「たしかに日本は朝鮮半島に五千近くの公立学校を建てました。彼らを無理やりに学校に通わせ、ハングルを教え込みました。また数学、物理、化学なども教育しました。学校以外の場所でも、近代的農業を教え、また多くのテクノロジーを教えてきました。しかし人間として最も大切な「モラル」や「良心」といったものを教えなかったのではないでしょうか。」百田 尚樹「今こそ、韓国に謝ろう」

先週金曜日朝刊に作家「百田尚樹」が土下座している広告を発見。
なにやら新刊の広告。その本のタイトルは「今こそ、韓国に謝ろう」
一瞬「おやっ?」と思ったけど、すぐさまあの事だと気付いてニヤリ。
以前、新書で出した「大放言」にも書かれていたアレ。
朝鮮併合時代に日本が余りの状況をみかねて、インフラ整備をしたという事実。
それを半島の人に断わりなくやってしまってすみません。ってやつ。
その「大放言」には他にイロイロな事柄について書いてあったけど、この「今こそ~」は、その併合時代の朝鮮半島に対して行った施策についての事に絞った内容。
1,400円もする高価な本(笑)、だけど読み始めると止まらなくて、一気に読んでしまった。
非常に勿体ない。しかし非常に面白い。
もう、笑いながら読んだ。読んでる間ずっとニヤケていたんじゃないかと思うくらい面白かった。

お薦め度:☆☆☆
興味のある人はもちろん、この件についてよく分からないって人にも是非読んでほしい。

https://www.amazon.co.jp/dp/4864105561

↑のカスタマーレビューも面白い。

↓ココで紹介した本と合わせて読むと面白さ倍増。
http://tyamablog.blog103.fc2.com/blog-entry-357.html


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

やまちん

Author:やまちん

お国言葉に変換

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

天気の予報 地震も自信あり

無料なので占い


-無料占い-

月齢時計1Q84

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

リンク