私は涙を出まかせにしていた。頭が澄んだ水になってしまっていて、それがぼろぼろ零れ、その後には何も残らないような甘い快さだった。 伊豆の踊子 川端康成

今週は端っからノンビリしようと決めてた。
天気予報でもこの連休は雨だって言ってるし。
そうだ、長らく行っていないボクの書斎の大阪本店(笑)にも行こう。
んで録画してた映画も観よう。
兎に角、三連休だ。時間はたっぷりなのであるから。

土曜日、結局起きたのは昼前。
ダラダラ過ごして午後おそくに梅田の本屋、、、否、ボクの書斎(笑)へ。

http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=7622

おおっ!表紙が塩森君ぢゃぁないですか!あ、否、友達でもなんでも無いのだけど。
この頃の乗り方というかライディングフォームが恰好イイって思うのはオッサンだからか。
頭がバイクのセンターに有って顎引いてシートの後ろの方に乗って。
今とは全然違う感じ。バイクそのものの作り方とか考え方、方向性が違うんだろうけど。
身体がバイクよりイン側に入って肘まで擦る様な乗り方を、昔は「猿乗り」って誰かが言ってた気がする。ケニーが言ってたんだっけ?

去年と今年のチャンピオンのマルクマルケスのライディングは衝撃的で、とにかく速くて凄いセンスを感じるんだけど、ナンかね、観ていてあんまりワクワクしないんだ。ボクは。
最近ロッシも似たようなライディングフォームになってきた。

http://blog.goo.ne.jp/ducati-mu/e/4ea7a835671eecd1509c5cef75e22cf6

若い頃のロッシのライディングは、おかしな表現かもしれないけど爽やかなライディングだった。
バイクに乗るのが楽しくって仕方ないって感じで、観ているボクも楽しかった。
だけど今は必死のパッチって感じ。
若い世代のライダー達と遣り合うのだから、そうなっちゃうのは仕方の無い事だろう。
30台半ばだし全盛期の様には行かなくなってるんじゃないかな。自身の感覚と体の動きと神経の反応のギャップを感じてるんじゃないかと思う。
なのにライディングを今のバイクにアジャストさせて2回も優勝してしまうのはさすが「生きる伝説」。いやホント素晴らしい。
なんて思いを巡らしながら結構長い間立ち読みしてた。で結局買わなかったけど。

家に帰って録画してた映画を観る。

ガッチャマン
http://youtu.be/e8pd6PWgHpI


元々はアニメだった奴を実写でリメイク。
キャシャーンもそうだったけど、ストーリーに色々と理屈付けて何だかんだとこんがらがせて。特に何もいう事は無いです。

サマータイムマシン・ブルース
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9

ドタバタコメディ?
最初はワケ解らん展開というか駒割りで、変な拘りのB級映画かなんて思ったけど、だんだん面白くなって結局は最後まで楽しく観れた。
タイムトラベル物だけど、実際にタイムトラベルするのは昨日。前日と今日でドタバタする話。バカな感じが最高。


曲がれ!スプーン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B2%E3%81%8C%E3%82%8C!%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%B3
これもドタバタ物
http://youtu.be/UXcRGqJDYvI


クリスマスイブに恒例で集まる地味なエスパーのパーティーに偶然交じってしまった非エスパーとTV局のADの話。
先のサマータイムマシン・ブルースと同じくヨーロッパ企画の舞台がベース。
ドタバタで仄々なので安心して観れる。
クライマックスはもっと感動的でも良かったのでは?っていうかもっと感動的にして欲しかった。


スウィングガールズ
随分前に観たけど、また観た。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA

うん、面白い。
↓はクライマックスのシーン。思わず身体でリズムとってしまいます。
http://youtu.be/ZDhLJeU455w



他にもゴジラ対ガイガンとかゴジラ対ヘドラってのを見たけど、う~ん、」なんだろう懐かしさみたいな印象しかなかった。
映像に映る街の様子や車があの頃でいとおかし。
↓この歌は子供心に覚えてます。
http://youtu.be/Kh7VD-UpY0I




以前から遣りたいと思ってた事。
愛用のバックをカスタマイズ。

ボブルビーPDS4

これをヴァレンチーノロッシ風にカスタマイズ
要するにサイドのレールとフック類を黄色に変えてイメージチェンジ。

先ずはボルトを外してレールを外します。シェルとハーネスがバラバラに。

ボブルビーPDS1

レールとフック類を黄色で組み直し。

ボブルビーPDS2


バラすより組みなおす方が楽にできます。取り付けるボルトの順番にコツ有り。ふふふ。
カスタマイズした愛用のボブルビー・ピープルズ・デライト・スポーツ。

ボブルビーPDS3

おお!、ヴァレンチーノ・ロッシ其の物ぢゃないか!

46っていうステッカー貼ってたりしてるから、なんかそういう番号のついたアイドルグループのファンと勘違いされそう。っていうかよく間違われている気がしなくもない。ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!

なんかどうでもイイ写真ばかりの様な気が、、、

だらだら過ごしてたら三連休はあっという間に過ぎ去ってしまった(´・ω・`)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク