「色褪せた昨日と見知らぬ明日の間彷徨う君、うつろなロンリーランナー。その手を伸ばせば掴める愛さえも忘れていた君、立ち止まっていた。今ならば走り出せるさ、きっと。」杉 真理「Catch Your Way」

5月3日から、やっと始まったボクのGW。
なんか仕事が忙しくって、連休中も危く仕事に成りそうだったのを辛うじて回避。桑原桑原。
因みに4月29日はお仕事全開だった。

5月3日、高齢になっても恒例の、「杉真理南港ライブ」今年デビュー40周年らしい。もう63歳だそうだ。
そんな南港ATCのライブ。今年は諦めてたけど、前日に友人より「行かんのか?」とのメールを受け取り、「行こうじゃないか!」と即返信。
無料だけど1時間30分に及ぶ全力ライブは、お客さんも一体となって楽しいライブ。
村田和人氏の曲も何曲か。
杉君の優しい声で歌う「一本の音楽」。コレはコレでなかなかイイ。
これは去年のヤツ↓
https://youtu.be/ifRHjz8O4sQ


来年もまた宜しくお願いします。

昔の日産自動車キャンペーン曲
https://youtu.be/6-Ws3L2WDw4


懐かすぃっす。

ライブの後は飲み会。ってのは世界共通(=゚ω゚)ノぃょぅ
梅田でサントリーのイベントやってるという情報を聞きつけ行ってみる事にした。

JR大阪駅の西側の広場。
プレミアムモルツがコップ一杯¥200-ってのは高いんだか安いんだか。
御摘みは5種類。コレも微妙な価格設定。高いんだか安いんだか。
でもまぁ、お祭り気分って感じなので、雰囲気も含めた値段って事でおk。
キャンペーンなので、オネーサンと顔出し看板でのツーショットもアリ。

プレモルフェスティバル

程々に(いや結構な量)を飲んで会場を後にする。
この季節に屋外でビールってのは、まだまだ寒い。
ラーメンで暖を取ってから解散。
連休初日終了。

5月4日。
宣言通りソロツーリング。
今年初めてのツーリングは、やっぱり琵琶湖をぐるっと一周。
前日の酒が残っているのか結構な倦怠感。急遽休息日にしようかなんて考えが頭を過ぎる。
が、窓から差し込む日差しに「喝」を入れられ慌てて準備。
11時30分になって家を出る。
高速に乗って暫く走ると料金所。
いちばん左のETCレーンが空いていて、脊椎反応で其処を目指す。
と、ゲート潜った先は別の道への誘導路。ゲゲッ!
先日開通したという新名神の一部だ。
いやぁ、一度走ってみようと思っていたんだと、負けじ魂親譲り。マッハGO!GO!GOぉ!
誰も走ってない綺麗な道を暫く走って、次の出口ですぐさま離脱。
渋滞の宇治を油温気にしながら通過して、京都の外環から山科へ抜ける。
京都東IC付近はまたしても渋滞。
車線の間のバイク専用路をノロノロ進んでR161のバイパス。
しかしそのバイパスが一車線になる少し前から再び渋滞。
ココっていっつも渋滞してる。
路肩、違う、左端のバイク専用路を再びノロノロ。
雄琴IC辺りから順調に流れだす。コレもいつもの事。
こんな風に流れの状態が確定してるのだから、何か対策があっていいんじゃないかと思う。
無料開放してるのだから、それくらい我慢しろって事か。

真野ICでバイパス降りて鯖街道を走る。
の前にトイレ休憩。
コンビニの駐車場へ突入してトイレに突撃。
そのトイレも待ち行列の渋滞中。そこにバイク専用路は無い。
暫く忍耐と瞑想のひとときを過ごす。
悟りが開かれる直前、やっと順番が回ってきた。
危く世捨て人になる所だった。色即是空空即是色。
コンビニで缶コーヒーの供物をいただき、¥150-のお布施を渡す。
駐車スペースに停めたバイクの前の車止めに座って、缶コーヒーを飲みながら小休止。
ボクのバイクの横には脇差(いわゆる400ccのカタナ、小刀という説もあるが頓智が効いてないのでボクは好きでない)に二人乗りでツーリング中であろう若者コンビが、寒い寒いと右往左往。
見るからにバイク初心者。
ナンのプロテクターも付いていない上着、グローブ無。スニーカー。そして斜めがけしたショルダーバッグという伊出達の二人。
そんななりで岐阜から? 
出発間際にボクにチョコンと頭提げて挨拶する二人。
がんばれ若者。

鯖街道を北に進む。朽木付近は未だ桜。
ツーリングしてる人も多い。すれ違いざまの挨拶返戻率も高め。40%くらいか。
頭をチョンと下げるだけの人もいれば、大きく手を振ってくれる人もいる。
6割くらいの人は無視か、ハァ?誰?って感じで此方をじっと見ながらすれ違う。
バイクですれ違う時に挨拶って、すごくイイ文化だと思う。
昔は結構多かった。だけどバイクブームが終わってそういう一連の文化・作法の継承も消えてしまった感がある。
昔からずっと乗ってる人たちが、そういうのを消さないで続けていくというのが大事。
メーカーやバイクショップで、「ツーリングですれ違いざまのピースサイン。」っていうキャンペーンってのをやってみるのは如何でしょうか。
そうやって「ツーリングの楽しさ」をアピールすれば、バイクの人気もマナーも上昇間違いなし。そしてバイクの売り上げも上がって、、、ってな訳には行かんか。

マキノのメタセコイヤ並木。
また大渋滞鴨って思ったけど、意外と空いてた。
ブームも一息ついたのか?
この時期の、緑が濃いメタセコイヤ並木が、ボクはなんだかとても気持ちイイ。
爽やかで元気が出てテンションも上がる。こういうのをパワースポットっていうんだろうな。

昼ご飯は妄想通り、否、予定通り道の駅「マキノ追坂峠」 で名物(とボクが勝手に名物にしている)カツカレーうどん
¥900-だってよ、また値上がりしてる?
道の駅ってツーリングのバイクが多いのだけど、ココは自転車がバイク以上に多い。自転車の事もバイクなわけだが。っていうかバイクって自転車の事だな。オートバイをバイクっていうのは日本だけだそうだ。
みんな綺麗でカッコいい自転車に乗ってる。さぞかし高いんだろうな。
ボクが自転車で琵琶湖をグルッと回ったのは何年前だろう。高校1年の夏休みだったな確か。
夜中0:00に大阪市内の自宅を出て、午後の早いうちにマキノの湖岸でテント張って、風呂代わりに琵琶湖で泳いで。
陽の高い時にテント張ったから、夜テントの中熱くて眠れなくて。。。
そんな風に琵琶湖の周りを走りながら、湖岸にテント張って気ままに泳いでっていう旅は、ボクの旅の原点。っていうのはチョット言い過ぎ。

カツカレーうどんと自転車の思い出を堪能したら、海津大崎から奥琵琶湖パークウェイを抜けるルートで、ツーリング後半戦。
しかし、海津大崎へ続く道に入った途端、通行止めの標識。土砂崩れ?
仕方なく来た道を少し引き返しR303へ。
海津大崎通行止めのせいか、その道も大渋滞。
大渋滞のクルマの列を、バイク専用路を使って一気にパス。
暫くは快調に走るも、塩津でR8に入ったらまたもや渋滞。
トンネル内は道幅も狭くバイク専用路も危険なのでクルマの列の中でトロトロ。油温もフツフツ。ヤバい。

這う這うの体でさざなみ街道にたどり着く。
ノンビリ走るクルマはいるものの、信号待ちの隙に先頭に出てロケットスタート。
心配した彦根の渋滞、通称「彦渋」も大したことなく抜けることができた。
近江八幡辺りまで来ると、湖岸にキャンプ場が多くなってきてクルマの量も多くなり結構難儀。
ハリウッドを催し、草津の道の駅に緊急避難。
トイレの前の駐車スペースにバイクを停めて、ヘルメットを脱ぐのももどかしくトイレに飛び込む。
至福のハリウッドタイム。
我慢の限界でトイレに飛び込み解放というカタルシスは、ハリウッド映画の展開に似てるな。
まさにハリウッドとは言い得て妙なネーミングと、知らない人が聞いたらナンのコッチャな事で一人悦に入る。

暗くなる前に高速に乗りたいと、すぐに出発。
栗東ICをR1から侵入して、二つのループを軽く攻める。
草津PAのコンビニ前のテラス席でコーヒーブレイク。
今日一日を振り返る。
連休真っ只中で渋滞覚悟のツーリングだったけど、思った程の渋滞にハマらないで走れたのはラッキー。
しかし、クラッチが滑るというGSFの持病が今頃になって出始めた。
5千回転辺りから、ガバッとアクセル開けるとエンジンの回転だけ上がる。
慌ててアクセル戻してゆっくり開けると滑らず加速。
キャブの問題が解決したら今度はクラッチ。
人間もバイクも古くなると彼方此方不具合が出始める。
クラッチは早めに対応しないと走行不能になるから、休み明けには何らかの手を打とう。

5月5日。こどもの日。
今日は京都の高島屋で開催されている「ウルトラセブン展」 を観に行く。
賛同した同志と「ヨドバシカメラ」の時計売り場で待ち合わせ。
普段使ってる時計の電池交換の依頼。
しかしJR大阪駅の構内。未だによく解らん。
「ヨドバシカメラ」に行くのに右往左往。
人も多いし歩きにくい。

阪急京都線の特急。なんであんなに停車駅が増えてるのか。
以前は梅田出たら3つ目か4つ目でもう京都だったと思うのだけど。

「ウルトラセブン展」、入場料¥800-は妥当なのかドウなのか。
セブンや怪獣の着ぐるみがコーナー毎に展示。
この頃の怪獣って、今見るとみんな愛くるしい(笑)

メトロン星人と戦うシーンの特大ジオラマ。
ジオラマというより撮影用のセットと言ってもいいの鴨。
メトロン星人絡みのセットなら、家の中でメトロン星人が胡坐をかいてダンと対峙するシーンの方がシュールで面白いと思うのだが。

ウルトラセブンジオラマ

会場出口のグッズ販売ブースを探索。
ブルマァクの復刻版ソフビ人形にありえない値段が付いてる。
マグマライザーのプラモデル。物凄くそそられたのだけど、値段がどこにも書いてない。
復刻版ソフビ人形があの値段だから、どうせコレもと断腸の思いで諦める。

再び阪急電車で梅田に戻る。
阪急梅田駅から「ヨドバシカメラ」へ、電池交換を依頼した時計を受け取りに行く。
地下街は人が多いだろうから地上から行くべと、JR大阪駅に渡る歩道橋を選択。しかしその歩道橋の上は、地下街以上の混み具合。
しかも「ヨドバシカメラ」に向かうにはグルッとまわらないとたどり着けない。
見えてるのに行けないなんて、ドラクエのダンジョンか。途中モンスターに出会ったら如何する?

17時40分ごろ、西梅田スクエアの「プレモル・フェスティバル」の会場に到着。
仲間も徐々に集まり、最終的に5人で立ち飲みの宴。
隣のテーブルの若人たちとも一緒にワイワイ大騒ぎ。
閉店時間になって会場を出て、そのまま2軒目になだれ込む。
終電ギリギリまでハイボール。
JR北新地から飛び乗った終電で、座ってしまったのが運の尽き。
目が醒めたら乗り過ごしてた。
次の駅で慌てて降りたら、向かいのホームに京橋方面行きの最終列車。クッソー。
仕方なくタクシーで帰還。¥2,000-の出費。キビシー。
家に帰ったら、今日行った2軒目の店からDMが届いてた。
このDM持って行ったら飲食代金20%OFFだった。なんてこった。

5月6日。
注文していたスーツを引き取りに、クルマで梅田まで。
電車で行っても良かったんだけど、スーツ3着は結構重たいから。
序でにネットで見つけた、GSFのクラッチ対策してくれそうな店へ行ってみようかと思うので在ります故。
梅田の地下駐車場にクルマを放り込み、スーツ屋に飛び込む。
ドタバタとスーツ3着受け取ったらクルマに戻って駐車場より脱出。お蔭で駐車料金は、30分以内の¥300-で済んだ。
そのまま件のバイク屋へ向かう。
以前何度も前を通った事のある店なので、大体の場所は解る。
が、たどり着いたその店は休みだった。
仕方ない、出直そう。と失意のまま帰宅。
帰宅後再びネットで店のHPみたら、5月2日から7日まで休みって書いてあった。
そのHPの「問い合わせ」っていう所からメールが出せるようなので、取り敢えず問い合わせのメールを投げておいた。
休み明けには返答があるかも。

5月7日。連休最終日。
洗車しようって思ってたけど、身体が動かずダラダラ過ごす。遊び過ぎで疲れたか。
なんもする気になれないけれど、日課のニッカの為の御摘み仕入れにコンビニまで。
そこで見つけたティラミス。思わず買ってしまった。
今日は夕方からmotoGPの西班牙戦。
レース見ながらシャツにアイロン掛けるのが、レースシーズンの日曜日のブルー・ルーティーン。

5日間の休みなんてアッという間だろうって思ってたけど、友人達と2回も飲みに行けたし、公言?通りツーリングにも行けたし、セブンも観たしライブも観たしで欲求満たしたし。
何だかんだで濃い休日。しかし思った通り5日間ってのはアッという間。明日からの事を考えるだけで、気持ちは深く濃いブルー。
今度の土曜日は出勤確率95%なんだってさ。
はぁシンド。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク