愈々その時はやってきた。のか?

今週末の土曜日はポカポカ陽気だけど日曜日は雨という予報。
ポカポカ陽気ならイッチョ走りに行ってみようかなんて。。。
その土曜日の朝、寒くて動く気にならず、結局走りに行く予定は取りやめ。
今年の初ツーリングは先延ばしになりました。

先週の週末は久しぶりの墓参り。
奈良の生駒に在るお墓に行く道は、夜な夜な走り屋が集うスポットで結構なワインディング。
墓参りに行く際、この道を楽しく走るのだけど、ボクが楽しければ楽しいほど同乗の家族から非難の声を浴びせられるワケで。
そんな非難の声も、エンジンの唸りに掻き消されて話半分くらいにしか聞こえませんけど。
その楽しい筈のワインディング、久しぶりに走ったらナンか楽しくなかった。
カーブで車が安定しないんだ。
20年乗ったラルゴ、サスのダンパーが効いてないんだろうね。
ダンパー交換したら復活すると思うけど、他にも彼方此方ガタが出てるし。
愈々って事? そう、愈々なワケです。
その話はまた後日。

久しぶりだった墓参りの帰り、ラーメン屋で昼ご飯。
これまた久しぶりの「神座
石焼天津チャーハンってのをラーメンとセットで注文。
この石焼天津チャーハンが熱くて熱くて。
口の中の天井やけどしちゃって、1週間経った今でもまだ痛い。
それと、ナンだろうな以前ならペロリと平らげるくらいの量な筈なのに、結構厳しかった。
腹ペコで挑んだんだけどな。
それに、久しぶりに食べた「神座」は、以前ほど「美味い」って思わなかった。
これは「神座」の味が落ちたわけでなくて、ボクの体調と久しぶりで期待を膨らませすぎたせいかも。
何よりショックなのは、沢山食べる事が出来なくなったという事。
基本的に苦手な食べ物が無くて、苦手が無い=無敵と言っていいボクなワケだが_φ(* ̄0 ̄)ノ
無敵なだけに、沢山食べれないのは、ナンだかとても悲しい事の様で。
ボクもいい歳なんで、腹八分目にしておくのが吉、って話です。
バイクで走る時も、自分でコントロールできると思うスピードの八分にしとけって、ボンバーのおっちゃんも言ってた。←誰だよ
「けっこうそれぐらいが本当の限界だったりするもんだ」。だって。
なるほどなるほど。
此れからは、バイクもご飯お酒も、そしてクルマも歳相応にするべき時期なのでしょうね。( ̄ー ̄)ニヤリ
スポンサーサイト

天満は宇宙の摂理を感じ取ることが出来る街なんじゃないかと思うのだけれど

なんか瞬く間に過ぎ去ってしまった1月。
一か月ってこんなに早いもんだった?
今までで一番早かったんじゃないか。ギネスに申請してみたらどうだろう。
ついこのあいだ初詣だ新年会だって言ってたような気がする。
この調子で行けば、来年の正月は真夏の頃に来るんじゃないかと思われ。
となると、盆休みはGWとぶつかるかも。長期休暇か、、、何処に行こうか♪

先週の土曜日、大阪くらしの今昔館っていう、大阪市が運営する博物館に行ってきた。
昭和30年代の家電の展示ってのを地下鉄の駅の広告で見つけて、行ってみたいって思ってたんだ。

お客さんが少なくて閑散としているかと思いきや、結構な人出。
特に江戸時代の街並みを再現したフロアーは大賑わい。
しかし何となく変な感じ。
周りの人々が話す言葉が日本語では無かった。
どうやら着物が無料で借りれて、再現された町並みで記念写真を撮ることが出来るようで、そういうのが外国人に人気があるのかな。
江戸時代の古い町並みの中で日本の伝統的な衣服を着た外国人に囲まれた数少ない日本人って、シュールで不思議な感じ。
企画展示の昭和レトロ家電の所で、昔の電気炊飯器を見ているとき聴こえてきた隣の国の言葉。
一瞬、南大門市場(いや東大門市場か?)に来たかの様な錯覚。
展示物も面白かったけど、そういう錯覚に陥る事が出来たのが面白かった。
もう一度行こうとは思わないけどね。
ミュージアムを出て飯を食いに行こう、イイ機会だからJR天満駅北側のディープなエリアに踏み込もう、って事になった。
狭い処に店が犇めき合う商店街。ココは昭和の商店街を再現した街並かって思うほど。
いや南大門市場にワープしてしまったのか?ってまたもやおかしな感覚に陥る。
良さそうな焼肉屋に入って宴の開始。
隣のテーブルに欧米人らしきグループ。
その一人が着ていたTシャツに「高杉晋作」の辞世の歌「おもしろきこともなき世におもしろく」っていうプリント。
攘夷の志士の辞世の歌を、その対象である欧米人が着ているという、これまたシュールなシチュエーション。
天満、実に面白い。

2軒目は梅田の立ち飲み屋に移動。
立ち飲みって面白いよね、店のマスター?や他のお客さんと時事ネタで盛り上がる。
電気ブランをロックでグイグイ。
〆はラーメン食べたのかな。そこまでは覚えてる。
気が付いたら電車の中。降りるべき駅を何個か過ぎたところだった。
慌てて降りようとドアに駆け寄ったけど目前で閉まってしまった。
いちばん後ろの車両のいちばん後ろのドア。女性の車掌さんと目が合ったときナンか言われたようだったけど聴こえなかった。
次停まった駅で降りたとき、その車掌さんから「頑張ってください」って言われた。どういう意味?
タイミングよく反対方向に行く電車が来て、寒い中あまり待たずに乗る事が出来てラッキーって思ってたら、また乗り過ごした。
酔っ払ってる時座ったらダメだな、どうしても寝てしまう。あ、頑張れってそういう事?

時間が経つのが早かったり、過去にタイムスリップしたり、隣の国にワープしたり、降りる駅を何度も飛び越したりと時間と空間がぐちゃぐちゃな1月だったという事で今回は〆る事にしましょうか。










 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク