「カミナリ族を決め込む夜、ココは因果なドライブコース、病院坂のツバメのように、凄いスピードで駆け抜ける。」 横山 剣 「透明高速」

木曜日、クルマ屋から修理完了の連絡をもらって、週末に受け取りに行く旨を伝える。
その週末の土曜日。朝一番で整形外科へ診察に。
診察は9時からだけど、早めに入って早めの順番で診察してもらおうって勇んで病院のドアを開けたら、既に待合室は満員御礼。
人生の諸先輩方が大集合。お、おはようございます。
受付の順番待ちノートに名前を書いて、ペーペーのボクは待合室の端っこで静かに時の流れに身を任す。
この待合室の中では最年少かと、何となく若者を気取る。
1時間半程して診察開始。
痛みは随分マシにはなったけど、小指はまだもう少し腫れてる。
レントゲン撮って前回の映像と並べて見せてもらいながら、先生の所感を聞く。
「だいぶんくっ付いてきてるけど、日数的にもう少し掛かるだろうね。」
骨折ってそんなに時間が掛かるものなのか、ボクが高齢だからなのか?
コノ病院内じゃ若いつもりだったのだけど。

午後にクルマ屋へ行く。
ホントに綺麗に修復されてた。
おお、ジャパンクオリティ。
ここが凹んでたなんて信じられない。いっそ無かった事にしようか。
いやいや、許しても忘れない。

家に帰ってから、以前から遣ろうと思ってた事。
シフトノブのロゴマークに色を付ける。
ボクのノートNISMOにはクイックシフトなるものにカスタマイズしてあるのだけど、その際シフトノブも交換してある。
クルマ屋に勧められるまま取り付けたコノGTシフトノブ。チタン製で渋いのだけど、ロゴマークがエンボスで書かれてるだけ。
そのエンボスの部分に色を付けようって魂胆。

田宮の模型用塗料を買ってきてイソイソと色塗り作業。
う~ん、このにおい。うんこのにおい?←小学生か(笑)
中学生の頃よく作ってた田宮の1/12スケールのF1プラモデル
その時使ってたのがこのタミヤカラー。エナメル系の塗料でラッカー系とは違ってツンと来ない。
何日も掛けて作るF1のプラモデル。その間ずっとコノ匂いがしてた。
1/12スケールのデカいプラモデルなので、各部はかなり精密。
ボクはコノ精密なプラモデルのサスペンションやエンジン部分を作るのが大好きだった。
あれほど好きだったクルマやバイクのプラモデルも、実際にクルマやバイクに乗るようになったら作らなくなった。
誰しもそんなモンかな。

なんて思いながら塗ったシフトノブ。
GTシフトノブ

赤い所にムラがあるな。それに全体的に色が薄い気が。。。
また今度、気が向いたら上塗りしよう。

この替えたシフトノブ、ノーマルに比べて細い握り。
純粋なスポーツカーみたいに、シフトレバーが高い位置にあって、シフトノブを横から握るにはピッタリくるのだろうけど、
ノートみたいにシフトレバーが比較的低い位置に在って、斜め上から握る感じになる場合、もひとつしっくりこない気がしたり。
丸いタイプに替えてみようかなんて。。。慣れの問題?

↓はノーマルのシフトレバーASSY。

ノーマルシフトレバー

クルマ屋で交換してもらったとき、「元のパーツはどうします?」って言われたんで、「じゃぁ持って帰ります。」って引き取ってきたのだけど、使い道ないし邪魔で仕方ない。
品の無いインテリアくらいにしかならないか。



在沖縄米軍 基地外での飲酒禁止の記事
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160527/k10010536761000.html

最初見たとき、キ○ガイの飲酒禁止かって思った。そんなのは端っから禁止だろう(#゚Д゚)オラー



中国 G7首脳宣言に「強い不満」表明
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160527/k10010537791000.html
この国(っていうかキョーサントー)、内側からしか物事が見えてない。一党独裁で捻じ曲げられ腐れ切った中華思想。
この自分勝手な言い分は、まさに世界のジャイアン。
十六億人?の国民全体で、内側から体制を潰さないと変わらないんだろうな。
そしてチューゴクキョーサントーは、それを一番恐れてる。



YAMAHAがライディングロボットを開発中。
一切改造していないストックの状態のR1を、ロボットが状況判断してライディング。
ロッシに挑戦するのが目標だそうで。
驚くと同時に喜ぶロッシ。自分のデータを提供すると申しでる。
対戦時には過去の自分と対決?
https://youtu.be/4dUb5T7DU-Q




地下鉄の駅で見かけた壁一面の広告。

オリ達

オリ達とはオリックス達って事か。
第三者がオリックス達って言ってるなら、何も気にならないし面白くもない。
自分達の試合広告だから、オリ達ってのはオレ達っていう事か。
だとしたらダサ面白い。大阪ならでは。近鉄がらみなら「大阪奈良」では。
調子も上がってきてるんで、交流戦で挽回を期待してる。オレ達からオリ達へ祈りを込めて。


スポンサーサイト

GWは骨折り損のくたびれ儲け?


今年のGWはイイ感じの日取り。5月の2日と6日に休暇を取れば、ナイスなバケーション。
残念ながら6日の休みはチョット遠慮するべき雰囲気だったけど、2日は休みなさいって感じだったんで、大手を振って有給取得。
7日間に渡るロングバケーション、と1日おいて2日間。何して遊ぼう♪

1日目の29日、先日の乗鞍ドライブで高速道路カッ飛んだから、クルマのフロント周りに戦死した虫の死骸が無数にこびり付いてるし、雨天走行でドロドロなんで、先ずは洗車から取り掛かる。
洗車するのは何ヶ月ぶりだろう。
暑くもなく寒くもないこの時期こそ洗車日和だと、クルマの屋根から下に向けて、丁寧に洗車していく。
屋根を洗い終え、Aピラーに洗車のスポンジを移したとき、何か違和感。
ん?、光の加減かな?と思い、一度目をシバシバさせてから再度Aピラーを見る。
ぬ"ぉ~、凹んでるじゃないか!、それに小さな傷もある!、何が、何があったのか!!ガ━━━(゚Д゚;)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
左Aピラーの側面真ん中あたりに、物が当たったような凹みと、その下の3か所くらいに擦った傷を発見。
先日の乗鞍ドライブで出来たものであろう。
高速のSA・PA?、宿の駐車場か?
くっそー、当て逃げだ。
やり場のない怒りがボクをダークサイドにに引きずり込もうとする。
否、走行中何かが飛んできて当たったんじゃないか? でも、あの凹み具合なら当たったとき凄い音がするだろうから気付くだろ。其れに凹みは側面だし。
う~ん、モヤモヤとした思いが胸中を渦巻く。
口惜しさと怒りで涙が溢れる。
涙を流しながらAピラーをスポンジでゴシゴシ。
なんという事でしょう、確かに存在した小さな傷が見る見る消えていったではありませんか。
おお!神よ。。。吉、この調子でもっと擦れば、この凹みも消えるのでは!
ゴシゴシと力いっぱい擦ってみたのだけど、凹みが消える事はなかった。
眩暈を覚え膝から崩れ落ちそうになる寸前、反射的に手を伸ばして家の周りにある柵に手を掛けたら、金属製の柵の隙間に指先を挟んで出血する事態に。
痛~ッ、何か知らんけど血が止まらん。
応急処置で絆創膏を巻いて、傷心と傷指の状態で洗車を続ける。
しみる指先、消えない心とAピラーの凹み。
その晩、酒に溺れたのは言うまでもない。
いつもは1本で控えるトクホのペプシで飲むハイボール、今日は何だかペプシ2本目飲んでも飲み足りない。
其れは多分、コレから始まる長いバケーションのせい♪。違う、クルマのAピラーに出来た凹みのせいだ。
長いバケーションの楽しみと、クルマのAピラーの凹みで相殺された心のテンション。
おおカミよ、何故だ、何故なんだ、、、何故このような試練を。。。
もう寝よう。と寝室に移動しようとしたとき、箪笥の角に右足の小指をしこたまヒット!
苦~っ、堪らん。ヒットどころかホームラン級の痛み。
泣きっ面に蜂である。


翌日、バイクで出掛ける。
京都に少し用事があるんで、クルマだと大渋滞で身動き取れないだろうし、時間も読めないだろうという判断。
いつもながら、否、いつもより重いバイクをガレージより引っ張り出す。
クソッ、一晩寝たら治まるだろうと思っていた右足の痛み。増々痛い感じがする。
チョーク引いてエンジン掛けたら直ぐに出発。家の前の坂をゆっくり下る。
通りに出る手前で一旦停止。するとエンジンも停止。オットットと反射的に右足を着くが、しっかり踏ん張れずバイクが傾く。
苦"っ、と耐えるが持ち堪えられず立ちゴケ。
た~っ、遣っちまった。と直ぐに起こそうとするが中々重い。
クッソ~と必死に引き起こしを試みるが、重くて起こせない。
ぬぉ~ッと踏ん張って再度引き起こす。汗とアドレナリンが噴き出る。フッとバイクが持ち上がる。おお、火事場のナンとかってのはコレかと思った時、左にお兄さんが立っていて、引き起こしを手伝ってくれたようだ。
た~ッ、1人で起こせないなんて、もう大型バイクに乗る資格が無いのか。以前なら軽々と出来たバイクの引き起こしにも骨を折るようになってしまった。
お兄さんにお礼を述べて、そそくさとその場から立ち去る。
高速乗って京都へ向かう。大渋滞だと予想した高速道路が意外に空いててスカ喰らった感じ。クルマで出てたら立ちゴケも無かっただろうに。今日はバイク乗るなって事なのか?
京都での用事を済ませた後、足も痛いし今日はもう帰ろうかななんて思ったけど、イイ気候のこの時期のこんなイイ天気の日だし、バイクに乗らないのは勿体ないと、このまま走りに行くことにする。
今年初めてのツーリングはやはり「ビワイチ」土曜日だから比叡山もOK。
比叡山ドライブウェイを田の谷峠料金所から突撃。
今日はノンビリ走るつもりなので、ゆっくり景色も観たりする。

展望スポットで写真撮影
20160430比叡山ドライブウェイ

もう何度も比叡山に来てるけど、ココで停まったのは初めて。
大津の街並が一望だ。

いつものパーキングエリアでハリウッドタイムのみの停車。ハリウッドの後スグに走り出す。
今回は行ったり来たりしないで通り過ぎるつもり。否、折角だから1往復だけ走ってみよう。( ̄△ ̄;)エッ
攻めるんじゃなくて流す感じでサラッと1往復。
仰木料金所まで降りて、雄琴ICから湖西道路に乗って北上。

メタセコイヤ並木はまた大渋滞かなって思ったら意外と空いてた。
道の真ん中に出て大胆に撮影。

20160430メタセコイヤ並木

紅葉のメタセコイヤ並木も良いけど、ボクは新緑の季節の方が気に入ってる。
5月末くらいの天気の良い日のココは、緑が深くてとても気持ちイイ。

いつものボクなら、このまま先を急ぐのだけど、今日はノンビリ走る予定なんで、この先の道の駅で名物(ボクが勝手に名物にしている)かつカレーうどんを食べる。
時間は15:00という事もあって、道の駅のレストランはガラガラ。
見晴らしのイイ席で、かつカレーうどんを優雅にズルズル啜る。
いや~ぁ、大人のツーリングって感じだ。
バイクに乗ってる時はそうでもないのだけど、やはり歩くと足が痛い。特に最初の2、3歩が痛い。

優雅に大人のかつカレーうどんのランチの後、奥琵琶湖パークウェイに向かう。
海津大崎から国道303号に合流するまでの全線を一気に走る。
自転車で走る人たちを多く見かける。イイな~、自転車欲しいな~。
途中何台かのバイクやクルマに前を阻まれたりしたけど、1台の例外を除いて皆親切に道を譲ってくれた。譲ってくれた人には、抜き際に左手でご挨拶。
1台の例外は新型のプリウス。妙に張り切って山坂道を走ってるのだけど目一杯なのかな、曲がる時大きくイン側を割り込んで走る。
後ろから来てるのに気づいて無いの鴨。
奥琵琶湖パークウェイは頂上から塩津方面へは下りの一方通行。
なので元々2車線分ある道幅に1車線分のラインを引いてあって、その車線が、道路の左に寄ったり右に寄ったり。
そんな、車線が道路の右に寄った左カーブで、件の新型プリウスが、車線割り込んで(四輪とも脱輪状態)走るもんだから、これは道を譲ってくれたのかと判断。
正規の道でズバッと行かせて頂きました。
新しいプリウス、勘違いしてる人が多いのか、張り切って走ってる人を多く見かける。
提灯記事鵜呑みにすると命取り鴨よ。

さざなみ街道名物の「彦渋」、今回も辟易しながらナンとかクリア。
近江八幡過ぎたら、湖岸のキャンプ場からバーベキューのイイ匂い。
ん~、ああいうキャンプも暫くやってないな。今年は一度くらい遣ってみたいなと心の奥で沸々。
栗東ICの270°ループを2回、軽く攻めて名神高速に突入。
草津PAでハリウッド休憩。ん、足の痛みが増してるぞ。
右足を少々引きずりながら草津PAのトイレへ。もしかして右足ヤバい?
いつものテラス席でコーヒーでもって思ったけど、流石GW。満席だ。
コーヒーは諦めて帰路につく。しかしPA脱出するのも渋滞で困難。
バイク専用路をトロトロ走りながら本線合流の後、京滋バイパス。バイクの機動力を最大限に発揮しながら第二京阪。
日が暮れて暗い第二京阪を稲妻の様に駆け抜けて、19時帰宅。
家に帰って靴下脱いだら、右足の小指が、完熟マンゴーみたいに赤く熟れてた。ゲゲッ、ヤバい?


翌日、身体中が筋肉痛。筋肉痛で右足の痛みも忘れる程。腫れは少し引いた鴨。
フロントブレーキの調子が悪いんで、エア抜きを試みるが改善せず。マスターじゃなくてキャリパー側?
昨日の立ちゴケの引き起こしのせいで腰が痛い。あと彼方此方筋肉痛。歩くとき右足も痛い。ホントにヤバい?
今日は身体中に湿布して早く寝よう。


5月2日。
カレンダー上は平日。でもボクは黄金の日々。
午後に所用で会社へ。其の後仲間を呼び出して緊急飲み会。
飲み会会場にと当てにしていた、いつもの魚屋。5月5日まで休みだって。
慌てて彼方此方ウロウロ、ドーチカの洋風居酒屋?、つーか多国籍食堂?に4人テーブルを確保し、面子が揃うまで一人で死守。
皆仕事が終わってから駆けつけてくれた。サンキュー皆。
二次会は新地の居酒屋。 
そこで迎えてくれたのはいつもの店員さん。
今日こそはメンバーカード作ってくれと強気の営業。
次来たとき作るからって約束だったもんな。
メンバーカード作ったら、次回使えるクーポン貰った。よし近い内に権利を行使だ。


翌5月3日。
いつものバイク用品店まで行ってみる。
3月のモーターサイクルショーで見た、アルパインスターズのブーツが気になってる。
モーターサイクルショーのアルパインスターズのブースで見つけて、コレだッ!って思い手に取ってマジマジと観てたら、係の人が来て「此れは今年イチオシのブーツなんですよ」って売り込んで来た。
4月20日頃から店頭に並ぶ予定だって聞いてたから、楽しみにしてた。値段が気に入れば買ってしまいそうな勢いで店に行ったけど、置いてなかった。(´・ω・`)ショボーン
気長に待つとするか。


5月4日。
姫路城へ行く。
11時に大阪駅で有志一同と待ち合わせ。
今回の姫路城見学計画には秘密のミッションがある。
姫路駅の駅そばを食すという大きな声で言うには少々恥ずかしいようなショボいミッション。
決して美味いわけでは無い、しかし何故か人気のある姫路の名物。
ボクが小学生の頃、親父の田舎へ家族で帰省する時、列車が姫路に停まったらホームの売店まで走って買いに行った記憶がある。
其の頃はプラスチックの器に入ったこの黄色いそばを、乗客の半分以上の人が買って車内に持ち込んでいたんじゃないかな。
ゴトゴト揺れる列車の中で、ズルズルとそばを啜る音が彼方此方から聞こえてた。と、遠い日のおもひで。
今回、何年ぶりかで食べたこの姫路の駅そば。まぁ普通に美味かった。(笑)
どうせなら帰りの新快速に持ち込んで食べてみる?

名目の姫路城はといえば、連休って事もあって結構な人出。天守閣に入るのに2時間待ちだって。
そんなに待つなら別にイイやってアッサリ辞退。駅そばも食ったし姫路にはもう用はない。Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!
城内に入るのに¥1Kってのも辞退の要因。
此のまま帰るのもナンだし、白い城の周りをグルット廻ってみる。
黒田官兵衛ゆかりの石垣ってのが在った。
しかしボクは石垣より気になるものが、、、
 
姫路城の壁

白い城の壁に攻撃用の穴。□、○、□、○、□、○、□、△。
これは、官兵衛からの問題か?
□、○、□、○、□、○、□、△ときて、次は?
ん~、次は何が来る?。謎だ。
難問だな官兵衛。

姫路城の北側に歴史博物館を発見。→https://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/
なんだ、空いてて楽しそうな所があるじゃないかと、いそいそ入場。
ボクはこういう博物館が大好きで、何処か旅行に行く度に博物館的なモノは無いかと探しては入ってみるワケで。
特に見聞を深めたいとかそういうのが無いわけじゃないけど、なんだろうな珍しいモノとかヘンなモノに、無理やり変な理屈や解釈付けてゲラゲラ笑いたい。という趣味をお持ちなワケで。
ココの博物館も地味ながらイイものがイッパイあって、そうなると前述した趣味のボクらは黙っていられないワケで。
オレがオレがと各々が変な理屈や解釈の応酬、時にはイチャモンみたいな事を被せて来るワケで。
いや~博物館ほど面白い所は無いなと思うワケで。
と、そんなことしてたら既に15時を回ってた。
この日の17時から梅田で飲み会の約束。
そろそろ切り上げないと遅刻する鴨。

博物館への名残を惜しみながら、痛い足を引きずり駅まで戻って新快速で大阪へ。
結局集合時間には20分程遅刻。皆申し訳ない。
5月2日にも行ったコノ店→http://kiwa-group.co.jp/restaurant/367/
ガッツリ食べれて、結構な種類の飲み放題もあるから、一次会には打って付け。

2次会は、先日貰ったクーポン券の権利行使、、、のつもりが店が休みだった。( ̄□ ̄;)!!ガーン
骨折り損のくたびれ儲けである。
仕方ない、権利行使は次回までお預けで、痛い足を引きずり別の店へ向かう。
これまたいつもの鉄鍋屋で、ホルモン鍋+鏡月アセロラのソーダ割りをガブ飲み。
21時半に店を追い出されるも勢いの止まらないボク等は、立ち飲みワインの店に緊急突撃。
シュワシュワのワインをボトルで貰って1時間程。22時30分にお開き。ではまた近い内に。


翌5日。
連日の遊び疲れと呑み疲れ、足の痛みで一日中ゴロゴロ。今思えば大変勿体ない事してしまったと後悔。


6日は出勤。
しかし、特にマストの仕事があるわけでなく、資料を纏める事に没頭。あ~、暇で足が痛い。


そして翌日の土曜日、朝一番から整形外科に行って、いつまでも痛い右足の診察。
「あ~、折れてるね。」だって。
ゲゲッ、折れた状態でバイクに乗ったり、姫路城歩き回ったり、大酒飲んだり、家でゴロゴロしたり、ラジバンダリ。 ←古ッ!
「ズレてないから、ギプスとか当て木は要らんね。テーピングで固定しとこう。」って、テーピングの仕方を御教示いただく。
2週間後に再検診だそうだ。


黄金週間最終日。
酔ってる時以外は頭から離れないクルマのAピラーの凹み。
クルマ屋に持って行って、修理の相談。
クルマ屋の見立てでは、「凹みよりも膨らんでる部分が厄介」、え、何?Σ( ̄□ ̄lll)!!
コの字型にプレスされてるAピラーの横側に凹みがあるのだけど、その部分の上側の面が少し膨らんでる。
押されて膨らんだろうな。あゝ、また眩暈が。
とことん綺麗にするには、フロントガラスとAピラー下のガラスを外しての作業になるんじゃないかという結論。
費用見積もりは11マソ程。あ、金欠、否、貧血が、、、
「保険使いますので、とことん綺麗にして下さい。」と告げ、眩暈のままトボトボとクルマ屋を後にする。

しかし腹が立つのは、当て逃げの犯人。今回は人に被害がないから、警察に届けても真面に動いてくれないだろうし、クルマ洗ってしまって証拠が消えちゃってる?
過失だとしても他人のクルマに傷を付けたのなら、それは事故。逃げたら犯罪。
車上荒らしや、停めてるバイクへのイタズラ・窃盗と同じ行為とボクは思うワケで。
このやり場のない怒りを何処にぶつければイイのやら。。。

駐車中の当て逃げ(叉はイタズラ)を検知する装置を付けておくべきなのか。
う~ん、対策にいっちょ骨を折ってみるか。

A long time ago in a galaxy far, far away

構想1年(否、1週間)、製作2年(あ、だいたい2週間)

遥か昔(多分2週間くらい前)、遠い銀河での話(そんなに遠くない、北陸と安曇野~木曽路の話)
日産のミレニアムファルコン(ノートNISMOですがなにか)で繰り広げられた壮大なスペクタクル(いいえ、普通のツーリングレポート)


例年通りこの時期高齢、違う、恒例の春の乗鞍ドライブ。
GW前の乗鞍は何もぉ~ないぃ~春でぇ~すぅ~。by森進 一(もりしん はじめ)←誰?

今回の乗鞍ドライブはどのルートで行こうかと、イロイロ考えているとき見つけた此のイベント

http://www.pref.toyama.jp/branches/3042/exhibition/exh_2016/exh_16_1.htm

特にスターウォーズが好きって事は無いのだけど、撮影で使った小物も展示って書いてあったので、チョット興味を惹かれた。
この美術館の近くに、もつ煮込みうどんで有名な店もあるらしいので、取り敢えず今回は富山経由のルートを選択。
久しぶりに、神岡の道の駅にも寄ってみるか。

4月から新しい赴任場所で仕事してる。まぁ言ってみれば転勤って感じだ。
この新しい現場が、のっけから忙しくて、もう毎日ドタバタの状態。
スケジュールも厳しく、こりゃもしかして休日出勤発令でヤバい鴨なんて思ったけど、何とかカンとかノルマを熟して、無事今回のミッション遂行可能と相成りまして。
しかしながら、心身共に結構疲れが溜まってる状態。
若しかして今回は初のセカンドドライバーへ運転を託すことになるのか?なんて思いが頭を過ぎる。
夜10時過ぎに帰宅して、晩ご飯の後ドタバタと明日の準備。何だかんだで1時半頃まで寝れなかった。其の後1時間毎に目が醒める始末。4時半には諦めてベッドを出る。

朝5時頃自宅出発。先ずはガソリン満タンにしてから集合場所の梅田まで。
土曜の朝の国道は結構空いていて思ったより早く到着。
TVを観ながら皆を待つのだけど、TVはどの局も地震のニュースばかり。
どうやら昨晩の地震が本震だったようで、前代未聞の事態だそうだ。
現地で被災された方々は寝る場所すら事欠く状態なのに、ボク等はノホホンと旅行に出かける。
少々後ろめたい感情も無くはないんだけど、今回幸いにして地震の影響を何も受けてないボク等が、予約した宿をキャンセルして、これまた何の影響もない宿に影響を及ぼすような事は避けるべきだと、ワケの解る様な解らない様な勝手な理論をぶち立てて無理やり納得。

6時過ぎに全員集合。クルマは多いけどスムーズに流れる新御堂と中央環状を走って名神吹田ICを6時28分に通過。
いつもの様に草津PAで朝食会議。そしていつもの様に、何かを決めるワケでなくダラダラと朝ご飯食べながらお喋り。
約1時間後(1時間もダラダラしてたのか!)車に戻ってみると、クルマの屋根に黒々とした鳥の糞が乗ってた。クソッ遣りやがったな。
ボクの手の小指程もある糞だ。カアカア鳴いてたあのカラスどもか?。チクショー。
PAのコンビニでウエットティッシュ買ってこようかと思ったけど、この大きさならスピード出したら風圧で飛んでいく鴨なんて思い、ウェットティッシュ購入は次の休憩ポイントまで見送る事にしてイザ出陣。
名神高速から北陸道に乗り換えガンガン飛ばす。小僧の様に飛ばす。狂ったようにガンガン飛ばしながらも前方の様子、後方の様子、追い越す車の様子、ICから合流してくる車をチェックするのは怠らない。
こういう状態を長時間続けるには、集中力とそれを維持する精神力と体力が必要。
おおっ、対向車線に自衛隊のトラックが連なって走ってる。熊本への救援部隊か。頑張れ熊本。とボク。
尼御前SAでハリウッドタイム。時間は9時を少し回った頃。イイ感じのペース。と燃料計を見ると残り1/4を切ってる。走行可能距離は66kmだって。
チョット飛ばし過ぎたようで、思ったより低燃費。でもしかしその分爽快感はあった。
クルマの屋根のカラスの糞はというと、案の定風圧で粗方無くなってた。この状態なら明日の雨でキレイに流れてくれそう(水洗? ウォシュレット?)
しかし風圧で飛んで行ったであろう鳥の糞。どうかライダーに当たっていませんように。
どうせ当たるなら追い越しもしないのに右側車線をずっとノロノロ走ってるクソドライバーのクルマにベットリ付いてくれてますように。それは天誅って事で神の戒めであることを思い知るがイイ。

富山ICで高速降りて国道を北上。富山県立近代美術館に到着。心配した駐車場も空いてて停め放題。ィヤッホ~ゥぃ。byイーグル坊や←謎
今回の旅はイベントがどれも弱めで、相対的に今回の目玉になった、スターウォーズ展を観覧。
外国人(非アジア系)の方が結構居られたのは流石←意味不明
残念ながら展示物の撮影は不可ということなので、後日写真をジックリ観察ってのは出来ないから、その分ジックり実物を観る。
もっとよく見ようと身体を乗り出すとブザーが鳴った。ゲゲッ。
以前行った金沢の美術館は、展示物に手を近づけるだけで、学芸員の人から「手を触れないで」って、まだ触れてないのに注意されたりしたのだけど、ここも其処までじゃないにしても、中々厳しい監視体制。
北陸の美術館ってキビシー。
美術館の中の喫茶ルームでコーヒーブレイクの後、常設展示の絵画を観覧。
近代美術って難解なものが多いけど、ココの展示物は絵画がメインで、割と解釈がし易いの鴨。
一通り観たらスターウォーズ展のお土産買って記念撮影。

富山県立近代美術館

昼ご飯は美術館のすぐ南にある、もつ煮込みうどんが名物の店。13時過ぎに入ったんだけど、直ぐに席に着くことが出来てラッキー。
入口の自販機で食券を買って席で待つ。結構な時間、ん~多分15分以上、体感で言えば30分以上待って出てきたのは。鍋の中でグツグツ煮立ってるうどん。
なべ底に焦げてくっ付いてるうどんをコソギながらハフハフ食べる熱々のうどんとモツは中々の美味さ。
モグモグと黙々食べる。この煮込まれたモツで食う飯が最高だ。
附と周りを観ると店の入り口には結構な行列。ひゃ~、まぁ良きタイミングで店に入れた事だと、毎度の事ながらラッキーなコノ旅のミラクルさを改めて感じる。

行列の店を辞して、今は珍しくなった路面電車の線路がある道を少し走って国道41号。この道を神岡まで走る。
カミオカンデを再現したコーナーのある道の駅で小休止。
う~ん、カミオカンデ内を再現した部屋、随分経年劣化が激しい気が。こんなだとニュートリノの検出は難しいんじゃないか?
土産物コーナーで旨そうなおつまみを仕入れ、乗鞍に向けてラストスパート。
安房トンネルをいつもとは違う方向から侵入。そしていつもの様に乗鞍の道を、またしても小僧の様にカッ飛んでいつもの宿へ。
おっ、この時期にしては珍しく?バイクの客が先に居た。
風呂に入ったら、いつもの様にラウンジに陣取って我が物顔。ビール飲んで大胆に寛ぐ。
ご飯の時はいつもの様にピッチャーでビール。そして食後は、又もやいつもの様にTVの前でいつもの様に宿にキープしたボトルで2次会開始。
宿のTVで、今回も持ち込みのDVDを勝手に再生する。他のお客さんの事はお構いなしだ。←反省はしてるんですよ。
今回持ち込んだDVDは「たんぽぽ」。
伊丹十三監督のラーメン屋の話で、伊丹十三らしく、食に関する薀蓄と皮肉が沢山散りばめられた映画。
そんな映画を観ながら飲んでたら、いつの間にか寝てしまった様子、、、仲間に起こされ前後不覚のまま部屋へ移動。そしてそのまま、、、1日目終了。


翌朝、目が醒めたら既に8:20 ぬお~遅刻だ。
この宿の朝食は8時となっているものの、なんか最近、っていうか直近の宿泊した朝全て8時の朝ご飯の時間に起きれていない気が、、、宿に迷惑かけて申し訳ない気持ちでこの時だけいっぱいになる。
昨夜は酔いつぶれて、というより疲れ果てて睡眠のダークサイドに落ちていった割にはスッキリとイイ目覚め←寝坊してたじゃん。
パンをお替りする勢いだったけど、何だか最近、すぐにお腹いっぱいになってしまう。高齢、、、いや地球温暖化の影響か。
朝ご飯の後、いつもの様にダラダラしながら帰る準備。
帰る間際に宿の女将さんが、今日の午後から大阪に行くんで、何処か美味しいものが食べられる店を教えてくれないかと告げられる。
宿泊先の近くで解りやすい場所に在って、地元民でなくても入りやすい店を彼是考え、結局ボク等がよく行く魚屋をお勧めする。
後日、教えてもらった魚屋に行って大満足だったと、宿の女将さんよりメールをいただき、お勧めした甲斐があったわいと、感慨も一入。

予報通り雨の中10時30分頃、ノソノソと出発。
乗鞍の道を下りながら、今日の昼ご飯は何処にするかを車内会議。
昨晩観たDVDの影響か、今夜大阪に戻ったらラーメンを食べに行こうって話になってるみたいで、夜は麺だから昼は米だって事になり、昼食は駒ケ根のソースかつ丼に決定。
って事で乗鞍から木曽福島方面に下山。国道19号から権兵衛トンネル抜けて駒ケ根に向かう。
途中、ペースの上がらない(上げられない?)ミニバンに前を阻まれる。
自分の後ろにイッパイ車が連なってる状態で走ってる人って、どう思ってるんだろう。
制限速度で走ってるから法的には何の問題は無い。しかしだ、マナーってもんが有るんじゃないか。
後ろから速いのが来たら譲れば済むこと。たったそれだけでお互い嫌な気分にならない。それがWINWIN。
おかしな正義感でコッチはルールを守ってるから正義だ!なんて思ってるのかもしれないけど、その独りよがりの正義でアンタの後ろは大渋滞。
多くの人が迷惑とストレスを感じてるって事は、アンタの行為は「悪」といってイイと思うのだけど。
余裕が無くてペースを上げられないって人も同罪。余裕がない人こそ後ろを気にするべき。

話が逸れた。
お昼の12時過ぎ、駒ケ根の喫茶ガロに到着。
うまい具合に雨も止んでる。店の前には2組程待ってる様子。またしてもミラクル?
おおっ、これならそんなに待たされずかつ丼にありつける鴨って、店に飛び込み受付に向かうと、そこは黒山の人だかり。ゲゲッ、何人待ち? 流石にココではミラクル無理だった。
結局1時間程待たされた末、席に着くことが出来た。そしてオーダーしてから30分程して料理が運ばれてきた。
昨日のもつ煮込みうどんもそうだけど、都会というか大阪の感覚で言うと、時間かかり過ぎの気がするんだけどな。
とまぁ、取り敢えずそういう愚痴は置いといて、運ばれてきたソースかつ丼の攻略にかかる。
ここのソースかつ丼は、兎に角ボリューム満点のかつ丼なので、食べ方に作戦が必要だ。
一応どんぶりには蓋がしてあるのだけど、そびえ立つカツの為、蓋としての機能を果たしていない。
それなら蓋は必要ないのか?、否、この蓋が攻略のヒントでありアイテムなのである。
どんぶりに仕込まれた大盛りご飯の上に敷き詰められたキャベツ、その上にカツが乗っているという構成なのだけど、そのまま箸を突っ込んでも玉砕するだけなのである。
攻略法として有効なのは、敵の戦力を分散する事である。
戦力を分散したうえで、防御の手薄な所を切り崩せば、後は全力で攻めるのみだ。
今回の敵はミックス丼。分厚いヒレカツが2枚、デカいエビフライが2尾。
先ずは上に乗ってるヒレカツ2枚ととエビフライ2尾を裏返した蓋の上に移すという奇襲攻撃。敵に気付かれる前に速やかに行う必要がある。
これはやまちん攻撃部隊の得意とする戦法である。予想外の攻撃には定評がある。
そして大盛りの飯とその上に敷き詰められたキャベツを4等分し、ヒレカツ2枚とエビフライ2尾の攻撃と同時に片付ける寸法。
良し、作戦は上々だ、楽勝楽勝。今までこの戦法で数多の大盛りメニューを攻略してきたボクなのである。
ボクのバイクには勝利した数だけエースコックの子豚ちゃんが刻まれているのである(大嘘)
先ずはヒレカツを一口。うまい!。すかさず飯を掻っ込む。おっとキャベツもな。
そしてヒレカツをもう一口、そして飯とキャベツ。おお?なんか飯が多くないか?
カツ!いいや喝!、気のせいだ!弱音は禁物。前を見ろ、目の前の飯だけを見ろ。
大丈夫、イケる。エビフライを齧れ、味が変わって咀嚼効率が上がるはずだ!飯とキャベツを搔き込め、箸を止めるな!
まだだ、まだまだイケるぞ! 
ヒレカツ1枚、エビフライ1尾をクリアだ、半分を攻略したぞ、敵は怯んでるこのまま押し通せ!
が、しかしココで箸が止まった。何故だ、何故次のステップに進めないのか!
よし、奥の手、回復系のアイテムでHPの回復だ。
味噌汁を一口啜る。おおっ!イケそうな気がする!
やまちん「ヒレカツをガブリ。」ミックス丼に23ポイントのダメージ。
ミックス丼「ヒレカツの重み攻撃。」やまちんに30ポイントのダメージ。
やまちん「飯とキャベツを大口で搔き込む。」ミックス丼に50ポイントのダメージ
ミックス丼「大口の飯とキャベツの多重攻撃。」やまちんに100ポイントのダメージ
やまちんは死にました。

おお!勇者やまちん。どうしたというのだ。これしきのカツとエビフライにやられてしまうとは。
練りに練った攻略法も、ここのソースかつ丼には刃が立たないとは。
自らオーダーしたコノ料理を食べ切れず残す羽目になるとは。此のまま負けてしまうのか?
くっそー、どうすればいい。どうすれば、、、
「高齢の若者よ、フォースを使え」
えっ、あ、そうかその手があった。
この店は食べ切れなかった分を持って帰れるよう、フォース、、、もとい、オリが用意されていたのであった。
ボクはこれ以上無意味な戦いをやめて、店のスタッフにフォース、あ違う、オリを1つお願いし、捕虜であるカツの残りとエビフライ1尾、あと飯とキャベツ及び漬物のタクアンを捕獲したのである。
再び世界に平和が訪れたのであった。

捕虜

戦場を後にしたボク等は、駒ケ根ICより高速に乗り大阪を目指す。
そういえば今日の夕飯はラーメンだそうだ。オェッ、いや今は食べ物の事は考えないようにしよう。
ボク等は満腹だけど、クルマがそろそろ給油のタイミング。
残燃料での走行可能距離と給油可能SA・PAとを検討して、中央道最後の内津峠PAに駆け込む。
燃料満タンになったらまたしてもフルスロットル。
ガンガン飛ばして17時過ぎに草津PA着。この時点でまだお腹には昼飯の存在感がイッパイ。戦いの後遺症は結構引きずるものだ。
なもんで、晩ご飯に予定していたラーメンは到底無理って事でPASSすることに。
大阪市内に戻ってクルマの燃料補給。旅費精算の為にファミレスに突入。
今回の旅も、いよいよ終わり。
毎回毎回、食べ物中心の春の乗鞍旅行だけど、もうコレはコレでひとつの旅のパターンとして、ボク等の中では恒例行事なワケで、これからも末永く実行したいものだとしみじみ思うところであります。

※確保した捕虜は、帰宅後やまちんが適切に対応致しました。冷めてもたいへんおいしゅうございました。


今回の走行距離:951km
使用燃料:85.58㍑
平均燃費:11.11㌔/㍑

次回は、「日産ミレニアムファルコンで行く白山・白川郷ホワイトロードと初夏の乗鞍の旅」乞うご期待
























 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク