「一本だけぽつんと残っていた槐のことか? 確か、小さな祠がくっついていた」万城目 学「とっぴんぱらりの風太郎」

梅雨入りしたのにいい天気が続いてる。
これはツーリングに行けということなのか。
交換したクラッチの状態確認も兼ねて、フラッとひとりで走ってみることにした。
で、どこに行けばイイのかと色々考えた挙句、去年の秋、エンジンの調子が悪い時に行ったツーリング(コレのことな)で立ち寄った道の駅(ココね)に行こうと思い立つ。
この道の駅で売っていた「槐」という木を切って作ったコースターが気になっていた。
それとココのダムカレーにも興味津々。
この道の駅を目的としたルートをザックリと検討。っていうか秋に走ったルートをアレンジ。
大雑把な行程を決めて10:30過ぎに出発。
第2京阪から京滋バイパス、名神、新名神と経由して甲賀土山インターで高速を降りる。
R1号をホンの少し走って、お馴染みの青土ダム。
雨が少ないせいか水位が低く青土ダムらしさは感じられないので、そのまま素通り。
鈴鹿スカイライン突入の前にガス補給。田舎道の途中にあるSHELLのSS、、、っていうかガソリンスタンド。
やる気なさそうなおぢさんにハイオク満タンを告げる。
キャブのオーバーホールをしてもらった近所のバイク屋のテンチョーのアドバイス通り、最近はハイオクを入れるようにしてる。
其のせいかバイクのフィーリングが変わったような感じ。エンジンの振動とか排気音とか。勿論調子は絶好調。
新品のクラッチということもあるんで、あと10年は乗れるんじゃないかと思うのは、嬉しいんだか悲しいんだか。

それにしても驚いたのは、今回入れたオイルの印象。
完調のキャブということも含めて、ギヤチェンジのスムーズな事この上ない。
ギヤチェンジの度にスコンスコンと、ミッションが待ちわびていたように何の引っ掛かりもなく入っていく。
素晴らしい!、コレがあと何キロ持つのか興味が湧いてくる。
交換時期の3千キロ近くまでこの調子、またはこの感じなら凄い事だろうな。

鈴鹿スカイラインの滋賀県側は相変わらず路面状態が悪い。
ガタガタ道に手古摺り乍らズンズン登る。
半年ぶりのワインディングなので致し方ないというところ。
でもドンドン登るうちにダンダンと調子が出てきた。
何台かのバイクを追い抜いて三重県側の下りへ。
此方は道は良いけど、カーブで段々模様の減速滞。
に加えてノロノロと通せんぼしながら走るプリウス。
後ろに迫っているのを気付いているのかいないのか、気付いているけどゆずる余裕が無いのか、将又ゆずる気が無いのか。
そもそも気付く余裕すらないのか。
やっと譲ってくれたのは、スカイラインの終わるころ。
これも譲ってくれたのではなく自分が停まりたかった場所だっただけなのかも。

鈴鹿スカイラインを降り切ってR306、R421を経由して、今日の目的地である道の駅「奥永源寺渓流の里
到着時刻は12:30過ぎ。昼食には丁度いい頃。
先ずは第一ミッションのダムカレー。
奥永源寺ダムカレー

本当はこの上に何かの葉っぱが乗っていたんだけど、席に運ぶ途中に風で飛ばされた。
このカレーのトッピングの揚げ物は日によって違う様で、今回は鹿肉のメンチカツだった。
でそのお味は、、、普通の業務用の塩辛いカレーでした。一度食べたらもう満足(※個人的な感想です)

そしてセカンドミッション。
槐(えんじゅ)のコースターを手に入れる。
この槐という木は、万城目学の小説「とっぴんぱらりの風太郎」の中で出てきてとても印象に残っていたところ、去年の秋に寄ったこの道の駅で同じ字を見つけてとても驚いたのだけど、その時はバイクのエンジンの調子の事でイッパイイッパイだったから買おうという気になれずにPASSしたら家に帰ってからスゲー後悔したという経緯があって、今回その忘れ物を手に入れるという目的が本日のツーリングに出るトリガーとなったという、とても長いセンテンスの読みにくい文章になったワケであります。
そしてこの「槐」という木は「延寿」「縁授」とも表されるらしい縁起の良い木で、魔よけの木とか幸せの木とか云われていて、この木を細工して身につけていれば災難から守ってくれる。というまたもや長いセンテンスなっちゃって、ココで読むのが嫌になる人が続出。。。っていうかそこまで真剣にこのブログ読む人がいるのかってはなし。
で、この魔よけの効果っていうのが、このツーリングの帰りにノロノロ車のせいで混雑した道を、反対車線に出て(黄線じゃないです)一気にゴボウ抜きした時も危なげなく通過できたのはコレを持っていたお蔭。←違うよ。
因みに「槐」の木の加工製品はコースターだけでなく、鍋敷き的なモノとか細長いのとかデカいのとかイロイロあったんで、ネームプレートとか看板とかにするのもイイの鴨。
槐コースター

道の駅での約1時間程の休憩の後、再び走り出す。八日市から高速に乗ろうっていうつもりだったのだけど、まだ13時半ということで、このまま下道のゲ道ルートで帰ることにした。
しんどく成ったら途中の信楽ICから高速に乗ればイイやって感じ。
で、先の「槐」の効果もあって、ずっと下道のゲ道野郎で帰阪。
しかしこのまま帰宅はせずに、第3のミッション遂行に移る。

いつものバイク用品店で、あるパーツを発注。
何のパーツなのかは装着後のインプレッションにてご報告。乞うご期待。
いつものバイク用品店の店員曰く「GSFには非常に効き目のあるパーツだと思う」だそうだ。フフフ。
しかしそのパーツが入るのは、「下手すると2ヶ月先かも。」だと?。Σ(゚Д゚;)エーッ!


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク