」を観ました。
以前、ココで紹介した本を映画化したものなのですが。本を読んだ後では感動、というか衝撃もイマイチに感じます。(※効果には個人差があります)
晩ご飯の後、またキープの酒を飲むのですが、どうにも怠くてラウンジでTVを観ながら少し横になりました。どうしようもなく足腰が怠いというか痛いというか辛い感じ。
この怠さは熱出してるのかな、ヤバい感じもしたりしなかったり。
少し寝てダイブ回復したけどなんか体調イマイチ。
夜中にF1ロシアンGP遣ってた。なんでこんなに詰まらないんだ?これは体調のせいではないよな。
解説者の主語の無い独り言のような呟きが腹立たしい。あれは解説なのか実況なのか。
ノバの人のフォローが無ければ殺意を覚えるような話っぷり。F1ファンはアレを有りとしているのか?
全く理解できん。フジTV、F1をまた盛り上げたいなら再考するべきなんじゃないか?
CSの日テレG+で遣ってるmotoGPの放送&解説は非常に面白いと思うのだけど。
フラフラの状態でラウンジの電気を消して回ります。これはボク等の仕事なんで(^▽^;)

3日目。残念ながら朝からしとしと雨模様。
予想通りと頭では理解するものの、やっぱり気持ちはブルー。
午後からは大阪辺りも暴風雨圏内って事でドタバタ準備して9時半には宿を出発。
安房トンネル超えたら雨脚弱くなって時々晴れ間も見えたりして。
この隙にって感じで高山ICから高速乗ってガンガン距離を稼ぎます。
関SAで昼食摂ろうって思ったけど中々の混雑ぶり、バイクの給油だけしたら養老SA目指して直走ります。
しかし養老SAも結構な混雑っぷり。車の人、走ってる間は濡れないんだから、飯食う間は濡れて食え!なんてワケの解らない感情が湧き起ってくる自分に憐れみと戒めを。
兎に角SAは人が多いから人の少ないPAで飯を食おうっていう事で、空きっ腹とささくれた心で再び走り出しました。
台風の進み具合と自分自身の濡れ具合が気になってPAに入るタイミングを逸してしまいます。
結局草津PAまで走って来ちゃいました。
タイミングよく雨も上がって食堂の席も空いていたんで昼食を食べる事にしました。
席の横で合羽脱いでたら食堂のおじさんが「雨は大丈夫でしたか」と声を掛けてくれました。
雨の時、いつもはアパルトヘイト的な対応を受けるボク等なのですが、この時ばかりは普通というか、ライダーとしての気遣いを受けたことに何となく幸せを感じて、旅する事の素晴らしさを噛みしめた瞬間でした。
こういうチョットした事で元気が出るというのもツーリングの醍醐味だと思えます。
昼飯食べたらコーヒーも飲まずに家に向かって一目散。
京滋バイパスでは少し風が強くなった感じもしたけど、台風の大きな影響も受けずに無事帰宅。
家に着いた途端、携帯にエリアメール。近隣に避難準備情報だって。雨もドバーッって降ってきたし。
間一髪だったな。

最初はヤバい鴨って思った今回のツーリング。
月曜日は合羽着て走ったけど、大した雨にも台風の風にも悩まされる事なく、土日は素晴らしい天気に恵まれ、秋晴れのツーリングを満喫出来ました。

今回の走行距離、852㌔
飲んだビール、8.45㍑(3人で)
飲んだ焼酎、0.9㍑(3人でですよ)
飲んだウコンの力、6本(だから3人でですって)
使用燃料量、46.75㍑(コレはボクの分だけ)
平均燃費、18.21㍑/㌔(勿論ボクの平均燃費)

また次回、乗鞍には近い内に。

今回のタイトル引用は、アレですよアレ















えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終圧えつけていた。焦燥と云おうか、嫌悪と云おうか― 酒を飲んだあとに宿酔があるように、酒を毎日飲んでいると宿酔に相当した時期がやって来る。

今週こそはと意気込んでいた比叡山。
残念ながらというか案の定というか、やっぱり行けなかった。
だいぶ弱ってるのかな。かなりシンドイ。
金曜日は堪らず、レッドブルでドーピングしたくらい。

チョット気になってることがあって、この何日間か臨床試験というか試してることがあるんだ。
最近発売になったコレ→http://www.asahiinryo.co.jp/products/carbonated/mitsuya_plus/
既に日課になってるコークハイの後、コレで割ったハイボールを飲んだら、ナンかフラフラすることがあって、おや?コレは低血糖起こしてるのか?なんて思って、その後何度かそんな状態が続いたもんだから、本当に低血糖なのかそれともチョット酒が多かったのかを検証しようとするのだけど、毎回酔っ払ってしまうんで実験にならない状態です。現段階の仮説は体調イマイチの状態での飲み過ぎたと考えられますが、あくまで仮説です▼・ェ・▼
なのでこの週末の土曜日の朝、若干フラフラする状態(←二日酔いじゃないよ)だけど朝ご飯の時にこれを飲んだら、やっぱりフラフラしてそのまま寝込んじゃった。
まぁ夕方には8割がた復活したんだけど。
結局のところコレ飲んだらフラフラするのかどうかは未だ判明してないので、もうしばらく実験を続ける必要があると思うわけで、、、という訳でコークハイの後のサイダー割りという日々がもう暫く続くわけで、、、コレは実験なので仕方ないというか、コレから此の商品を飲む人の為の重要な情報というか、人類の為というか地球の為というか、、、ただ飲みたいだけの言い訳というか。

永年乗ってる車を定期点検に出しました。車検の時に定期点検もセットになったコースでお願いしてたみたい。
車屋に持って行ったついでに、新発売のコレ→http://clicccar.com/2014/07/28/263083/ の情報聞いてみようって思ってたら、向こうから勝手に見積もり書出してきた( ̄ー ̄)vニヤリッ
10月10日発売だって。
値段は、、、チョット高いな。20年乗れる車なら考えないでもないけど、、

来週の3連休は夏ツーのリベンジ大作戦発動日。
台風一過で秋晴れのツーリング日和になるはず。って処に新しい台風発生。
天気の心配もあるけど先ずは体調を整えないと。
はてさてどうなる事やら。



盗作って言われる前にネタばらし。
タイトル引用 梶井基次郎 「檸檬」
以前の奴は、、、知らんぷりしとこ( ̄ε ̄ )

 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク