ねぇマスター作ってやってよ、涙わ~すれるカクテル♪ お、何故ここでシミケン?(´・ω・`)

見た目も動きも渋過ぎるボクのブレンボラジアルマスター。
見た目の渋さはこのままでイイのだけれど、動きが渋いのは困りもの。
中のシール類が劣化しちゃってる鴨って、いつものショップに補修部品の注文に行ったんだけど、シールだけの販売はしてないそうで。
ブレンボの輸入代理店に問合せて貰ったら、使用年数を考えたらオーバーホールした方がイイですよだって。

オーバーホールの納期はだいたい1か月。それじゃクリツーに間に合わない?
どうしたものか。

所謂レーシングパーツなわけで、頻繁にメンテナンスと調整が必要なパーツなのかな。
耐久性ってどうなってるんだろう。
いっそ新しいのと交換してしまおうか。レバー比の違うのがデリバリーされてるんで、それも使ってみたい。

てなわけで今日、フロントマスターの交換をしてきました。
以前使っていたのは、φ19でレバー比が20mmのヤツ。
で今回は同じ径でレバー比を18mmの物にしてみました。
取り付けを依頼する直前、店のショーケースに並べてあったビレットのマスターが目に入りました。
今まで付けていたマスターは型鍛造の物で、コレはコレでカッコいいのだけど削り出しボディの物は更にCOOLなオーラを醸し出してます。
ボクのGSFのクラッチ側のマスターはこのビレットのマスターが付いてるんで、どうせならブレーキマスターもビレットにしたい所。
またココで悩み始めるボク。値段が段違いなんだけどね。
ニコニコしながら辛抱強く返答を待っている店員さん。
う~ん、折角なのでこのビレットの方でお願いします。と言ってしまいました。
フルードタンクやらブレーキランプスイッチやらミラーホルダー等、使えるパーツは今のマスターから移植してもらう事で交換を依頼。
作業時間は2時間の予定。地下の待合室で雑誌を読みながら気長に待つことにします。
今日はこのショップでKTMの試乗会をやっていて結構賑わってました。コーヒーも無料で振舞ってくれます。ラッキー!
ワイワイと賑やかな試乗会場の横の椅子に座って貰ったコーヒーを啜っていたら、ピットから呼び出しが掛かりました。
何事?って慌ててピットに向かうと、フルードタンクのダイヤフラムが変形しちゃってるんで交換した方がいいですよ。って事でした。
ダイヤフラムだけ売ってるんですかと聞くと、タンクとセットです。う~ん、仕方ないんでタンクの交換でお願いします。と追加注文。
更に、フルードは如何いたしますって聞くんで、ブレンボのフルードをオーダーすると、案の定これも追加注文でした。キ~ッ、家から持ってくりゃ良かった。(#゚д゚メ)

地下の待合室に行って作業終了を待つことにします。
作業開始から1時間程経った頃、店員さんがボクの処に来て、ブレーキランプスイッチが干渉するのだけど、スイッチ部品の干渉する部分を削るか、干渉しないタイプのスイッチと交換するか?と問われます。
チラッと干渉しないタイプのスイッチのパッケージを見ると¥6,000なんてふざけた値段が書いてあります。
しかし今まで付いてた此のスイッチには結構苦労させられました。これを削って付けたりなんかして更に苦労する羽目になる鴨。干渉しないタイプの奴は其の辺り、具合が良さそうに見えます。
ええ~ぃ、此れも交換でお願いしますと。また言ってしまいました。

予定より1時間オーバーして作業終了の呼び出し。
受付で提示された値段にゾッとしました(( ;゚Д゚))
結局流用できたのはミラーホルダーだけでした。今年の冬の寒さは、さぞかし身に沁みる事でしょう。

交換した新しいマスター
ブレンボ・ラジアルマスター

ク~ッ、カッケ~!
これでまた盆栽度数UPです。

今回はレバー比を18mmの物に変更したんで、前の20mmよりストロークが増える分コントロールしやすくなってるのか?、その感触を確かめるため回り道して帰ります。
新品のマスターなので前の物とは直接の比較にはならない鴨しれないけど、動きがスムーズでリニアに感じます。ストローク量が増えたから?
凄くコントローラブル。値段相応とも思えます。ブレーキングの度にニヤケテしまうボク。交換してホント良かった( ̄ー ̄)ニヤリ
前に付けてたマスターは今度バラしてみて、中のシールが終わってたらオーバーホールに出そうかななんて思います。

家に帰って今度はリヤマスターのリターンスプリングを交換。
プッシュロッドにチョット大きめのワッシャーを噛ませてバネを仕込みました。

リターンスプリングVer.2(笑)
リターンスプリングVer.2

前回のマフラースプリング流用より弱いバネなので、此れもコントロールし易くなってると期待。
来週辺りに比叡山で確かめようかな。ってなんで態々比叡山?


スポンサーサイト

可いか、宮さん、一月の十七日だ。来年の今月今夜になつたならば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから。 尾崎紅葉「金色夜叉」

秘密の紅葉スポットに案内してくれるという友人の申し出で決まった今回のツーリング。
当日まで何処に行くのかは本当に秘密のままでした。

前日は体調崩して下痢までしていた。仕事場の自分の机とトイレの往復だった1日。明日はヤバい鴨、、、なんて思いが頭を過ぎる。
仕事場のトイレの紙、粗悪なのか良いモノなのかは解らないけど硬い紙質で、こう1日に何度も拭くとお尻のエグゾーストバルブがヒリヒリして堪りません。
これ以上拭く羽目になったら、たとえ下痢が治まってもお尻がヒリヒリしてバイクに乗れない鴨、、、等とまた余計な心配が。
良い季節なんで下痢が収まったらヒリヒリしてもバイクには乗りたい。限界への挑戦である。一日中ハングオフの姿勢で乗れば問題ないか? 
目にも違和感。朝コンタクトレンズがポロッと外れた。あ、コレは使用期限越えて使ってたんだった。ほらボクって物を大事にする方だから。。。
あらゆる事に対して限界に挑むボクであるので。

迎えた土曜日、朝起きた時に何となくお腹に違和感があるものの下痢は治まってる様子。お尻のエグゾーストバルブ周りのヒリヒリも何ともなくなって正常の状態に戻ってます。でも無理は禁物。
念の為、朝飯も御粥と梅干にするという念の入れようだ。用意周到なボクなのである。
冷たい牛乳でバシッと目を覚まして、さらにお腹にも喝をいれ限界に挑戦したい所ではあるが、コレは失敗した場合、人間の尊厳が失われる恐れがあるから、、、

朝9時30分に名神桂川PA集合という事で、8時半に家を出たら余裕だなと思いダラダラと準備。
予定通り8時半に家を出るが高速道路のジャンクションで道を間違えて逆方向に行っちゃった。ウキ~ッ。
茨木インターで一旦高速を降りてUターン。再び高速に乗ります。
結局9時半ギリギリで集合場所に到着。あらゆる事に対して限界に挑むボクである。

京都東ICで高速降りて国道161バイパスに入り朽木方面に向かいます。どうやら秘密の紅葉スポットは朽木方面のようです。
鯖街道の鯖ずしの誘惑を断ち切りながらひたすら走って到着した秘密の紅葉スポット。うひょ~素晴らしい。
まだ一部だけの紅葉らしいのだけど、写真に撮るならコレで充分。

朽木紅葉スポット

写真のテクニック的な問題が大きいのだけど、目で観た映像が写真に撮れないジレンマ。
目に映る感動を写真に写す技術ってかなり難しいと思う。

昼ご飯はまたしても道の駅のカツカレーうどん
今回はカツカレーうどん830円にうどん大盛り+100円&ごはん150円
お腹の調子もいいので限界に挑戦。(´・∀・`)ヘー
うどん大盛りが結構なボリュームで一瞬たじろいだけど、勇者やまちん余裕の完食。
しかし食後のコーヒーは辞退してお茶にする。←(´‘c_,‘` )プッ 、ビビってんのか?

その後、地図で調べながら周辺の紅葉スポットを訪ね回るも全くの不発。
もっとジックリ検討してからルートを決めるべき?
いやいや、行き当たりバッタリなこういう旅もツーリング。日帰りの半日ツーリングでも道を探りながら走ったお蔭で、結構な充実感と疲労感が有りました。
フロントのブレーキマスターの不調も疲労感を助長した原因。
ボクのフロントブレーキマスターはブレンボのラジアルマスター。見た目はもともと渋いのだけど、最近動きもシブい。

brembo(ブレンボ) フロントマスターシリンダー ラジアルタイプ 固定式 10.4760.60brembo(ブレンボ) フロントマスターシリンダー ラジアルタイプ 固定式 10.4760.60
()
brembo(ブレンボ)

商品詳細を見る


一度ブレーキレバーを握ると、ブレーキディスク噛んだまま引きずってしまう現象。ブレーキ握ったら放すタイミングで指でレバーを戻さないとダメな状態。
あれだ、コーナの進入時にブレーキ引きずったまま倒し込むというのがこのマスターだと自動的に行われるという事だ。流石ブレンボ、玄人好みである。(;´Д`)
前にもこんな事あった気がする。また今回もマスター分解してオーバーホールが必要なのか。

暗くなる前に帰りたかったけど、陽が落ちるのが随分早くなったね。家に着いたのが17時半頃。既に辺りは真っ暗。
革ジャンにインナー付けてヒートテックのシャツまで着ていったけど、かなり寒かった。って他のみんなはもっと着込んでいた様子。
ほら、ボクって限界に挑む質だから、、、


翌日の日曜日。車の試乗に行く。
車屋から試乗車が準備出来たので乗りませんかと連絡があったんでイソイソと出かけてきました。
http://www2.nissan.co.jp/NOTE/note_nismo_s.html

久しぶりのMT車、クラッチ踏むのは何年ぶりだろう。
最初は緊張したけど、動き出したら身体が勝手に反応しました。
ヒールアンドトゥもダブルクラッチも無意識に遣ってました。考えるな感じろ。。。ですかブルース・リー師匠( ´_ゝ`)フーン
楽しい、楽しすぎる。やはり車はマニュアル車だ。なんて、空いてる道を自分のペースで走るならそう思うだけ。渋滞の中や疲れてる時は、、、

このニスモ、もう少しパワー有っても良いような気がしたけど、この位が気を遣わなくて済むのかも。
レスポンスもイイし音もイイ。トルコンやCVTじゃないダイレクト感が気持ちイイ。
試乗車にはオプションのスポーツシートが付いてた。これはなかなか良いホールド感。ポジションもバッチリ決まる。
ただシフトレバーが遠い、というか低い。1速の位置だと腕をいっぱいに伸ばすような感じになってチョット違和感。2速以上はそうでもなかったけど。
いい言い方をすれば、バランスよく纏めましたって感じ。否な言い方だと特徴のない乗り味って事か。
やはりノートにこの値段は、、、ニスモっていう名前が付いていてもチョット厳しい?
チョイと高いがイッチョ限界に挑んでみる?Σ( ̄△ ̄;) 
う~ん、悩む。って悩むのか?


私は涙を出まかせにしていた。頭が澄んだ水になってしまっていて、それがぼろぼろ零れ、その後には何も残らないような甘い快さだった。 伊豆の踊子 川端康成

今週は端っからノンビリしようと決めてた。
天気予報でもこの連休は雨だって言ってるし。
そうだ、長らく行っていないボクの書斎の大阪本店(笑)にも行こう。
んで録画してた映画も観よう。
兎に角、三連休だ。時間はたっぷりなのであるから。

土曜日、結局起きたのは昼前。
ダラダラ過ごして午後おそくに梅田の本屋、、、否、ボクの書斎(笑)へ。

http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=7622

おおっ!表紙が塩森君ぢゃぁないですか!あ、否、友達でもなんでも無いのだけど。
この頃の乗り方というかライディングフォームが恰好イイって思うのはオッサンだからか。
頭がバイクのセンターに有って顎引いてシートの後ろの方に乗って。
今とは全然違う感じ。バイクそのものの作り方とか考え方、方向性が違うんだろうけど。
身体がバイクよりイン側に入って肘まで擦る様な乗り方を、昔は「猿乗り」って誰かが言ってた気がする。ケニーが言ってたんだっけ?

去年と今年のチャンピオンのマルクマルケスのライディングは衝撃的で、とにかく速くて凄いセンスを感じるんだけど、ナンかね、観ていてあんまりワクワクしないんだ。ボクは。
最近ロッシも似たようなライディングフォームになってきた。

http://blog.goo.ne.jp/ducati-mu/e/4ea7a835671eecd1509c5cef75e22cf6

若い頃のロッシのライディングは、おかしな表現かもしれないけど爽やかなライディングだった。
バイクに乗るのが楽しくって仕方ないって感じで、観ているボクも楽しかった。
だけど今は必死のパッチって感じ。
若い世代のライダー達と遣り合うのだから、そうなっちゃうのは仕方の無い事だろう。
30台半ばだし全盛期の様には行かなくなってるんじゃないかな。自身の感覚と体の動きと神経の反応のギャップを感じてるんじゃないかと思う。
なのにライディングを今のバイクにアジャストさせて2回も優勝してしまうのはさすが「生きる伝説」。いやホント素晴らしい。
なんて思いを巡らしながら結構長い間立ち読みしてた。で結局買わなかったけど。

家に帰って録画してた映画を観る。

ガッチャマン
http://youtu.be/e8pd6PWgHpI


元々はアニメだった奴を実写でリメイク。
キャシャーンもそうだったけど、ストーリーに色々と理屈付けて何だかんだとこんがらがせて。特に何もいう事は無いです。

サマータイムマシン・ブルース
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9

ドタバタコメディ?
最初はワケ解らん展開というか駒割りで、変な拘りのB級映画かなんて思ったけど、だんだん面白くなって結局は最後まで楽しく観れた。
タイムトラベル物だけど、実際にタイムトラベルするのは昨日。前日と今日でドタバタする話。バカな感じが最高。


曲がれ!スプーン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B2%E3%81%8C%E3%82%8C!%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%B3
これもドタバタ物
http://youtu.be/UXcRGqJDYvI


クリスマスイブに恒例で集まる地味なエスパーのパーティーに偶然交じってしまった非エスパーとTV局のADの話。
先のサマータイムマシン・ブルースと同じくヨーロッパ企画の舞台がベース。
ドタバタで仄々なので安心して観れる。
クライマックスはもっと感動的でも良かったのでは?っていうかもっと感動的にして欲しかった。


スウィングガールズ
随分前に観たけど、また観た。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA

うん、面白い。
↓はクライマックスのシーン。思わず身体でリズムとってしまいます。
http://youtu.be/ZDhLJeU455w



他にもゴジラ対ガイガンとかゴジラ対ヘドラってのを見たけど、う~ん、」なんだろう懐かしさみたいな印象しかなかった。
映像に映る街の様子や車があの頃でいとおかし。
↓この歌は子供心に覚えてます。
http://youtu.be/Kh7VD-UpY0I




以前から遣りたいと思ってた事。
愛用のバックをカスタマイズ。

ボブルビーPDS4

これをヴァレンチーノロッシ風にカスタマイズ
要するにサイドのレールとフック類を黄色に変えてイメージチェンジ。

先ずはボルトを外してレールを外します。シェルとハーネスがバラバラに。

ボブルビーPDS1

レールとフック類を黄色で組み直し。

ボブルビーPDS2


バラすより組みなおす方が楽にできます。取り付けるボルトの順番にコツ有り。ふふふ。
カスタマイズした愛用のボブルビー・ピープルズ・デライト・スポーツ。

ボブルビーPDS3

おお!、ヴァレンチーノ・ロッシ其の物ぢゃないか!

46っていうステッカー貼ってたりしてるから、なんかそういう番号のついたアイドルグループのファンと勘違いされそう。っていうかよく間違われている気がしなくもない。ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!

なんかどうでもイイ写真ばかりの様な気が、、、

だらだら過ごしてたら三連休はあっという間に過ぎ去ってしまった(´・ω・`)


 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク