「4輪のレースに出たのは今日がはじめてです。2輪は僕の命です」  大藪晴彦「汚れた英雄」 

5月も下旬の週末、やっと真面にオートバイに乗りました。
滋賀の土山まで蕎麦を食べに行くツーリング。
蕎麦の後は、牧場のアイスクリーム。あ、ジェラートって言うのか。
結局のところ、行って帰ってきただけのツーリングだったのだけれど、仲間と一緒に走るのは楽しいよね。

日頃というか日常にストレスを感じてる時、いつも頭に浮かぶのはオートバイでツーリングするイメージ。
田舎道なんかをトコトコ走りたいとか、峠道を左右にヒラヒラ切り返しながら走りたいとか。
要するに、日常から逃れたいみたいな意識がオートバイに乗りたいという気持ちになるんだと思います。

「旅」というのは非日常の状態になる事だと、所謂「旅モノ」の本に書いてました。
なるほどその通りで、一人で出掛けたとしても、仲間と一緒に行ったとしても、若しくは旅行会社のツアーに参加したとしても、旅に出るという事は、日常とは違う生活をするという事なのです。
そしてオートバイに乗るという事も、ボクにとっては非日常の状態になることなのです。
例え泊まりで行くロングツーリングでも、1日だけのショートでも、プチツーでも「旅」に出るという事になるのではないでしょうか。

てなわけで、今週末も一人で走って来ました。
ええ、いつもの山坂道
しかし朝は確信犯的に寝坊。いつまでも布団の中でゴロゴロウトウト。折角の休みなんだからユックリしようぜなんて、オートバイに乗るんじゃないのか?
結局家を出たのは11時頃。
この時間だと、道が割と空いてる感じ。ナンの引っ掛かりもなく比叡山に到着。
バイクで来るのは半年ぶり。最初は感覚が掴めなくて身体がついていかない。っていうか目がついていかない。ヤバい?Σ( ̄□ ̄lll)!!
パーキングエリアで缶コーヒー飲んで少し休憩。
写真でも撮るかとポケットに手をやってみたら、あ忘れた、、、否、違う、非日常の世界に浸るためには携帯は不要。って事にしよう。(´・ω・`)
携帯が無いと何となく不安になるのは、まだまだ若い証拠か?
携帯忘れたことは忘れることにして、気合を入れて走り出します。
丁度お昼時だからなのか、走ってる車も少なめ。
オートバイでローリング、、、否、行ったり来たりしてるのもボク一人。
すれ違う車のドライバーや団体旅行のバスで来てるオジサンオバサン、バイクで走り回ってる若造が居るなって思ってるかも。
お生憎様だけど、若造じゃなくて、いい歳したオッサンなのですよ。携帯忘れてソワソワしてるけどね。
行ったり来たりしてるうちに徐々に調子が出てきたけど、自分自身では納得できる走りじゃないな。
考えてみたら、ブレーキのマスター交換してから初めての山坂道。
以前とはブレーキの感覚が違ってる。
握り始めはストロークの伸びた分、コントロールし易いように思ったけど、奥の方で急にガツンって来る感じ。
これに慣れたらもっと楽しく走れるんじゃないかと。
コントローラブルなのは確か。
あとやっぱり、減速の時強めのブレーキングでツタタタタタってジャダーが出る。
ディスク交換の時期かな。
だんだん車が増え始めたんで、そろそろ退散。
いつもの様に琵琶湖大橋渡って、栗東ICの270度ループ2回攻めて、草津PAのコンビニ前のテラスでサンドイッチとコーラで遅めの昼ご飯。
1人で走ると、こういう休憩時間が寂しいな。いっちょメールでもしてみるかとポケットに手をやってみたら、あ忘れた、、、否違う、非日常の世界に浸るためには携帯は不要。って事にさっき決めたんだった。←もうイイよ。
仲間と走るのも楽しいけど、一人で走るのも気楽でイイなと、コーラのゲップで鼻がツーンって成りながら思いましたとさ。

ホンの170㌔しか走ってないのに、高速道路かっ飛び&山坂道ローリング(あ~あ、自分で言ってるよ)のせいか、結構ハードなツーリングでした。
近い内にまた行こう~っと。

スポンサーサイト

「癪にさわるったら、ありゃしない。」と、乳母のお浜が、台所の上り框に腰をかけながら言う。 下村湖人「次郎物語」


今年のGWは後半に5連休。
連休初日、例年の通り此の時期に南港のATCで遣ってる「村田和人と杉真理」の無料ライブを観に行く。
今回は14時と17時の2ステージだそうで、多分メインは17時?
でもボク等は予定がギッシリ詰まってるんで(嘘、否、嘘じゃない。飲みに行くだけ←此の飲み会が今日のメイン)、17時からのステージはPASS。
しかし5月なのにこの暑さ。日差しも強くて目がクラクラ。
結構日焼けしたみたい。

ATCライブ2015

2ステージだからなのか14時からのライブは1時間で終了。
少し物足りなさを感じつつも早々に退散。
チョット陽に当たりすぎたかも。ズキズキと頭痛が。
梅田に出て16時から飲み会。頭痛が吹っ飛ぶくらいハイペースでハイボール。
2軒目の店では、葡萄の蒸留酒?を飲み放題でガブ飲み。
3軒目は何飲んだ? ハイボールともつ鍋だっけ?
狭い店だった事しか印象に無いな。
4件目は立ち飲みで、多分サングリア飲んだ気がする。曖昧だけど。
電車の中でで目が醒めたら、丁度降りる駅。うひょー間一髪。

2日、嵐山高雄パークウェイに走りに行く。
昨日一緒に飲んだ友人と二人で行く予定だったけど、都合が悪くなったみたい。
結局一人なので少し早目に家を出る。
第二京阪を快調に飛ばす。
アウディのセダンが結構飛ばしてる。丁度イイ感じのペースメーカーなんで後ろに付けさせてもらう。
料金所過ぎて大きいコーナーが連続する辺りから飛ばさなくなった。覆面の警戒? え、直線番長だった?
京滋バイパスに分かれる辺りから大渋滞。ナビは京滋バイパスに入って京都縦貫道に入れって言ってる。
でも今さらあの渋滞してる車線には入れないんで、真っ直ぐ第二京阪を進んで阪神高速京都線で上鳥羽辺りまで。
そこから京都市内を西に進んでR171とあと名前の知らない道をナビの指示通り進むと、かつてよく通った道に出てきた。
松尾大社の手前で川沿いに右折。しばらく進んで渡月橋の前でまた右折。この道を走るのは何年ぶりだろうか。
高架橋降りたら徐々に山の中。でそこに嵐山高雄パークウェイの入口。
料金所でETCのカード見せたら¥150引き。
値引きするより、ETCゲートつけてくれた方がイイと思うのだけれど。

ホントに久しぶりの嵐山高雄パークウェイ、久しぶりに加えて車で攻めるのは初めて。と言っても良いくらいだと思う。
比叡山と違って、道幅が狭くてグルッと回り込んだコーナーが多い。
確かにバイクだと凄く楽しい道だ。
車だと、、、道を覚えたら面白い鴨。まあそれはバイクでも同じ。
ハンドルとアクセル、ブレーキ、クラッチ、ギアシフトと忙しない感じで操作、全く道を覚えてないんだ。
覚えてる部分も、バイクとは感じが違うんで、覚えてないのと同じ。見てからの反応だからどうしてもドタバタした操作になっちゃう。←ならペース落とせよ
トランクルームの荷物がバタバタ煩いなと思ったら、しまった実家に持って行くつもりのビール2ケース積んだままだった。
う~ん「藤原とうふ店」ならぬ「やまちん酒店」だな。
実家でビール開けたら炭酸全部抜けてたりして┐(´―`;)┌

嵐山高雄パークウェイ

以前なら、バイクでビッシリだった駐車場。
土日祝は2輪ダメなんだって。
近い内に平日休み取ってバイクで走りに来たいんだけど、何となくムリポ。。。

薄汚い(失礼、年季の入った)AE86が爆音まき散らして走ってます。
走ってる時も2度ほどすれ違ったけど、速いのかな。チョット付いて行ってみたい気もした。
Uターンの場所探しながら走ってたら、出口直前でPA発見。すかさず入ってみると、なんとそこにはAE86だらけ。
86のオフ会? そんなに集まってるのに走ってるのはさっきの薄汚いボロボロの(失礼、年季と気合の入った)86だけか。
う~ん、恐るべし漫画の力。
ボクがPAの中、AE86軍団から注目の視線を浴びながら徐行して停める場所探すのだけど、86だらけのPAにはボクが停める場所は有りませんでした。
仕方ないので、PA素通りして来た道を戻ります。これじゃホントにローリングしに来たヤツみたいじゃん。

ボクの車にはVDC(TCS機能含む)っていうシステムが搭載されていて、要するにタイヤが滑ったりするのを防ぐシステムなんだけど、コレが安定したコーナーリングを助けてくれてるみたい。
何度かコーナーで突っ込みすぎたり、出口でアクセル早く開けすぎたりしても、システムが丁度イイところで制御してくれる。
逆に言えば、此のシステムをOFFにしないと限界は越えられないって事。う~ん、峠でOFFにするのは恐ろしいな。

再びUターン出来る所を探しながら走ってると、入口の料金所まで来ちゃった。
ここであからさまにUターンするのもなって思い、今日は退散することに。
京都縦貫道を使うと、嵐山って意外と近い感じ。また走りに来よう。
京滋バイパスから第二京阪を気持ちよく飛ばす。
と一番左の車線に怪しい車発見。減速しながら怪しい車の様子を伺いつつ、一番右の車線から真ん中の車線に移動。
するとその車、ボクのクルマのミラーの死角に入った。ふっ、そういう動きが怪しいっての。
暫く周りのクルマと速度を合わせて走ってると、次のICでその車は降りていきましたとさ。

怪しい車の居ない平和な高速道路を快適に飛ばして帰宅。。。の前に、腹が減ったんでCoCo壱でカレーを食べる。
期間限定のささみカツカレーだって、久しぶりのCoCo壱を堪能したら、ついでにいつものバイク用品店を覗いて帰宅。
ヘルメットがそろそろ、っていうか既に賞味期限切れ。
アライのRX-7Xってのが近々出るらしいんで、それを見てから決めよう。

連休3日目は実家に移動。
梅田の茶屋町付近で、いきなり右車線からタクシーが飛び出してきた。
急ブレーキと急ハンドルでタクシーをかわす。
ABSの作動を感じながら急停止。あエンジンも止まった。ってコレはクラッチ踏んでなかったからか。
アブねー、って横見たらタクシーの運転手、笑いながら謝ってた。笑い事じゃないだろ。(#゚Д゚)オラー
反対側見たら、歩道でそのタクシーを呼んだとみられるオジサン、ボクの方見て真面目な顔で謝ってた。
オジサンの真面目な顔に免じてココは黙って立ち去ろう。
実家では、久しぶりに王将の餃子とビールで極楽極楽。さらに皿うどん、エビマヨ、チャーハンと進み満腹地獄。
ウヰスキーとコーラを良い調子で飲んでたら、いつの間にか眠ってた。

4日目、両親乗せて清荒神詣でと五月山まで墓参り。
両親乗せてるから、あんまりスピードは出せない。急な車線変更も禁止。って自分に言い聞かせる。
飛ばすより緊張した。
緊張して運転したせいか、5日目は何もする気になれず、天候のイイこの季節の貴重な一日をダラダラと過ごす。
何もする気にならないのは、明日からまた仕事が始まるってのもある。

は~っ、連休も終わりか。5日間なんてあっという間に終わってしまうよね。(´・ω・`)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク