やだなぁ~、やだなぁ~、怖いなぁ~、怖いなぁ~って稲川淳二か。

TOYOTAが国際特許出願中の発明?発見?であるアルミテープチューニングを、ボクのクルマに施してみた。
コレ→http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1609/20/news042.html
特許情報はココ→https://patentscope.wipo.int/search/ja/detail.jsf?docId=WO2015064195&redirectedID=true

車体に発生した静電気で乱される空気の流れを、静電気除去することで整えられる。結果、空力特性が良くなると云うモノ。
この特性を利用して車体各部の空力バランスをチューニングして、直進安定性とか回頭性をUPできるらしい。
また、ハンドルコラムの下にアルミテープを貼るだけで、ハンドリングも変わるそうな。
かなり眉唾的な話。オカルトチューンなのか?

いろんな人が「効果あり」みたいな事を書いてるんで、アルミテープ貼るだけなら、って事でボクのクルマで試してみようと思い立ち、早速近所のホームセンターにアルミテープを買いに行くが、導電性のアルミテープは売ってなかった。売り切れなのか?
仕方なく、熱帯雨林で探すと結構な値段。¥1,000位の見込みだったのに、¥1,700程の値がついてた。人気品薄で価格高騰?
届いたテープを車の彼方此方にベタベタと貼る。
張る場所はこのブログを参考にした。→http://driving310.com/1595.html

フロントバンパーの、なるべく見えにくい場所を選んでみた。
アルミテープチューニング1

あと、サイドミラーの下側。
ここは風切音の減少に効果あり?

アルミテープチューニング2

リアバンパーの下側。

アルミテープチューニング3

エンジンルームはエアクリボックスとインテークのダクト。

アルミテープチューニング4

それと、ハンドルコラムの下側。

アルミテープチューニング5

写真ではこれだけしか張ってないけど、実際には調子にのって、もっとベタベタ貼ってる。
インテークマニホールドやら、フロントバンパーのサイド部分の下側とか。

そして試乗。
ハンドルが少し重くなった(気がする)
低速のトルク、っていうか粘りが増えたような感じ(がする)
コーナリングの安定性が増した(気がする)
風切音が減った(気がする)逆にロードノイズが増えた(気がする)のは風切音が減ったから?

あっちコッチにベタベタ貼ったから、どの部分が何処に効いてるのかはわからないけど、確実になんか変わった(気がする)
プラシーボ効果?

残ったテープとはさみはクルマに積んでおいて、長距離走る時に色々試してみよう。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク