「バイクはいいよな、いやなこともみんな後ろに吹き飛ばしてくれる。」ぺぺ・ラセール 「赤いペガサス」村上もとか

毎年恒例の夏のロングツーリング。
ロングと言っても1000㌔程度なのだけど。

その夏ツー、今年は9月のシルバーウィークに決行。
決して真夏に走るのが辛いというワケではない。断じてナイ!と声を大にして言いたい。

9月の下旬という時期は、着る服に迷う。朝晩は冷え込むし昼間は陽があたると暑い。
で、重ね着で対応することにする。
今回準備したアイテムがコレ。→http://pro.rs-taichi.com/product/RSU264.html
防風はもちろん防水で、更にコンパクト収納。
もう雨が降ってもヘッチャラだ、一昨日来やがれ。

いつもの様に朝6時に草津PA集合。PAのコンビニ前のテラス席で朝食会議。
そしていつもの様に、特に何かを議論するわけでもなく、走行ルートの確認と次の休憩ポイントを決める程度の打ち合わせ。
寝坊して遅れるって連絡のあった仲間を待ちながら、ダラダラとお喋り。
遅れようが前倒しだろうが全然問題なし。大体がスケジュールなんて無いんだから。
おお、NOプラン、NOスケジュール。素晴らしい響き。ボクも早くスケジュールに縛られない悠々自適な生活を送りたいものだ。

第一日目の予定は、「やまびこロード」を走ろうって事だけしか決まってない。否、決まっているワケじゃない。
まあだけど、何となく「やまびこロードを走るんですよね」っていう雰囲気なんで、何となくその方向で決定。
一路、東海北陸道の「ぎふ大和IC」を目指して出発。
しかし今年の秋は早いのか、朝の高速道路は極寒だ。防寒インナーを着てきて良かった。。。っていうか、こんなに寒いなら皮ジャンで良かったんじゃないかと。。。

この後の行程を考えて長良川SAで給油。給油だけのつもりがダラダラとお喋り。ボク等のツーリングはいつもこんな調子。
1時間走って1時間休憩。本当にツーリングする気あるのか?
スキーに行った時も、スキー場滞在時間は6時間程だけど、滑ってるのは3時間も無かった気がする。
レストハウスでずっとビール飲んでたなぁ。。。(遠い目)

右側車線をノロノロ走る車を蹴散らしながら順調に進む。
附と違和感を感じて前のクルマのペースに合わせて走っていると、左車線を走るクラウンのドライバー、ヘルメットを被ってた。おっとっと覆面だ、ヤベー。
その覆面がPAに入ったのを見届け、更に進んで「ぎふ大和IC」
「やまびこロード」に入る所がイマイチ自信無かったんだけど、案ずるより産むが易しって事なのか直感で走って正解。おぉニュータイプ覚醒か?

以前から走ってみたい道だった「やまびこロード
今回ざっと走ってみた印象は、、、う~ん、普通でした。工事のトラックが出入りする部分が多かったのも何となく興醒めの印象。
もっと紅葉が進んだら印象も違ってくるかも。

空腹を感じながら昼食ポイントを目指す。
荘川から清見までが遠く感じる。何度か走った事があるはずなのに全く記憶にないぞ。地形が変わったのか? 温暖化の影響?
正午過ぎに高山の国八食堂に到着。しかし既に凄い数の待ち行列。
その待ち行列を見た瞬間、即目的地を変更。この速さは最新のナビでも追いつけないんじゃないだろうか。
国八食堂の駐車場を素通りして、前回目に留まって気になっていたラーメン屋に移動。
ココだ→http://j47.jp/ibuki/
駐車場の隙間にバイクを停めてそそくさと入店。運良く空いていたテーブルを占拠。
腹ペコだったこともあって,ボリューム感のありそうな「豚骨醤油ラーメン」をオーダーしたのだけど、う~ん、豚骨が邪魔かもって感じ。
ココは素直に醤油ラーメンが良かったのかな。次来ることが有るとすれば醤油ラーメンにしてみる可能性があるかもしれないと思うんじゃないかという感想。

食後のコーヒーを高山市を抜けた処に有るコンビニで所望。
コーヒーを飲みながら、ボクのヘルメットを、今回一緒に走る友人のCBRに乗せてみる。

スペンサー&CBR

ビックリするくらい似合うじゃないか(´・ω・`)

宿にチェックインするには早過ぎるんで、乗鞍の三本滝に行ってみる事になった。
乗鞍へ向かういつもの道をいつもの様に駆け上る。更にエコーラインの三本滝レストハウスまで一気に走る。
こういう山道を、走る事だけに集中している時が兎に角楽しい。

乗鞍に来るようになってもう随分になるけど、この三本滝は未だ見たことが無かった。
一般車両の来ることが出来る、エコーライン終点の三本滝レストハウスの駐車場にバイクを停めて、そこから滝までは徒歩で向かう。
軽い気持ちで向かったのだけど、コレが思ってたよりキツかった。クソッ、10年前なら余裕だった、、、ハズ。

三本滝

ヘトヘトになってバイクを停めたレストハウスまで帰還。
かなり足腰に来てる。もう歩きたくない。
風呂上がりのビールの為に我慢していた水分補給だけど、堪らずココで摂取。
暫しの休憩の後、いつものスーパーで御摘みを仕入れて、16時にいつもの宿にチェックイン。
一っ風呂浴びた後、極楽ビールで旅の無事を感謝しつつ乾杯。
晩ご飯の後は、テレビの前に陣取っていつもの様に焼酎で二次会の開始。そしていつもの様に飲み潰れ、、、、第一日目の終了。


第2日目
一緒に走った仲間の一人が、明日は仕事だそうで今日帰る事に。
あらゆる引き止め工作も虚しく、本人の意志は固いようで。
御岳スカイラインまで一緒に走って、そのまま帰る事になった。
って事で、御岳スカイラインを目指すことに。
道がイマイチ解らないんで、宿のPCでルートを調べる。
何となくのルートを頭に入れて出発。多分何とかなるでしょう。

気候が良くなったせいか、バイクの人が結構多い。
テンションの高い人も多いようで、元気なピースサインを返してくれる人も沢山。イイね~、ツーリング感たっぷりだ。
ボクの場合、すれ違うライダーに対しては、軽いお辞儀で挨拶をするのだけど、今回は大半のライダーがリアクションを返してくれた感じ。
米国製のスカタンスカタンと煩いバイクに乗った人や、ドイツの高級バイクに乗った人は、ノーリアクション率が高め←やまちん統計

御岳スカイライン(村道41号)は、以前行った事のある御岳スキー場を走る道で、ココね→http://www.mapion.co.jp/m2/35.84284077,137.54593765,16/poi=L0362471 実際に行ってみたら何となく見覚えのある道で、殆ど迷うことなく進むことが出来た。
しかし凄い道だ。ゲレンデ内を走るエリアに入ったら、ヘアピンカーブの連続。く~っ堪らん。

御岳スカイライン

何台かのツーリングバイクを蹴散らし追い越しながら頂上の田の原のレストハウスへ。
そこのレストハウスでは、ライダーに対する心尽くしが嬉しい感じ。
ライダーは食後のコーヒーがサービスだって。

スカイラインの来た道を駆け下る。
この下り坂がまた楽しい。
コーナーに向かってバーッと加速、ブレーキングポイントでスッとブレーキング&シフトダウン、ブレーキを緩めつつ倒し込んでコーナリング、立ち上がりでアクセルをガバッと開ける。
文字で書けばこれだけだけど、その間にも路面の状況、先行車や対向車の有無、身体の位置、頭の位置、視線の向き、力を入れる部分、抜く部分とイロイロな処理作業。
この事だけに集中して走ると、それ以外の殆どの事は頭から飛んで行ってしまう。←処理能力をオーバーしてるだけなんじゃ。。。
こういうのが、ボクにとってバイクが「非日常」の状態になるという事なのかも。

御岳を下りきって、仲間の一人が帰路に向かう分岐点に到着。
ボク等は乗鞍の宿に向かうべく左へ、大阪へ帰る仲間は右へ。
無事帰宅を願う。家に帰るまでがツーリングだぞ。
県道20号を開田高原へ向かう。
他県ナンバーのクルマを追い抜きながら直走り、野麦峠へ。
ジムカーナの様に切り返しながらガンガン峠を昇る。
と左目のコンタクトがポロリ。あ、外れたコンタクトが左目に下瞼に引っ掛かってる。
ちーッ、峠の駐車エリアまで急いで行って、コンタクトを目に戻さないと、下瞼に引っ掛かってるコンタクトが干からびる。
おらおらおら!!、ノロノロ走るオフロードのヤツ、退け除けィ!とスパトラのマフラーを装着したバタバタ煩いオフロード二人組を纏めて蹴散らし、一目散に峠へ向かう。
峠のトイレの洗面所で左目のコンタクトを無事救助。今日2回目のポロリだ。このコンタクトは家に帰ったら交換しないとな。

御岳スカイライン、野麦峠と今日は峠道お腹いっぱいの状態だったから、ココからはゆっくり帰ろうってことで野麦峠を下り始める。
と前を走る集団に追いつく。
一番後ろのバイク、マフラーの音が煩すぎ。でしかもペースが遅い。
って思ったら、道を譲ってくれた。
道を譲ってもらったら、スパッと抜いてサッサと見えなくならないとカッコ悪い。
なので、お腹いっぱいの峠道だけど、また飛ばす羽目に。
山道満腹だけどシャカリキ走っていつもの道を走って宿まで。
宿の入口で、今日から合流するもう一人の仲間がお出迎え。
結局今日は220㌔程走った。しかも殆ど山道。いやもう峠道はお腹いっぱい。ああしかし腹減ったな。

第3日目
9月20日から一泊で参加した仲間は、今回バイクの調子が悪いそうでクルマで参戦。
うん、クルマでも何でも来てくれたことに感謝。参加することに意義がある。とクーベルタンも言ってるしな。
でもクルマで来ることがもっと前に解っていれば、もっといろんな人に声をかける事が出来たかもなんて、「たられば」的な思いもあったり。
だってほら、クルマならバイクと違って便乗できたりするし。

10時過ぎに宿を出発。この宿って毎回キチンと出発を見送ってくれるんだよ。「おもてなし」だよね。こういう心使いで、また来ようって思うんじゃないかな。
バイクとクルマの並走は無理が在るかもしれないんで、取り敢えず目的地を決めて出発。
先ずは昼飯ポイントとして、せせらぎ街道に有る蕎麦屋を設定。
が思った程の渋滞もなく、昼食場所の蕎麦屋に到着。
その蕎麦屋もお客さん沢山居たけど、殆ど待ちなしで席に着くことができて、例の何の葉っぱを揚げたのか判らない天ぷらの付いた天ざる蕎麦をオーダー。うん今回も何だコリャな天ぷらで楽しく美味い。
昼飯の後は気持ちよくせせらぎサーキット、、、違う、せせらぎ街道を走って道の駅「パスカル清見」でコーヒーブレイク。
其の後は郡上八幡まで辛抱走行。郡上八幡からは高速道路で関SAまでひとっ跳び。
ココにきてやっとシルバーウィークらしき混みよう。クルマの人はSAに入るのも一苦労。
バイクは悠々パーキング。
少し長めの休憩を摂って、給油ポイントの養老SAへ向けて出発。
例の如く追い越し車線をノロノロ走る車を蹴散らしながらカッ飛んで養老SAへ。
養老SAでは給油のみのストップ。続けざまに草津PAまで混んでる高速道路を小僧の様に飛ばす。
イイ歳して小僧みたいな飛ばし方は見っとも無いんじゃないかって、自分の中のある部分では思うのだけど、どうしても抑えられない事って有るよね。
まだまだ若いッて事?←精神的にガキって事だよ。

渋滞の名神を能動的にすり抜けて草津PA。
ココのコンビニ前のテラス席で、今回のツーリングの余韻に浸りながらしみじみ。
一か月程時期はズレたけど、今年の夏ツーもいよいよ終わりに近づいた。ここから家までは約30分。しかし家に帰るまでがツーリング。もうひと頑張り。
出来ることならもっともっと旅を続けたい、なんて思いも湧き起る。
いつまでも旅してる状態を[放浪」というのだけれど、そういうのに憧れが無いわけじゃない。でももうボクは「放浪」するには歳をとりすぎたし柵も多いように思う。
歳はともかく、柵を捨てればいつでも「放浪」に近い旅が出来るかも。。。なんてね。
非日常である「旅」も「放浪」まで行くと、旅そのものが日常になって「生活」という柵が発生する。それを許容するというか受け入れるには、ボクは歳をとりすぎたんだろうな。
みたいな事を、酒の酔いによる刹那的な非日常の世界に浸りながら、いつまでも小僧のようなオジサンはあれこれ想いを巡らせながらコレを書いてるワケで。

今回も身体と免許が無傷で帰れたことに感謝。
また来年。いや次の連休?
























スポンサーサイト

「罪業もとよりかたちなし、妄想顛倒のなせるなり、心性もとよりきよけれど、この世はまことのひとぞなき」 親鸞

イタリアのタイヤメーカーのピレリが出してるスマホアプリの→コレ
コレを発見してどーしても試してみたくなったんで、今週は予定してなかったけど、また比叡山に行ってきた。

先週に比べて体調も随分良くなったようだし←他人事? 天気も良いしって事で意気揚々と出発。
念のためレッドブルでドーピング
しかしガレージから引っ張り出すバイクは相変わらず重い。う~ん、次回はモンスターエナジーにしてみようかな、缶もデカいから効きが違う鴨←イヤそうじゃナイだろ。

土曜日のお昼前という時間は割と車が少ないような感じで、大した渋滞にも嵌らず順調に進んで比叡山」に到着。
先週は走るコースの途中が工事中で興醒めだったけど、一週間たったし大丈夫だろうって高を括ってたら、まだ工事中だった。ちーッ。
その工事の信号に引っ掛かったりするけど、走ってるクルマは少ないんで、データ取りには丁度イイ。
早速アプリを起動して走り出す。
取り敢えず様子見で1往復。ズボンの前ポケットにスマホ入れてたんだけど、何となく其れらしい数値が記録されてる。
スタート時刻、走行時間、最高速度、平均速度、最大バンク角。ん~中々ここでは晒せない数字、あ、最大バンク角は39.9°って出てる。
よし、じゃもうチョット攻め込んでみようって何往復かしてみてログを確認。えっ、最大バンク角が67.2°? motoGP並だ、でもこれは何かの間違い。ズボンのポケットだからか?
ボクの新しいタンクバッグはスマホを入れるポケットが着いてるんで、次回はココに入れて測ってみよう。

当たり障りのない部分のスナップショット
20150912比叡山LOGデータ2

計測データはグーグルマップにマッピングして表示されたりして結構面白い鴨
峠道の山の中は、おや?って感じの所があるんだけど、高速道路なんかは割と納得する情報が記録されてる。
いや、ココで晒すわけにはいかないんだけど。

ヤバいな、山に通ってしまいそうだ。ドライブウェイの年間パスってないのか。


「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」 親鸞

先週の伊勢神宮ツーリング、鈴鹿スカイライン経由で行くルートを計画していたのだけど、その鈴鹿スカイラインが大雨の影響で通行止めだった。
そのため国道1号の鈴鹿峠を通るルートに急遽変更。
結局は神宮のお参りと「赤福氷」食べてずぶ濡れで帰ってきただけのツーリングだった印象。
ずぶ濡れは仕方ないとしても、ワインディングが走り足りなかったのは残念。

夏の初め頃から、何となく体調がイマイチな感じが続いてて、先週のずぶ濡れで結構なクリティカルヒットを喰らったような状態だった今週のウィークディ。
シンドイながら歯を食いしばって仕事してたら、あっという間に週末。
この気怠さをバイクに乗って風圧で吹き飛ばして遣ろうかと、重い身体に鞭打って比叡山まで一っ走りを企む。

カラッとしたいい天気で、バイクに乗るには打って付け。
重いバイクをガレージから引っ張り出す。何だろうな、日に日にバイクが重くなっていくような気が。。。気のせい?
いつもの道をいつもの様にかっ飛んで比叡山。
自身と路面のコンディションの様子を探りながらドライブウェイを登り始める。
路面は全く問題なしだけど、やっぱり体調が良くないときは、身体が重くてリズムに乗れないな。
って所でゆっくり走るプリウスに行く手を阻まれる。
調子がイマイチの今日のボクでもこのペースは遅すぎ。
山道の運転でイッパイイッパイなのか、お喋りに夢中なのか全く周りを見てない様な感じ。
パーキングエリアまでは仕方ないかなと思ったとき、工事中で片側相互通行の信号。
う~ん、ローリング、、、違う、行ったり来たりする部分の途中で工事中とは興醒めだな、なんて思いながら赤信号確認してブレーキを掛けたとき、
前を走るプリウス、その赤信号無視してそのまま走って行った。
をいをい、ダメなんじゃないのって停止線で停まって様子を見ていたら、案の定前から対向車が。
あっ危ない!って思ったけど、ゆっくり走ってたお蔭なのか寸での所でぶつからないで停まった。信号見落とし? やっぱり周り見てなかったんだな。
信号が青に変わってボクがスタートすると、工事中の道の真ん中で停まってたプリウス、ハザード出して先に行けの合図。やっと周りが見え始めたのか。

頂上のパーキングエリアで少し休憩して、一往復。
やはり身体が重いしリズムも悪い。途中の片側相互通行の信号で停まる羽目になるのもリズムを崩す要因。
こんな日は無理しないで早めに切り上げて帰った方がイイ鴨。
結局2往復して下山。って2往復したんだ。
渋滞の国道をすり抜けて琵琶湖大橋を渡る。空気が乾いてるせいか橋の上からの眺めは絶景。湖上の風も気持ちイイ。
栗東ICのループ、2回ともオールクリアで走れた。でも調子はイマイチ。
草津PAで遅めの昼食。やっぱり結構シンドイ。早めに切り上げて正解。
京滋バイパスから第2京阪。右側の追い越し車線が混んでる。なんで追い越し車線をノロノロ走る?
仕方なく左から追い越す。追い越しながらその車のドライバーを見る。たいていのドライバーは追い越していくボクを見ない。左から追い越される事に無頓着。という事は自分がどういう状況なのかを意識していない。
情けない話だけど、日本のクルマ文化の低さを物語っている。

クルマメーカーのマツダが、TVCMで運転姿勢の大切さを謳い始めた。以前からクルマの運転は楽しいって言ってたメーカーで、其の辺りは流石だと思う。
相変わらず、愛知県のメーカーのCMでは、人気タレントの≠ㇺ夕<が腕をピンと伸ばしたドライビングスタイルで運転して出鱈目さを晒しているけど。
日本を代表するメーカーがそういうCMを流してる時点で、日本のクルマ文化の向上は望めないと思うわけで。
運転するのが楽しいって思うためには、先ず運転姿勢。そして周りの状況を把握する。ってことなんじゃないのかな。
後ろから速いクルマが追いついてきたら、一旦左に車線変更すれば済むこと。速いクルマが追い越したら右に移ればイイだけでしょ。
そうすることで、抜く側も抜かれる側も嫌な思いをしなくて済む。簡単じゃないか。
だいたいが、ずっと追い越し車線を走るのは違反ですよ。→通行帯違反
っていうか体調不良での運転は自粛するべきじゃないのか。



 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク