A long time ago in a galaxy far, far away

構想1年(否、1週間)、製作2年(あ、だいたい2週間)

遥か昔(多分2週間くらい前)、遠い銀河での話(そんなに遠くない、北陸と安曇野~木曽路の話)
日産のミレニアムファルコン(ノートNISMOですがなにか)で繰り広げられた壮大なスペクタクル(いいえ、普通のツーリングレポート)


例年通りこの時期高齢、違う、恒例の春の乗鞍ドライブ。
GW前の乗鞍は何もぉ~ないぃ~春でぇ~すぅ~。by森進 一(もりしん はじめ)←誰?

今回の乗鞍ドライブはどのルートで行こうかと、イロイロ考えているとき見つけた此のイベント

http://www.pref.toyama.jp/branches/3042/exhibition/exh_2016/exh_16_1.htm

特にスターウォーズが好きって事は無いのだけど、撮影で使った小物も展示って書いてあったので、チョット興味を惹かれた。
この美術館の近くに、もつ煮込みうどんで有名な店もあるらしいので、取り敢えず今回は富山経由のルートを選択。
久しぶりに、神岡の道の駅にも寄ってみるか。

4月から新しい赴任場所で仕事してる。まぁ言ってみれば転勤って感じだ。
この新しい現場が、のっけから忙しくて、もう毎日ドタバタの状態。
スケジュールも厳しく、こりゃもしかして休日出勤発令でヤバい鴨なんて思ったけど、何とかカンとかノルマを熟して、無事今回のミッション遂行可能と相成りまして。
しかしながら、心身共に結構疲れが溜まってる状態。
若しかして今回は初のセカンドドライバーへ運転を託すことになるのか?なんて思いが頭を過ぎる。
夜10時過ぎに帰宅して、晩ご飯の後ドタバタと明日の準備。何だかんだで1時半頃まで寝れなかった。其の後1時間毎に目が醒める始末。4時半には諦めてベッドを出る。

朝5時頃自宅出発。先ずはガソリン満タンにしてから集合場所の梅田まで。
土曜の朝の国道は結構空いていて思ったより早く到着。
TVを観ながら皆を待つのだけど、TVはどの局も地震のニュースばかり。
どうやら昨晩の地震が本震だったようで、前代未聞の事態だそうだ。
現地で被災された方々は寝る場所すら事欠く状態なのに、ボク等はノホホンと旅行に出かける。
少々後ろめたい感情も無くはないんだけど、今回幸いにして地震の影響を何も受けてないボク等が、予約した宿をキャンセルして、これまた何の影響もない宿に影響を及ぼすような事は避けるべきだと、ワケの解る様な解らない様な勝手な理論をぶち立てて無理やり納得。

6時過ぎに全員集合。クルマは多いけどスムーズに流れる新御堂と中央環状を走って名神吹田ICを6時28分に通過。
いつもの様に草津PAで朝食会議。そしていつもの様に、何かを決めるワケでなくダラダラと朝ご飯食べながらお喋り。
約1時間後(1時間もダラダラしてたのか!)車に戻ってみると、クルマの屋根に黒々とした鳥の糞が乗ってた。クソッ遣りやがったな。
ボクの手の小指程もある糞だ。カアカア鳴いてたあのカラスどもか?。チクショー。
PAのコンビニでウエットティッシュ買ってこようかと思ったけど、この大きさならスピード出したら風圧で飛んでいく鴨なんて思い、ウェットティッシュ購入は次の休憩ポイントまで見送る事にしてイザ出陣。
名神高速から北陸道に乗り換えガンガン飛ばす。小僧の様に飛ばす。狂ったようにガンガン飛ばしながらも前方の様子、後方の様子、追い越す車の様子、ICから合流してくる車をチェックするのは怠らない。
こういう状態を長時間続けるには、集中力とそれを維持する精神力と体力が必要。
おおっ、対向車線に自衛隊のトラックが連なって走ってる。熊本への救援部隊か。頑張れ熊本。とボク。
尼御前SAでハリウッドタイム。時間は9時を少し回った頃。イイ感じのペース。と燃料計を見ると残り1/4を切ってる。走行可能距離は66kmだって。
チョット飛ばし過ぎたようで、思ったより低燃費。でもしかしその分爽快感はあった。
クルマの屋根のカラスの糞はというと、案の定風圧で粗方無くなってた。この状態なら明日の雨でキレイに流れてくれそう(水洗? ウォシュレット?)
しかし風圧で飛んで行ったであろう鳥の糞。どうかライダーに当たっていませんように。
どうせ当たるなら追い越しもしないのに右側車線をずっとノロノロ走ってるクソドライバーのクルマにベットリ付いてくれてますように。それは天誅って事で神の戒めであることを思い知るがイイ。

富山ICで高速降りて国道を北上。富山県立近代美術館に到着。心配した駐車場も空いてて停め放題。ィヤッホ~ゥぃ。byイーグル坊や←謎
今回の旅はイベントがどれも弱めで、相対的に今回の目玉になった、スターウォーズ展を観覧。
外国人(非アジア系)の方が結構居られたのは流石←意味不明
残念ながら展示物の撮影は不可ということなので、後日写真をジックリ観察ってのは出来ないから、その分ジックり実物を観る。
もっとよく見ようと身体を乗り出すとブザーが鳴った。ゲゲッ。
以前行った金沢の美術館は、展示物に手を近づけるだけで、学芸員の人から「手を触れないで」って、まだ触れてないのに注意されたりしたのだけど、ここも其処までじゃないにしても、中々厳しい監視体制。
北陸の美術館ってキビシー。
美術館の中の喫茶ルームでコーヒーブレイクの後、常設展示の絵画を観覧。
近代美術って難解なものが多いけど、ココの展示物は絵画がメインで、割と解釈がし易いの鴨。
一通り観たらスターウォーズ展のお土産買って記念撮影。

富山県立近代美術館

昼ご飯は美術館のすぐ南にある、もつ煮込みうどんが名物の店。13時過ぎに入ったんだけど、直ぐに席に着くことが出来てラッキー。
入口の自販機で食券を買って席で待つ。結構な時間、ん~多分15分以上、体感で言えば30分以上待って出てきたのは。鍋の中でグツグツ煮立ってるうどん。
なべ底に焦げてくっ付いてるうどんをコソギながらハフハフ食べる熱々のうどんとモツは中々の美味さ。
モグモグと黙々食べる。この煮込まれたモツで食う飯が最高だ。
附と周りを観ると店の入り口には結構な行列。ひゃ~、まぁ良きタイミングで店に入れた事だと、毎度の事ながらラッキーなコノ旅のミラクルさを改めて感じる。

行列の店を辞して、今は珍しくなった路面電車の線路がある道を少し走って国道41号。この道を神岡まで走る。
カミオカンデを再現したコーナーのある道の駅で小休止。
う~ん、カミオカンデ内を再現した部屋、随分経年劣化が激しい気が。こんなだとニュートリノの検出は難しいんじゃないか?
土産物コーナーで旨そうなおつまみを仕入れ、乗鞍に向けてラストスパート。
安房トンネルをいつもとは違う方向から侵入。そしていつもの様に乗鞍の道を、またしても小僧の様にカッ飛んでいつもの宿へ。
おっ、この時期にしては珍しく?バイクの客が先に居た。
風呂に入ったら、いつもの様にラウンジに陣取って我が物顔。ビール飲んで大胆に寛ぐ。
ご飯の時はいつもの様にピッチャーでビール。そして食後は、又もやいつもの様にTVの前でいつもの様に宿にキープしたボトルで2次会開始。
宿のTVで、今回も持ち込みのDVDを勝手に再生する。他のお客さんの事はお構いなしだ。←反省はしてるんですよ。
今回持ち込んだDVDは「たんぽぽ」。
伊丹十三監督のラーメン屋の話で、伊丹十三らしく、食に関する薀蓄と皮肉が沢山散りばめられた映画。
そんな映画を観ながら飲んでたら、いつの間にか寝てしまった様子、、、仲間に起こされ前後不覚のまま部屋へ移動。そしてそのまま、、、1日目終了。


翌朝、目が醒めたら既に8:20 ぬお~遅刻だ。
この宿の朝食は8時となっているものの、なんか最近、っていうか直近の宿泊した朝全て8時の朝ご飯の時間に起きれていない気が、、、宿に迷惑かけて申し訳ない気持ちでこの時だけいっぱいになる。
昨夜は酔いつぶれて、というより疲れ果てて睡眠のダークサイドに落ちていった割にはスッキリとイイ目覚め←寝坊してたじゃん。
パンをお替りする勢いだったけど、何だか最近、すぐにお腹いっぱいになってしまう。高齢、、、いや地球温暖化の影響か。
朝ご飯の後、いつもの様にダラダラしながら帰る準備。
帰る間際に宿の女将さんが、今日の午後から大阪に行くんで、何処か美味しいものが食べられる店を教えてくれないかと告げられる。
宿泊先の近くで解りやすい場所に在って、地元民でなくても入りやすい店を彼是考え、結局ボク等がよく行く魚屋をお勧めする。
後日、教えてもらった魚屋に行って大満足だったと、宿の女将さんよりメールをいただき、お勧めした甲斐があったわいと、感慨も一入。

予報通り雨の中10時30分頃、ノソノソと出発。
乗鞍の道を下りながら、今日の昼ご飯は何処にするかを車内会議。
昨晩観たDVDの影響か、今夜大阪に戻ったらラーメンを食べに行こうって話になってるみたいで、夜は麺だから昼は米だって事になり、昼食は駒ケ根のソースかつ丼に決定。
って事で乗鞍から木曽福島方面に下山。国道19号から権兵衛トンネル抜けて駒ケ根に向かう。
途中、ペースの上がらない(上げられない?)ミニバンに前を阻まれる。
自分の後ろにイッパイ車が連なってる状態で走ってる人って、どう思ってるんだろう。
制限速度で走ってるから法的には何の問題は無い。しかしだ、マナーってもんが有るんじゃないか。
後ろから速いのが来たら譲れば済むこと。たったそれだけでお互い嫌な気分にならない。それがWINWIN。
おかしな正義感でコッチはルールを守ってるから正義だ!なんて思ってるのかもしれないけど、その独りよがりの正義でアンタの後ろは大渋滞。
多くの人が迷惑とストレスを感じてるって事は、アンタの行為は「悪」といってイイと思うのだけど。
余裕が無くてペースを上げられないって人も同罪。余裕がない人こそ後ろを気にするべき。

話が逸れた。
お昼の12時過ぎ、駒ケ根の喫茶ガロに到着。
うまい具合に雨も止んでる。店の前には2組程待ってる様子。またしてもミラクル?
おおっ、これならそんなに待たされずかつ丼にありつける鴨って、店に飛び込み受付に向かうと、そこは黒山の人だかり。ゲゲッ、何人待ち? 流石にココではミラクル無理だった。
結局1時間程待たされた末、席に着くことが出来た。そしてオーダーしてから30分程して料理が運ばれてきた。
昨日のもつ煮込みうどんもそうだけど、都会というか大阪の感覚で言うと、時間かかり過ぎの気がするんだけどな。
とまぁ、取り敢えずそういう愚痴は置いといて、運ばれてきたソースかつ丼の攻略にかかる。
ここのソースかつ丼は、兎に角ボリューム満点のかつ丼なので、食べ方に作戦が必要だ。
一応どんぶりには蓋がしてあるのだけど、そびえ立つカツの為、蓋としての機能を果たしていない。
それなら蓋は必要ないのか?、否、この蓋が攻略のヒントでありアイテムなのである。
どんぶりに仕込まれた大盛りご飯の上に敷き詰められたキャベツ、その上にカツが乗っているという構成なのだけど、そのまま箸を突っ込んでも玉砕するだけなのである。
攻略法として有効なのは、敵の戦力を分散する事である。
戦力を分散したうえで、防御の手薄な所を切り崩せば、後は全力で攻めるのみだ。
今回の敵はミックス丼。分厚いヒレカツが2枚、デカいエビフライが2尾。
先ずは上に乗ってるヒレカツ2枚ととエビフライ2尾を裏返した蓋の上に移すという奇襲攻撃。敵に気付かれる前に速やかに行う必要がある。
これはやまちん攻撃部隊の得意とする戦法である。予想外の攻撃には定評がある。
そして大盛りの飯とその上に敷き詰められたキャベツを4等分し、ヒレカツ2枚とエビフライ2尾の攻撃と同時に片付ける寸法。
良し、作戦は上々だ、楽勝楽勝。今までこの戦法で数多の大盛りメニューを攻略してきたボクなのである。
ボクのバイクには勝利した数だけエースコックの子豚ちゃんが刻まれているのである(大嘘)
先ずはヒレカツを一口。うまい!。すかさず飯を掻っ込む。おっとキャベツもな。
そしてヒレカツをもう一口、そして飯とキャベツ。おお?なんか飯が多くないか?
カツ!いいや喝!、気のせいだ!弱音は禁物。前を見ろ、目の前の飯だけを見ろ。
大丈夫、イケる。エビフライを齧れ、味が変わって咀嚼効率が上がるはずだ!飯とキャベツを搔き込め、箸を止めるな!
まだだ、まだまだイケるぞ! 
ヒレカツ1枚、エビフライ1尾をクリアだ、半分を攻略したぞ、敵は怯んでるこのまま押し通せ!
が、しかしココで箸が止まった。何故だ、何故次のステップに進めないのか!
よし、奥の手、回復系のアイテムでHPの回復だ。
味噌汁を一口啜る。おおっ!イケそうな気がする!
やまちん「ヒレカツをガブリ。」ミックス丼に23ポイントのダメージ。
ミックス丼「ヒレカツの重み攻撃。」やまちんに30ポイントのダメージ。
やまちん「飯とキャベツを大口で搔き込む。」ミックス丼に50ポイントのダメージ
ミックス丼「大口の飯とキャベツの多重攻撃。」やまちんに100ポイントのダメージ
やまちんは死にました。

おお!勇者やまちん。どうしたというのだ。これしきのカツとエビフライにやられてしまうとは。
練りに練った攻略法も、ここのソースかつ丼には刃が立たないとは。
自らオーダーしたコノ料理を食べ切れず残す羽目になるとは。此のまま負けてしまうのか?
くっそー、どうすればいい。どうすれば、、、
「高齢の若者よ、フォースを使え」
えっ、あ、そうかその手があった。
この店は食べ切れなかった分を持って帰れるよう、フォース、、、もとい、オリが用意されていたのであった。
ボクはこれ以上無意味な戦いをやめて、店のスタッフにフォース、あ違う、オリを1つお願いし、捕虜であるカツの残りとエビフライ1尾、あと飯とキャベツ及び漬物のタクアンを捕獲したのである。
再び世界に平和が訪れたのであった。

捕虜

戦場を後にしたボク等は、駒ケ根ICより高速に乗り大阪を目指す。
そういえば今日の夕飯はラーメンだそうだ。オェッ、いや今は食べ物の事は考えないようにしよう。
ボク等は満腹だけど、クルマがそろそろ給油のタイミング。
残燃料での走行可能距離と給油可能SA・PAとを検討して、中央道最後の内津峠PAに駆け込む。
燃料満タンになったらまたしてもフルスロットル。
ガンガン飛ばして17時過ぎに草津PA着。この時点でまだお腹には昼飯の存在感がイッパイ。戦いの後遺症は結構引きずるものだ。
なもんで、晩ご飯に予定していたラーメンは到底無理って事でPASSすることに。
大阪市内に戻ってクルマの燃料補給。旅費精算の為にファミレスに突入。
今回の旅も、いよいよ終わり。
毎回毎回、食べ物中心の春の乗鞍旅行だけど、もうコレはコレでひとつの旅のパターンとして、ボク等の中では恒例行事なワケで、これからも末永く実行したいものだとしみじみ思うところであります。

※確保した捕虜は、帰宅後やまちんが適切に対応致しました。冷めてもたいへんおいしゅうございました。


今回の走行距離:951km
使用燃料:85.58㍑
平均燃費:11.11㌔/㍑

次回は、「日産ミレニアムファルコンで行く白山・白川郷ホワイトロードと初夏の乗鞍の旅」乞うご期待
























スポンサーサイト

コメント

May the force be with you.

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク